カーゴパンツのベルトは?カラーごとに似合うベルトをおさえてコーデ上級者を目指そう

カーゴパンツに似合うベルトってどんなの?

メンズのカーゴパンツは、ボトムスとして人気があります。
だけど、カーゴパンツを履く場合、どんなベルトをすればしっくりとまとまるのか知っていますか?

たとえばベージュのカーゴパンツなら、白いスタッズベルトが似合うかもしれませんね。
材質は、革でできたものがいいでしょう。

また、薄い緑色のカーゴパンツの場合も白いベルトがいいようです。
できれば、布製のものだとしっくりくると思いますよ。

布製ベルトとカーゴの相性は○

実は、布製のベルトはカーゴパンツともともと相性がいいので、色にこだわらなくても失敗することは少ないはずです。
もし、それでも色合いに悩むなら、靴やカバンと同じような色にするといいですね。

さらに、オリーブ色のカーゴパンツなら、黒のスタッズベルトや茶色のメッシュベルトでも似合います。
おそらく、普通の茶色のベルトでもおかしいことはないはずです。

ただし、どんな小物を組み合わせるかによっても変わってきます。
黒のスタッズベルトをしたいのであれば、少しロックっぽい印象になってくると思います。

そのため、トップスのほうもモノトーン系を意識したコーデにするといいかもしれませんね。
もちろん、ベルトと靴の色合いをよくするだけでも、きっと素敵なコーデになってくるはずですよ。

メンズのベルトはファッションに不可欠

ベルトといえば、元はパンツのウエストが大きすぎて腰からずり落ちるのを防ぐために使っていました。
でも、今ではベルトといえば、その目的だけでなくメンズファッションに欠かせないアイテムともなっています。

そして、カジュアルからフォーマルにいたるまで、様々な種類のベルトが販売されているのです。
どんなベルトを選び、コーデするのかは、それぞれのメンズのファッションセンスの見せどころでもあるのです。

ベルトをしないのが普通のボトムスも

最近では、ウエストにきっちりフィットするジーンズなどは、ベルトをしないのが当たり前になってきています。
でも、ベルトループが付いているパンツには、基本的にベルトをするのが一般的な常識です。

特に、フォーマルな場ではそれを忘れないようにしましょう。
さらに、ベルトはちょうどいい長さになるように調節しておくことも大切です。

適度なベルトの長さは、べルトをしたときに最も内側から見て2つか3つめの穴にバックルの剣先が合う長さなのです。
それが、最もベルトが綺麗に見える長さとなります。

また、カジュアルな服装の時とドレッシーな服装の時では、ベルトを使い分けましょう。
カジュアルな時には、ラフな雰囲気の革ベルトなどがいいでしょう。
ドレッシーなら、洗練されたシンプルなバックルの上質なベルトがいいですね。