【予算別!ピッタリなモデルが見つかる◎】メンズのおすすめ人気腕時計25選!

ステータスのひとつとされる腕時計
ですがスマホなどの普及によって、今まであまり興味がなかったという人も少なくないかも知れません。

ロレックスやオメガ、タグホイヤーなど有名ブランドの名前はすぐに思い出せるものの、いざ購入しようとなっても種類が沢山ありすぎて迷ってしまいますよね。
そんな人の為に、価格やブランドなどさまざまな観点からおすすめ腕時計をピックアップしてみました!

何か自分に合う良い腕時計が欲しいな~と思っている人は、ぜひ今回の記事を参考にして時計選びに役立ててください!

メンズ腕時計の失敗しない選び方

数ある腕時計の中で自分にぴったりの一品を選ぶとなると、とても迷ってしまいますよね。
そんなに安い買い物でもないですし、失敗したくないという気持ちからなかなか購入に踏み切れないという人も多いと思います。

そこでまずは腕時計を選ぶ4つの基準をまとめてみました。

時計の価格で選ぶ

腕時計に限らず、買い物をする際に最も大切なポイントとなる予算
腕時計でも予算別である程度購入アイテムが絞れてきますので、まずはここから考えてみるのがおすすめです。

5万円以下

スポーツウォッチやカジュアルモデルが多くラインナップされる価格帯です。
学生でも気軽に購入できるモデルやスポーツ、アウトドアなどアクティブなシーンでも使える気軽さが魅力。

5~10万円

いくら腕時計とはいえ10万円と考えると大きな金額と感じる人もいるかもしれません。
しかし反対に、そんな絶妙な価格帯だからこそ腕時計を深く知る「入り口」として見てみると良いでしょう。

機能や仕上がりの整った人気のラインナップが多く揃っています。

10~30万円

一般的にどういったジャンルの買い物にせよ「10万円」というラインはひとつの大きな基準として存在します。
腕時計でも、10万円以上のものは十分高級品と考えて良いでしょう。

また、保存ケースやメンテナンスなどに予算を充てても十分その価値があるラインナップが揃っています。

30万円以上

ファッション雑誌などで頻繁に目にするようなブランドや、歴史にその名を刻むような名品がひしめくラインナップが30万円以上の腕時計にはあります。
本当の腕時計好きやステータスを手にしたい人が身につけているコレクションです。

使用シーンで選ぶ

腕時計はファッションアイテムとしても重要なポイントとなりますので、主に使用するシーンをよく考えて選びましょう。
その時着る服と一緒にイメージするのが大切です。

スポーツ時に付ける

スポーツなどのアクティビティ目的のモデルには、軽量で防水・防塵機能などの丈夫さを兼ね備えたアイテムが多くラインナップされています。
搭載機能もストップウォッチやラップタイム計測、GPSや完全防水など、それぞれの種目に特化したものが備わっていることが多く、まずはどんな目的で購入するのかをよく考えながら検討してみると良いでしょう。

プライベートに付ける

普段のファッションのアクセントになるものがベターです。
色んな着回しを好むのであれば、合わせ易いシンプルなデザインもいいですよね。

少しイメージを変えて華やかなものを選んでみても面白いですが、あまりに奇抜すぎたりケバケバしくなり過ぎないデザインをチョイスするのがコツです。

ビジネスシーン

緊張感を持って臨むことの多いビジネスシーンでは腕時計のチョイスにも少しばかり気を遣いたいところです。
例えば、一般的にはデジタル時計よりもアナログ盤がベターとされていますし、宝石や明るすぎるカラーのものも避け、ブラックやシルバー、ネイビーなど控え目なトーンの腕時計を選ぶのがおすすめです。

駆動方式で選ぶ

少し時計に詳しくなってきた時に気にしてみて欲しいのが駆動方式です。
腕時計は伝統と歴史の深いアイテムで、意外とこういったところからハマってしまうという人も少なくありません。

