「ステアハイド素材」ってどんな素材?

view51

ステアハイド素材は、去勢された雄牛から採取できる最もポピュラーな牛革素材となります。牛の肉は食用として使われますから、その後に残った牛革を使って革財布などを作るようになっています。

ステアハイド素材とは?

ステアハイド素材といえば、雄牛から採取できる革素材のことであり、生後2年以上経った雄牛の革が使われているものを指します。この雄牛は、生後3ヶ月頃から6ヶ月以内の間に去勢されている牛であることが多いです。実は、このステアハイドは牛革の中でも最も一般的なものであり、通常「牛革」というとこのステアハイドのことを指しています。雄牛の肉は人間の食用として使われますから、その後に残った革を使用して革靴やバッグなどの素材として用います。ステアハイドは、牛革の中でも生産量が非常に多いものとなっています。

ステアハイド素材の手入れとは?

ステアハイド素材の革靴などを手入れするなら、皮革用のデリケートクリームを使ってください。デリケートクリームは、水や油が配合されているクリームであり、革製品の品質を保つのに役立ちます。また、ツヤを出したいならワックスクリームや乳化性クリームを選ぶのもおすすめです。大体、ステアハイドのお手入れは、他の種類の牛革と同じようにしていれば間違いはありません。それに、ステアハイドは丈夫な牛革ですから、ちょっとぐらい取り扱いが手荒でも大丈夫です。大体、柔らかい布を使って汚れを拭き取るようにして、埃などはブラッシングで落とすようにしてください。

ステアハイド素材の魅力とは?

ステアハイド素材の魅力には、大判で厚い牛革であることや最も一般的な牛革として知られていることなどが挙げられます。靴やベルト、鞄、手帳、メンズ財布など、ステアハイド素材の牛革が用いられているアイテムは多くあります。大体、「牛革」と呼ばれる革は、ほとんどがこのステアハイドのことを指していると思っていいようです。だから、牛革製品の多くはこのステアハイドが使われているのだということになります。また、ソファなどの家具や眼鏡入れなどの革手工芸にもよくこのステアハイドが用いられています。それに、メンズ財布の素材にもこのステアハイドがよく用いられており、全体的に牛革であれば質感が安定していて使いやすい革財布であることが多いです。このステアハイドの革製品は、手入れもそれほど難しくなく長持ちしやすいため、愛用している人が多くいます。