【メンズ】シャツのおすすめ人気ランキング10選 【オンスタイルシャツからカジュアルシャツまでの全範囲。ニットを使った重ね着コーデもご紹介】

売れ筋の人気シャツ10商品を徹底的に比較しました!

男性であれば1着は持っているであろうシャツは小さなころから馴染みのあるアイテムですよね。
シャツはかっちりとした印象を与えてくれるので、仕事やプライベートシーンでも愛用している男性も非常に多いです。

しかし、昔から着ているがためにシャツをなんとなくの感覚で選んでしまっていることも多いのでないでしょうか。
そのため、なんか違うけど何が違うのかわからない・・とも感じやすいアイテムです。

そこで今回は自分にしっくりとくるシャツの選び方と人気のシャツをランキング形式で紹介をしていきます。
なんか違うを無くしたい、大人っぽくしたい、人と違ったシャツを選びたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね!

シャツの選び方

まずは、シャツの選び方を4つのポイントに分けて紹介していきます。

①柄の有無で、印象が変わる

シャツを選ぶ際には、印象を大きく左右する「柄の有無」から判断していきましょう。
自分のなりたいイメージから、判断することでコーディネートがまとまります。

【無地】シンプルで大人っぽい

無地

無地のシンプルタイプのシャツは落ち着いた大人っぽさを醸し出してくれます。
かしこまった場に出かけるときや、女性とのデート、落ち着いた場所に行く時には最適です。
また、無地のものはどんなアウターやパンツとも合わせがしやすいのでまずは無地から揃えておくことがおすすめです。

【柄物】カジュアルで個性が出る

柄物

柄のあるシャツはカジュアルな印象になり、デザインによって他の人と違った個性を出すことができます。
柄は大きめの柄はカジュアル感が強く、小さめの柄はカジュアル感が弱まる特徴があるので、与えたい印象で使いわけをしましょう!
柄のあるシャツは個性を出すことができるのでコーディネートにうまく組み込むことで周りからオシャレと呼ばれることができますよ。

②白・サックス・ブルーは清潔感があり人気

明るく爽やかな色のシャツは、顔の雰囲気も明るく清潔感があるように見えると女性からも人気です。
また、ジャケットやブルゾンなどのアウターは暗めのものが多いので、アウターと明暗をわけやすくバランスも取ることが出来ます。
コーディネートのしやすさを意識しても、まずは明るめのシャツを持っておくことがおすすめです。

③自分の好みで素材を変える

シャツを作る素材によって、同じ形をしていても全く別物のシャツになります。
素材のそれぞれの特徴を知っておくことで、見た目だけでない自分好みのシャツが選べるようになるので長く愛用することができますよ。

【綿】柔らかく着心地抜群

綿素材

多くのシャツの素材は「綿」で作られており最もポピュラ−な素材です。
柔らかく着心地が良いだけでなく、吸水性や通気性も良く一年中着ることができます。
シャツを良く着るという方は、着心地を意識して綿素材のものを選ぶと気持ち良く着ることができますよ。

【ポリエステル】シワになりにくく手間いらず

ポリエステル

綿と同じく、多く使われている化学繊維のポリエステルは、天然繊維のものよりもシワにならないのでケアがとても楽です。
洗濯をしてもシワになりにくく、元に戻る力もあるのでハンガーにかけておけば綺麗になることも多いです。
なかなか洋服のケアに時間をかけられない方におすすめの素材です。

【リネン】季節を意識した上級者

リネン

ベーシックな素材ではなく季節感のある素材を使うことでオシャレ上級者の仲間入りです。
季節素材は着れる時期が短いというデメリットがありますが、季節を意識したコーディネートをしていると周りから一目置かれます。
派手な色や柄で変えるのではなく、素材で違いを出すのは落ち着いた大人のオシャレな男性に好まれていますよ。

④シルエットはTPOで変える

柄や色・素材だけでなくTPOを考えてシルエットも選びましょう。
最近はオーバーサイズのシャツが流行っていますが、受け入れられる場所や人はまだまだ限られているので注意をしてくださいね。

普通シルエットは必須

普通サイズ

普通シルエットの物は、かしこまった場からカジュアルな場まで使うことができるのでまずは2・3枚持っておくと安心です。
シャツのシルエットが普通であれば、他のアイテムのシルエットを選ばなくなるのでトータルコーディネートも簡単にできます。

ゆったりシルエットはカジュアルな場で使う

ビッグシルエット

ゆったりシルエットのリラックスした雰囲気は20代の男性や女性からも人気があるタイプになります。
しかし、ゆったりシルエットはカジュアルな印象になるので、気楽に遊ぶときや気の知れた人と会うときに使いましょう。

シャツのおすすめ人気ランキング10選

さっそく、ここからは「柄」「色」「素材」「シルエット」を意識したシャツのおすすめ人気ランキングを紹介していきます。
今紹介した選び方を使って自分にあったシャツを選んでみてくださいね!

1位オックスボタンダウン長袖シャツ

2,500

全年齢持っておくべき王道

持ってない人はすぐに手に入れてください!笑
どんなシチュエーションでも着れ、どんな服装とも合わせがしやすい万能アイテムです!