機械式

腕時計の元祖とも言える最も初期の機構がこの「機械式」腕時計です。
リューズ(竜頭:つまみ)でゼンマイを巻き上げ、それが解ける力で針を動かす仕組みです。

腕の振りを利用して内部のローターを動かす「自動巻き式」もあります

クオーツ

1960年代後半に日本が誇るメーカー「セイコー」が開発・発表した機構
従来の機械式のゼンマイを電池に変更し水晶振動子(クォーツ)で針を動かす方式で、世界中で絶賛されました。

発電式

クオーツ式の弱点である電池交換をなんとか無くせないものかという考えから生まれた自発電タイプの駆動方式です。
オートクォーツやAGS、キネティックなど次々といろんな技術が採用され、チャレンジングな分野となっています。

現在は前述したものに加え、ソーラー電池を採用したモデルも多くラインナップされています。

有名時計ブランドから選ぶ

知っておくと選択肢に拡がりが持てるのが「ブランド」です。
王道や第一人者を知っておくというのは、そのジャンルを知るための大きな基準になってくれます。

タグホイヤー

高い実用性とデザイン性を併せ持つ非常に人気の高いブランドです。
その精密設計技術は世界屈指で、1/2000秒を刻むクロノグラフはホイヤーの技術力のアピールにもなっており、モータースポーツ業界にも愛用者が多いです。

また、実用性や精度を要求されるスポーツの分野だけでなく、世界中のビジネスマンに愛されるエレガントなデザインも魅力のひとつです。
根強い人気を誇る「カレラ」はシンプルながら非の打ちどころのない仕上がりになっています。

IWC

ドイツ国境に近いスイス北部発祥の時計メーカーです。
同国モデルにあるようなベゼルに宝石をあしらったり、複雑な装飾を掘ったりといったコレクションは少なく質実剛健なラインナップが魅力
シンプルながら使い勝手が非常によく、愛好家の多いブランドです。

その裏付けとなっているもののひとつに、永久修理保証があります。
100年を超えるような老舗メーカーのアンティークは修理の面でコストに折り合いがつかず、修理補償リスクが高くなってしまうもの。
ですが、IWCは難しいパーツの再製造にも対応しており、自社価値の一部として大きな資産ともなっているのです。

オメガ

スイスの老舗時計ブランドであるオメガは、世代や地域問わず愛用されているユーティリティの高さがその人気や信頼度を物語っています。
世界各国の人気時計ランキングでも常にトップ3にランクインしており、中古市場でもほとんどのラインナップで値下がりが見られず需要の高いブランドです。

世界で初めて時計の製造を機械化・自動化した点でも有名で、生産規模拡大と品質向上に努めた歴史があります。
1932年のロサンゼルスオリンピックから実に28大会で公式タイムキーパーを務めており、その地位を確固たるものとしてきました。

ロレックス

サブマリーナやデイトジャスト、そしてデイトナなど、腕時計を知らずともその名前は知っているという人も多い腕時計の王様ロレックス
そのブランド名には誰でも読みやすいようにという創業者の思いが込められています。

ロレックスはパーツの全てを自社で開発・製造するマニュファクチュールブランドであり、腕時計業界における色々な発明を世に残しています。
例えばデイトジャストは文字盤に日めくり式のカレンダーを配置し0時になると日付が変わるというもので、ロレックスの名を一躍世界に知らしめた画期的なものでした。

ウブロ

ウブロはフランス語で「舷窓」を意味するスイスのブランドです。
老舗が名を連ねる同国の時計ブランドの中でもウブロの歴史は浅く、創業は1980。

初代モデルのクラシックはその社名の通り舷窓をモチーフにしたシンプルなもので、高級腕時計として主にヨーロッパの王族を顧客としていました。
その後、初代クラシックを引き継ぎつつもよりモダンで個性的なデザインのビッグバンを発表
スポーツ選手やアーティストなどから人気を得てメディアへの露出が増えた結果、一躍有名ブランドへと名乗りを上げました。

創業40年とやや歴史の浅いブランドながら、マニュファクチュールに拘っており、精巧で耐久力の高い設計には一定の評価があります
またウブロ(HUBLOT)の頭文字Hを象ったビスヘッドや初代クラシックの舷窓を踏襲したベゼルなど、ひと目でウブロとわかるデザインとブランディングに成功したことで、それ以外の部分に意欲的なデザインを施しているのも大きな魅力となっています。

【5万円以下】メンズにおすすめの人気腕時計5選

スポーツやカジュアルシーン、アウトドアなどちょっとした時に使えるラインナップが揃っている価格帯です。
最安値モデルとはいえ、数万円ともなるとデザインや機能などもしっかりしており、学生などにもおすすめです。

カジュアルだけど高級感あり!

