マニアックなキスの種類いろいろ、「カクテルキス」って知ってる?

キスの種類とは言うけれど

キスの種類と言われると、ちょっと困ってしまいませんか?いや、キスはキスだろう。
ひとつしかないと思ってしまう人がほとんどだと思います。
ところが、キスの種類について調べてみると確かに頷ける答えがいくつも出てきました。

動かすことを多用する「カクテルキス」

カクテルキスなんて言葉ははじめて聞いたという男子は多いはず。
カクテルキスとは、唇を合わせた状態で舌を絡ませたり、動かしているキスのことをいいます。
いわゆる、ディープキスに分類されるのがこのキスになると思います。
カクテルキスだなんて、なんか響きがオシャレですよね。

優しく包み込むような「オブラートキス」

オブラートキスはその名のとおり、相手の舌を吸い込みながら優しく包み込むようなキスのことをいいます。
これを聞いているだけでも、女子はうっとりしそうですね。
こんなキスができる男子はきっとモテるんでしょう。
ちなみにこのオブラートキスはHのときにやる人が多いんだとか。

リズムに乗せた「リズミカルキス」

リズミカルキスは唇を合わせて、お互いに舌を入れあうキスですね。
これもディープキスに分類されると思いますが、もっともセックスで行われるキスと言っていいかもしれません。
数あるキスの中でも非常に刺激的なキスといっていいかもしれませんね。

交互に舌を入れ合う「インサートキス」

インサートキスは、お互いの舌を交互に入れたり出したりするキス。
イメージするだけでも男性からするとエロさ満点といったところではないでしょうか。
ただ、お互い気持ちをどこかチェックしながらというイメージを持つこともできます。
愛を確かめ合うためにはこのインサートキスがぴったりかもしれません。

キスの種類を使い分けたらモテるか?

多くの女性とキスをするだなんてケースはまずないと思いますが、昔からキスが上手い男性はモテるという話がありますよね。
これは間違いないかもしれません。
女性をうっとりさせてしまうキスができるようになれば、それはもう彼女を虜にできるかも。
ただし、キスというのも経験を積まないと上手くはならないと思います。
男としては難しいところですね。
ひとまず、キスの種類を知っておいて損はなさそうです。