白シャツは仕事っぽくない?と感じるかもしれませんが、このオックスフォード生地で織られているシャツは全くの別物です。

生地に厚みがあり、首元のボタンダウンがかっちりとしつつも適度なカジュアル感を出してくれるので、私服での使い勝手NO.1は間違いありません。

無地
ホワイト
素材 綿 65%・ポリエステル 35%
シルエット 普通

2位オープンシャツ

7,500

1枚で作れるオシャレシャツ

ゆったりシルエットの可愛らしさとベージュの柔らかさが相まったオシャレシャツ。
ベーシックな白Tシャツと黒のパンツと合わせるだけでも、雰囲気のあるコーディネートを作ることができます。

袖が少し長めに設定してあり手首周りに溜まりができて、ふわっとした印象を強める作りに拘りを感じますね。

無地
ベージュ
素材 ポリエステル 100%
シルエット ゆったり

3位綿麻ストレッチバンドカラー長袖シャツ

4,950

人気急上昇中のバンドカラー

シャツなのにかっちりしすぎないバンドカラーシャツ。
近年のリラックススタイルの延長で、シルエットではなく襟のデザインを変えることで雰囲気を変えています。

小さな変化ですが、顔に近いのでちょっとした変化でも大きく印象が変わってきます。
「普通のデザインのシャツに飽きた」という方は試してみてください。

無地
ネイビー
素材 綿 85%・麻 13%・ポリウレタン 2%
シルエット 普通

4位チェック柄BIGシルエット半袖シャツ

2,300

夏場はこれ1枚あればいい

暖かい時期は着るアイテム数が少なくなりオシャレをすることが難しいですがそれを解決させる1枚。
特徴的なシルエットとデザインで、コーディネートの主役を飾ってくれます。

ゆったりシルエットでチェック柄でもベースの色が暗めなので崩れすぎないバランスが絶妙!
さらに、細い線を明るめにしているので全体の雰囲気が重くなりすぎず、半袖シーズンに合わせているというのはさすがです。

チェック
ブラック
素材 綿 80%・ポリエステル 20%
シルエット ゆったり

5位フレンチリネンレーヨン七分袖シャツ

3,900

こなれ感の溢れるリネンシャツ

素材の選び方でも紹介した、季節感の出る麻を使っていることを筆頭に細めのストライプや七分袖と小さなポイントあるシャツです。

実は細いストライプのシャツは少なく、見たことあるようでない違いを出すことができます。
また、七分袖は手首を常に見せることができるので、腕まくりをしているようなこなれた印象を与えてくれますよ!

ストライプ
ネイビーストライプ
素材 麻 55%・レーヨン 45%
シルエット 普通

6位ポリオープンカラーシャツ

4,950

20代前後おすすめのとろみシャツ

素材感にとろみがあり、ストンと落ちたシルエットがリラックスした印象を与えるので20代前後の方におすすめです。

2位のシャツと一見似ていますが、こちらのシャツは一番下のボタンがシャツの下の方まで来ているので、裾が閉まりスッキりとした印象になります。

このおかげでゆったりシルエットですが、カジュアルになりすぎないのでゆったりサイズ初挑戦の方も挑戦しやすいです。
ちょっとした違いで印象が全然変わるのは面白いですよね。

無地
モカ
素材 ポリエステル 100%
シルエット ゆったり

7位フレンチリネンレーヨン七分袖シャツ

3,900

「渋い」カーキシャツ

渋さを感じさせ、同年代とは違った雰囲気をだすことのできるカーキシャツ。
カーキは渋さを感じさせる色ですが、七分袖とリネンの爽快感が若々しさを同居させてくれています。

無地
カーキ
素材 麻 55%・レーヨン 45%
シルエット 普通

8位日本製オックスフォードボタンダウンシャツ

6,650

落ち着いた男性の鉄板

濃すぎず、薄すぎない色味のブルーを使った落ち着いた印象のシャツ。
ベーシックな色味ですが、ボタンの色を黒にして少し遊び心が入っているのも面白いですね。
襟周りに表情が出るので、羽織りものを使ったとしてもいいアクセントになってくれます。

無地
ブルー
素材 綿100%
シルエット 普通

9位レギュラーカラー長袖シャツ

8,300

爽やかな色が目を引く

明るめのサックスに白の混じったストライプが入った、爽やか感漂うシャツ。
カジュアルシーンはもちろん、レギュラーカラーを採用しているのでオンでも使えるタイプです。
薄めの柄が入っているだけなので柄が苦手という方でも取り入れやすいですよ!