2007年創業のスウェーデンのブランドで、カジュアルなデザインが若者に人気です。
ご紹介するモデルは落ち着いたトーンのゴールドベゼルに、同色とブラックの2つのベルトが選べるセット。

デートシーンや週末のゆったりとした時間に落ち着きと大人な雰囲気を与えてくれます。

使用シーン プライベート
駆動方式 クオーツ
NEWYORKER(ニューヨーカー)
¥24,440
(2021/09/26 08:37:27時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネスシーンにぴったりのシンプルデザイン!

シンプルでビジネスシーンにぴったりのニューヨーカートラッドマン。
文字盤中央にトレードマークであるチェック柄をあしらい、シンプルで品のあるデザインでまとめています。

やや落ち着きのあるホワイトカラーを基調としており、ビジネスシーンでも活躍してくれます。

使用シーン プライベート
駆動方式 自動巻き
JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)
¥33,000
(2021/09/26 08:37:28時点 Amazon調べ-詳細)

独特なデザインを楽しむなら

オフィスカジュアルな家電を扱うメーカーの腕時計コレクション。
フラットで幾何学的なデザインをモデル全体で統一しており、繊細な印象を受けます。

文字盤や時針のカラーリングは非常に視認性が高く、シンプルな機能美が独創的なアイテムです。

使用シーン ビジネス
駆動方式 クオーツ

お手頃なのに超高品質!

ドイツ仕込みの高品質なクオリティが魅力的なブランドです。
一流メーカーも認めるムーブメントと精巧なクロノグラフで5万円以内で手に入る腕時計としては最高クラス。

シックなデザインのためスポーツシーンなどで使うのは難しいですが、ビジネスはもちろんデートシーンなどでも活躍してくれる一本です。

使用シーン ビジネス
駆動方式 クオーツ
SPORTS GEAR(スポーツギア)
¥4,230
(2021/09/26 08:37:30時点 Amazon調べ-詳細)

耐久性抜群のスポーツウォッチといえばコレ!

信頼できる時計ブランド『カシオ』のスポーツウォッチ
アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない耐久性と豊富な機能で、アウトドアやスポーツシーンで大活躍してくれます。

様々なモデルがラインナップされていますが、こちらは今回ご紹介した腕時計の中で最安値なことも魅力です。

使用シーン スポーツ
駆動方式 クオーツ

【5~10万円】メンズにおすすめの人気腕時計5選

本格的に腕時計を試してみたいという人におすすめのアイテムが多く揃っている価格帯です。
同じブランドでも下位モデルとは少し差をつけた個性のあるデザインや海外の有名ブランドなども少しずつ顔を覗かせ一気に華やかになってくる価格帯です。

クオーツブームの火付け役

世界にクオーツブームをもたらした国内ブランド、セイコーのプレサージュブランドです。
セイコーの上位ブランドで実用性と機能性、高い品質に味わい深い琺瑯(ホウロウ)文字盤を採用し、独特の質感と印象を与えてくれるモデルです。

使用シーン ビジネス
駆動方式 クオーツ

武骨なフォルムが人気のデザイン

ミリタリーウォッチで有名なハミルトンの定番モデル
骨太なフォルムとさりげない日付表示、大きめの文字盤とアウトドア好きな男性にぴったりなアイテムです。

キャラクターによってはビジネスシーンでも使用もありだなと思えるシックなデザインで理想的なミリタリーウォッチです。

使用シーン プライベート
駆動方式 自動巻き

ビジネスシーンはこれで決まり!

