「オーガンジー素材」ってどんな素材?

view35

オーガンジー素材には、シルク・オーガンジーやポリエステル・オーガンジーといった種類があります。生産量が少ないため、希少価値の高い生地とされており、ドレスやスカーフなどを作るのに用いられています。

オーガンジー素材とは?

オーガンジー素材といえば、軽くて透明感を持つ平織り生地のことを指します。通常は、綿を使って織られた生地であることが多いです。さらに、シルクを使ったシルク・オーガンジーやレーヨン、ポリエステルなどを使ったオーガンジーも優雅なファッションアイテムなどに用いられます。たとえば、ドレスやスカーフなどの素材になっていることもあります。さらに、オーガンジーは全体的に生産量が少ない生地でもあります。そのため、希少価値が高い生地となっています。なかでも、日本において作られるシルク・オーガンジーは、ブラジル産の質の高い絹糸を使って作られるため、希少価値が高くて素晴らしい製品となります。その他にも、コットン・オーガンジーやナイロンオーガンジーといった生地が日本で作られています。

オーガンジー素材の洗濯の仕方とは?

実は、オーガンジーのパーティードレスの中には、自宅で洗濯することが可能なものもあります。洗えるかどうかは、購入する時にお店の人に確かめることをおすすめします。まず、バスタブにドレスが浸るぐらいまでぬるま湯を入れます。そして、液体洗剤を充分に入れてドレスを18分ぐらい付け置き洗いしてください。もし、ドレスに装飾品などが付いていれば、事前に取り外しておくことをおすすめします。その後、ドレスを軽く押し洗いしてぬるま湯ですすぎ、室内の風通しの良い場所に陰干しします。シワにならないように、乾いてきたらアイロンを使って生地を伸ばして仕上げてください。

オーガンジー素材の魅力とは?

オーガンジー素材の魅力には、素敵な透明感やハリがあることなどが挙げられます。また、見た感じもエレガントで美しい生地となります。それに、その滑らかな手触りも魅力の一つです。オーガンジー素材は、ウェディングドレスやフォーマルドレスの素材としても用いられます。それに、舞台衣装やダンスの衣装などにも用いられる生地です。そのように、華やかなドレスや衣装を作る素材としてよく用いられています。一般的なファッションアイテムでは、ジャケットやカーディガンなどの素材となっていることもあります。その他にも、コサージュやバッグ、靴などの素材として用いられることもあります。