ストライプ
サックス
素材 綿100%
シルエット 普通

10位日本製ギンガムチェックボタンダウン長袖シャツ

6,650

一枚でも、重ね着でも主役

ギンガムチェックの模様を前面に出した主張のあるシャツですね。
ベーシックなアイテムとの着こなしでも、個性を出してくれるでしょう。

また、カーディガンやセーターと合わせた時にも襟周りのアクセントを演出してくれるので重ね着をする冬も活躍してくれます。

チェック
ブラック
素材 綿100%
シルエット 普通

おすすめ人気シャツ比較一覧表

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
商品画像
商品名 オックスボタンダウン長袖シャツ オープンシャツ 綿麻ストレッチバンドカラー長袖シャツ チェック柄BIGシルエット半袖シャツ フレンチリネンレーヨン七分袖シャツ ポリオープンカラーシャツ フレンチリネンレーヨン七分袖シャツ 日本製オックスフォードボタンダウンシャツ レギュラーカラー長袖シャツ 日本製ギンガムチェックボタンダウン長袖シャツ
価格 2500円(税込) 7500円(税込) 4950円(税込) 6650円(税込) 3900円(税込) 4950円(税込) 3900円(税込) 6650円(税込) 8300円(税込) 6650円(税込)
無地 無地 無地 チェック ストライプ 無地 無地 無地 ストライプ チェック
ホワイト ベージュ ネイビー ブラック ネイビーストライプ モカ カーキ ブルー サックス ネイビー
素材 綿 65%・ポリエステル 35% ポリエステル 100% 綿 85%・麻 13%・ポリウレタン 2% 綿 80%・ポリエステル 20% 麻 55%・レーヨン 45% ポリエステル 100% 麻 55%・レーヨン 45% 綿100% 綿100% 綿100%
シルエット 普通 ゆったり 普通 ゆったり 普通 ゆったり 普通 普通 普通 普通
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ニットとシャツの重ね着コーデ紹介

シャツは一枚でも使えますが、嬉しいのは重ね着コーデで一年中着ることが出来ることですよね。
そこで、ここからは一年中シャツを使い倒すための重ね着コーデを少しだけ紹介します。
コーディネートを参考にして、一年使うイメージを持ってみてください!

セーターを使ったコーディネート

コート×ニット×長袖シャツ×半袖Tシャツ×パンツ

21,450

暗めの秋冬カラーに映える白シャツ

秋冬のアイテムは暗めの色が多いので、白シャツを差し込むことで一気に全体の雰囲気が明るくなります。
首元に白い襟がいるだけでアクセントになりオシャレな雰囲気を作ることが出来てますね。

このように白シャツは春夏シーズンでは定番色として活躍してくれますし、秋冬も活躍をしてくれるので1枚あると安心です。

ダッフルコート×ニット×長袖シャツ×半袖Tシャツ×パンツ

27,400

大人も使いやすい柄の襟出し

1枚でも個性のあったギンガムチェック柄はセーターとの重ね着にしてもオシャレなアイテムになりますね。

秋冬シーズンは柄を使うことも減るので、コーディネートが寂しいと感じる時にスパイスになってくれます。
セーター合わせだと襟が少し出るだけなので、柄が苦手という方も挑戦がしやすいですよ!

カーディガンを使ったコーディネート

テーラードジャケット×カーディガン×長袖シャツ×半袖Tシャツ×パンツ

28,450

ビジカジ定番コーデ

ビジネスカジュアルでは馴染みの組み合わせですよね!
職場以外にも、デートシーンなどかっちりとしたい時に重宝するコーディネートです。

特にデートでよく行く映画館や水族館は空調の変化が激しいですが、カーディガンは着脱の簡単なので助かりますよ。

ショールカーディガン×長袖シャツ×長袖Tシャツ×パンツ

23,900

前明けでも崩れすぎない

カーディガンをラフに着てもシャツのおかげで崩れすぎないコーディネートになっていますね。
革靴やトートバッグなどかっちりとした印象になるアイテムを多く使う時にはどこかで抜けを作ることでオシャレな印象を作ることができます。

簡単に4つほどニットを使った重ね着コーディネートを紹介しました。
今、紹介したようにシャツは秋冬も使うことができるので、一年を通して使うことや秋冬ものとの組み合わせを意識することでコスパのいい買い物をすることができます。

ぜひお持ちの秋冬アイテムとも相談をしてシャツを選んでみてくださいね。

ジャケットなら、こちらもチェック!

シャツの相方と言えばジャケットですが、せっかく、自分にあったシャツを見つけてもジャケットがかっこ悪かったら台無しです。
こちらも参考に自分にあったジャケットも見つけてみてください!

初心者おすすめのテーラードジャケットとは?メンズ必読の選び方もご紹介続きを読む»

チノパンなら、こちらもチェック!

下半身の要になるチノパンも気を抜いてはいけませんよ!
与えたい印象を軸に選んだシャツに合わせてパンツも合わせることでコーディネートの印象が倍増します。
パンツも与えたい印象の基準を持って選んでみてくださいね。

【メンズ】チノパンのおすすめ人気ランキング10選【コーデを格上げする4つの選び方】続きを読む»

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「柄」「色」「素材」「シルエット」の4つのポイントを使ったシャツの選び方を紹介していきました。
シャツはぱっと見の形は似ていますが、実は細かいところで変わっており印象は大きく変わってきます。

今回紹介した選び方をマスターすればコーディネートの印象を自由自在に選ぶことができますので、ぜひ自分にあったシャツを見つけてくださいね!