グローバルに活躍するビジネスマンにおすすめのアテッサ。
縦三つ目のスマートなクロノグラフはワンタッチで世界時計にアクセス可能で、出張や移動の多いビジネスパーソンにぴったりです。

丈夫でシックなチタンケースと10mmを切るスリムな形状で見た目とは裏腹に扱いやすさも魅力です。

使用シーン ビジネス
駆動方式 電池式ソーラー
OCEANUS(オシアナス)
¥77,000
(2021/09/26 08:37:33時点 Amazon調べ-詳細)

安定の品質とデザイン性の高さ

Gショックのイメージが強いカシオですが、もともとメーカーとしてのポテンシャルの高さは国内でもトップクラス
腕時計好きに人気が高いのはGショックよりもむしろこちらのオシアナスかも知れません。

チタンケース・ブレスレットと透明度99%以上のサファイヤガラス、世界6局の電波に対応する自動針位置補正機能で、安定の品質を誇っています。

使用シーン ビジネス
駆動方式 クォーツ
JUNGHANS ユンハンス 027/3400.04 マックスビル オートマティック メンズ 新品 [並行輸入品]
JUNGHANS(ユンハンス)

おしゃれな人の為のドイツ製時計

ドイツ時計産業の一翼を担う老舗メーカーユンハンス。
「メイドインジャーマニー」を掲げ高い品質と信頼を誇るブランドです。

マックスビルオートマチックはデザイナー「マックス・ビル」がユンハンスの為に1962年にデザインした時計を復刻させたシリーズ。
柔らかい印象を与えてくれるドーム状の風防ガラスに極限までシンプルに落とし込んだ文字盤とベゼルの小さなケースはスマートなビジネスマンはもちろん、ユニセックスとしてもおすすめです。

使用シーン ビジネス
駆動方式 自動巻き

【10~30万円】メンズにおすすめの人気腕時計5選

単なる時計ではなく、その歴史や伝統に敬意を払い、しっかりとこだわりを持って愛用しているユーザーの多い価格帯です。
しっかりとメンテナンスすれば一生ものといえるモデルが見つかる価格帯です。

細部までこだわった腕時計ならコレ

シンプルながら細かな刻みが美しいリューズや、ケースの形状技術など、確かな評価でミドル層から高い支持を得ているモーリスラクロワのエントリーモデル。
ピンクゴールドのインデックスと針がシルバーケースに柔らかい印象を与えてくれます。

使用シーン ビジネス
駆動方式 自動巻き

ポップで印象的なデザインが特徴的!

メンズとはいえ、大きめサイズの48mmケースが非常に印象的なマヌアーレモデルです。
その大きさもさる事ながら、ポップで表情豊かな文字盤や、サイドではなくトップに配置したリューズなど個性豊かなデザインが他との違いをアピールしたいときにぴったりです。

使用シーン プライベート
駆動方式 機械式
GRAND SEIKO(グランドセイコー)
¥202,400
(2021/09/26 08:37:36時点 Amazon調べ-詳細)

最高の普通がここにあり

正確さ、見やすさ、美しさに配慮して作られたセイコーのハイエンドモデルである「グランドセイコー」。
歪みのない鏡面に繊細で高貴なデザインで、圧迫感を与えずスマートな付け心地

グランドセイコーが掲げる「最高の普通」に恥じないストレスのない使い勝手が魅力です。

使用シーン ビジネス
駆動方式 クォーツ

まさに永遠の定番時計

30万以下で購入できるハイブランドとしてご紹介したのがオメガシーマスターシリーズ。
スピードマスターなどが有名ですが、アクアテラも愛好家の多いライナップです。

帆船をモチーフにした縦縞の文字盤やクオーツを活かしたスリムなケース、シンプルながら無骨で視認性もよく、使い勝手の良い一品です。

使用シーン ビジネス
駆動方式 クォーツ

遊びからビジネスまで

他のハイブランドに比べるとリーズナブルなコレクションが並ぶタグホイヤー。
カレラが有名ですが、アクアレーサーも愛好家の多いラインナップです。

水深300mまで耐えうるダイバーズモデルながら、ビジネスシーンでも使えるシックで落ち着いたデザインが魅力。

使用シーン ビジネス
駆動方式 自動巻き

【30万円以上】メンズにおすすめの人気腕時計5選

上を見ればキリがない腕時計の世界ですが、実際はだいたい30万円以内という購買層がほとんど。
ここからご紹介するのは、本当に時計が好きだったりこだわりを持って選ぶようなモデルが揃っている価格帯です。

