「ベルベット素材」ってどんな素材?

view50

ベルベット素材は、日本において「ビロード」と呼ばれる生地のことです。滑らかな光沢や上品で豪華な雰囲気を持つのが特徴であり、かつてはヨーロッパの王侯貴族たちが愛用した生地でもあります。

ベルベット素材とは?

ベルベット素材といえば、パイル織物の一種であり、ビロードとも呼ばれる生地のことを指します。その特徴は、滑らかな光沢感や柔らかさなどにあります。また、ラグジュアリーな雰囲気があり、昔はヨーロッパの王侯貴族たちがシルクでできたベルベット生地を愛用していたという歴史もあります。現在では、シルクだけでなくアセテートやレーヨン、コットンなどを使ってベルベット生地が作られることも多いです。上品で素敵な肌触りが魅力であり、スーツやドレス、コート、装飾品などを作る素材としてもよく用いられています。

ベルベット素材の洗濯の仕方とは?

もし、ベルベット素材のファッションアイテムに食べこぼしのシミなどが付着したら、できるだけ早くドライクリーニングに出すことをおすすめします。それは、自分で洗って汚れが落ちても、元の風合いなどが戻らないことがあるからです。また、ベルベット素材の生地は、上手にアイロンをかけるのもけっこう難しいです。おそらく、ネイビー色の生地である場合は、その繊維が寝てしまい白っぽくなったりします。或いは、裏地にキュプラなどが使用されているとシワが多くできてしまうこともありますから要注意です。汚れが食べこぼしであれば、特にドライクリーニングの洗濯が向いていますから、やはりドライクリーニングに出した方が無難です。

ベルベット素材の魅力とは?

ベルベット素材の魅力には、上質さを思わせる光沢感や素敵で触れたくなるような質感などが挙げられます。それに、様々な表情を持ち、一瞬ごとに変化していく生地であるのも魅力です。肌触りの方も心地よくて非常に柔らかさがあるのが特徴となっています。そのため、ドレス、スーツ、コート、装飾品、帽子といったファッションアイテムにもよく用いられています。ベルベットの製造方法は、パイル糸を2枚の生地の間に織り込むようにして作ります。ベロアも似たような素材ですが、実は作り方が違っています。しかし、普通はベルベットもベロアも似たような生地という認識であっても悪いわけではありません。ただ、製造方法が少し違うだけで、どちらも似たような生地であり、明確に分ける必要もないようです。どちらも、素敵な光沢感や滑らかな手触りがあります。