「フリース素材」ってどんな素材?

view172

フリース素材には、ボアフリースやマイクロフリースなど様々な種類のものがあります。その種類は、それぞれの繊維のタイプによって違ってきます。ただし、フリース素材は毛玉ができやすいというデメリットもあります。

フリース素材とは?

フリース素材といえば、石油から取れるポリエチレンテレフタラートを原料として作られる生地を指します。実は、このポリエチレンテレフタラートは、身近なところではペットボトルに使われている素材と同じものとなります。そのため、廃棄されたペットボトルをリサイクルして新しいフリース素材を作ることも行われています。フリース素材の種類には様々なものがあり、長い毛を特徴としているボアフリースや細かい繊維を特徴としているマイクロフリースなどがあります。このように、繊維のタイプによって違う呼び名があるということです。そして、フリース素材のデメリットといえば、耐久性が低いことが挙げられます。つまり、毛玉などができやすいという性質も持っています。

フリース素材の洗濯の仕方とは?

フリース素材を洗濯したいなら、家庭用の洗濯機を使って丸洗いすることもできます。でも、フリース素材のファッションアイテムを大切にしている場合は、やはり手洗いで優しく押し洗いするようにしてください。もし、洗濯機を使うつもりなら、洗濯ネットに入れるようにして短い間の洗濯で済むようにするのがおすすめです。もちろん、干す時は日陰に干すように気をつけることが大切です。実は、フリース素材は今の時代には欠かせない素材といっても過言ではありません。フリース素材のパジャマやブランケット、バッグなどの製品も私たちの生活の中で活躍することが多くなって馴染んできているからです。

フリース素材の魅力とは?

フリース素材の魅力には、家庭で洗濯しやすいことなどが挙げられます。保温性が非常に高いので防寒着として着るのにも役立ちます。また、フリース素材のパジャマなども、軽量でリーズナブルであるためよく売れています。冬のパジャマの素材としても、冬の部屋着の素材としても最適な生地がこのフリース素材です。とにかく、暖かくて洗濯をしてもすぐに乾きますから、冬のファッションアイテムには最適です。最近では、フリース素材のジャケットなども販売されていて、暖かさと共に便利さを持つようになっています。寒い季節にはカーディガンのようにして羽織るのにもぴったりなファッションアイテムとなっています。