王道中の王道!ロレックスのエントリーモデルはコレ

王道ブランドであるロレックスからはエントリーモデルとして人気のパーペチュアルをご紹介します。
オイスターとはロレックスがその長い歴史の中で追及してきた、削り出しからなるケースの事。

高い耐久性と精度を誇っており、水深100mまで耐えられます。

使用シーン ビジネス
駆動方式 自動巻き

武骨でシンプルなデザインがかっこいい

人類初の月面着陸を共にしたオメガのエントリーモデルともいえる1本です。
シルバーで統一されたベルトとケースにバータイプのインデックス。

3つのクロノグラフを配しうるさくならない様に配慮がなされた無骨ながらシンプルなデザインです。

使用シーン ビジネス
駆動方式 機械式

モータースポーツ好きにはたまらない!

ホイヤーの代名詞でもあるモータースポーツユースを考慮した視認性の高いクロノグラフが特徴のモデルです。
自社独自開発のムーブメントを採用し、高い制度と信頼性を誇ります。

伝統的なカレラの特別モデルとして誕生。
ブラックのベゼル・ケースと差し色のレッドがアクティブな男性にぴったりのモデルです。

使用シーン プライベート
駆動方式 自動巻き
ウブロ クラシック フュージョン チタニウム オパリン クロノグラフ 腕時計 メンズ HUBLOT 521.NX.2611.RX[並行輸入品]
HUBLOT(ウブロ)

ここぞという時に付けたい高級時計

ウブロの原点ともいえる人気モデル「クラシック」のチタンモデルです。
シルバーとブラックのコントラストで視認性が高く、上品ながらスッキリとしたデザインでどこかスポーティな印象も受けます。

場合によってはビジネスシーンで使えそうですが、プライベートでここぞという時に身につけてみてはいかがでしょう。

使用シーン プライベート
駆動方式 自動巻き

ビジネスシーンで映える高級時計

IWCパイロットシリーズの中でも大きなサイズのモデル
12時位置のトライアングルインデックスとシンプルな日付表示がどんなシーンでもしっくりくるデザインに落ち着いています。

使用シーン ビジネス
駆動方式 自動巻き

【憧れの超高級時計】メンズにおすすめの人気腕時計5選

本当の高級腕時計とはロレックスやオメガ、ウブロなどではありません。
知名度が高く誰もが憧れる一流ブランドであることには間違い無いですが、それらを超越する超高級ブランドが存在します。

こちらではそんな世界3大ブランドと呼ばれる超高級ブランドを含めた腕時計をご紹介します。

超高品質の時計ブランドを体感!

世界最高峰の時計ブランドとして名高いパテックフィリップ。
徹底した品質管理で約1世紀にわたってその品質を保障する証である「ジュネーブシール」を全モデルで取得

今回ご紹介する「カラトラバ」は18金ホワイトゴールドをケースに使い背面が開閉式のハンタータイプのもの。

使用シーン プライベート
駆動方式 自動巻き

世界三大時計ブランドなのにカジュアル?

世界三大時計ブランドの一つでもあるオーデマピゲのロイヤルオーク。
ラグジュアリーなラインナップかと思いきや、世界で初めて高級スポーツウォッチを提案したことで有名なモデルです。

オーデマピゲほどの高級ブランドがステンレス製のスポーツウォッチを発表したのは当時では非常に驚かれましたが、次第にそれは受け入れられていき、今ではスタンダードとして君臨しています。

使用シーン プライベート
駆動方式 自動巻き

世界最古の時計ブランドの歴史を感じるなら

こちらも世界三大時計ブランドであるヴァシュロンコンスタンタン
世界で最も古い時計ブランドとしても有名でその歴史は250年以上とも言われています。

パトリモニーは無駄のない円と完璧に近いバランス、同ブランドの限りなく純粋なスタイルを受け継いだラインナップです。

使用シーン プライベート
駆動方式 自動巻き

ギラギラのダイヤが派手に輝く

ウブロの人気モデル、ビッグバンの特別仕様
ベゼル部分には無数のダイヤモンドが散りばめられている正に超高級腕時計です。

使用シーン プライベート
駆動方式 手巻き

ブレゲ トラディション 7047 グランド コンプリケーション

時計の歴史を200年早めたとも言われる天才的な時計技師ブレゲ創業の老舗ブランドです。
1775年創業で現在のクラシカルな時計技術の3/4はブレゲによるものだと言っても過言ではないほど、センセーショナルだったと言われています。

