「キュプラ素材」ってどんな素材?

view69

キュプラ素材は、「銅アンモニア・レーヨン」とも呼ばれます。コットン・リンターという綿のうぶ毛から採取できる繊維に銅アンモニア溶液を用いることによって作られるのがその理由です。

キュプラ素材とは?

キュプラ素材といえば、別名「ベンベルグ」とも呼ばれる再生繊維を指します。コットン・リンターという繊維をその原料としており、それを銅アンモニア溶液を使って溶かしたものを糸に紡いだ繊維となります。一般的な名称が「キュプラ」であり、「ベンベルグ」という呼び方は旭化成の商標名となっています。また、「銅アンモニア・レーヨン」という名称で呼ばれることもあります。その特徴は、シワになりにくく柔らかくてシルクのように滑らかなことです。それに、静電気が起こりにくく染色性に優れているため、様々な色合いに染めることができます。つまり、カラーバリエーションも豊富な素材ということになります。

キュプラ素材

キュプラ素材のファッションアイテムは、水を使って洗濯すると小ジワなどができやすい素材となっています。それに、シルクのような光沢感も自宅で洗うと失われやすいです。そのため、大切なファッションアイテムであれば、やはりドライクリーニングに出すことをおすすめします。失敗してもあまり傷つかないものなら、自宅で手洗いすることにチャレンジするのもいいかもしれません。しかし、積極的にそれをすすめられるものではありません。キュプラ素材のファッションアイテムは、基本的に自宅で洗濯できませんから、なるべく汚さないように工夫するようにしてください。肌にじかに着たりせずに、必ず着る時には下着などを着用して汗がつかないようにすることが大切です。

キュプラ素材の魅力とは?

キュプラ素材の魅力には、シルクのように滑らかで手触りがよいことが挙げられます。また、セルロース繊維であるため、熱にもなかなか溶けたりしないこともメリットです。レーヨンに比べると、摩耗性や耐久性が高いという素晴らしいところがあります。このキュプラ素材がよく用いられるのは、高級な洋服の裏地やレディス用の肌着などであるようです。その他、縮まないように加工されたものなら、アウターウェアに用いられていることもあります。このキュプラ素材は、吸水性に優れているので汗を吸い取りやすく、サラリとしてすべりがよいので洋服の裏地にも最適です。さらに、日光に当たっても変色しにくいというメリットを持っています。