使用シーン プライベート
駆動方式 手巻き

腕時計のメンテナンス方法について

悩んで購入した大切な腕時計。
出来るだけ綺麗な状態で永く愛用したいですよね。

繊細なパーツや素材が組み合わさって出来ている腕時計はメンテナンスがとても重要です。
ここでは、大切な腕時計のお手入れ方法や保管方法などをご紹介します。

電池交換の方法・費用

長く使っていると消耗してしまうもののひとつに「電池」がありますよね。
自分で工具を用意して交換するのも良いですが、高価なモデルは自分で分解してしまうと資産価値が下がってしまったり、そもそも高い技術が必要な場合も多いです。

時計の電池交換はメーカーやホームセンター、時計専門店などいくつかの場所で対応してくれますので、参考までにまとめてみました。

時計専門店での電池交換

時計を専門に扱ってきたプロの技術者が行ってくれます。
ケースやブレスレットの洗浄なども同時にやってくれるお店も多く、一般的にはここに持っていくのが無難です。
修理費用は1000円〜4000円程度
工期は即日の場合も多いです。

メーカーでの電池交換

お持ちの時計のメーカーに直接依頼する方法です。
一番確実性や品質が高く安心できる方法ですが、費用が少し高くなってしまったり郵送対応で完了まで日数がかかってしまうケースも多いです。
修理費用は3000円〜10000円程度

ホームセンターでの電池交換

お近くのホームセンターでも対応してくれる場合があります。
費用が安く依頼しやすいというメリットがありますが、技術力に少し不安感があります。
修理費用が500円〜1500円程度
工期は即日がほとんどです。

正しい保管方法

腕時計を良い状態で保管するにはいくつかポイントがあります。
まず磁気は極力避けてください
細かな金属パーツから出来ている腕時計は一度それらが磁気を帯びてしまうと、精度に異常をきたしてしまう恐れがあります。

また高温多湿や極度な乾燥状態も避けましょう
腕時計内部の潤滑油が温度によって流れてしまったり、反対に乾いてしまって金属磨耗の原因となってしまいます。
極度な高温や低温でも金属は膨張や縮小してしまう原因となるため避けたほうが無難です。

他にも革や文字盤の劣化防止のため直射日光、落下の恐れがある高所などは避け安全な場所で保管しておくのがベターです。

数年に1度のメンテナンスも大切

日々のお手入れをしっかりすれば、外観を綺麗に保ったり大きな故障の予防にもなりますが、時計内部のメンテナンスに関しては専門家による点検整備を依頼するのがベストです。
特に3〜5年に一度は「オーバーホール」、つまり時計を全て分解してもう一度組み直すといったメンテナンスを検討してみましょう。

駆動方式によっては、バッテリーはもちろん潤滑油の漏れや凝固の発見にもつながります。
プロの技術者の手によって分解、洗浄、調整や修理を行うことで、大切な腕時計も長持ちしてくれます。

時計って何年使えるの?

時計のタイプにもよりますが、一般的には腕時計の寿命はおよそ10年ほどと言われています。
もちろん、ここまでご紹介したように電池の交換やこまめなメンテナンス、オーバーホールを依頼することで、20年、30年と長持ちさせることも可能です。

まとめ

スマホなどのモバイル端末で時間を確認してしまうようになってから、腕時計をする人も少なくなってしまったのではないでしょうか?
単に時間を確認するだけであればスマホで十分ですが、腕時計には古い歴史と伝統に裏付けられた確かな価値があり、あえてそれらを選んで身につけることでステータスアップや自身の意識もガラッと変わるはずです。

せっかく腕時計に興味を持ったのであれば、今回の記事を参考に、ゆっくり選んで満足のいくものを見つけてくださいね!