「ゴートスキン素材」ってどんな素材?

view366

ゴートスキン素材は、成長した山羊の皮を使った革素材となっています。薄くて強度があるのが特徴であり、高級な革靴や手袋などの素材としてもよく用いられています。

ゴートスキン素材とは?

ゴートスキン素材といえば、大人に育った山羊の革素材のことを指します。このゴートスキン素材は、皮の厚みは薄いのですが、牛革などと比較しても強度があってしなやかな素材となっています。そのため、少し薄手のコートの素材として使用しても丈夫で長持ちするというメリットがあります。ゴートスキン素材が用いられたファッションアイテムには、靴やバッグ、手袋などがあります。特に、ゴートスキン素材は、型崩れしにくくて弾力性があるので高級な革靴の素材としても最適です。銀面には、シボと呼ばれる美しい文様がありますから、その文様を生かして革製品の素材とされることも多いです。

ゴートスキン素材の手入れとは?

ゴートスキン素材のファッションアイテムを手入れするなら、やはり保湿ができるデリケートクリームを使ってください。日々の手入れは、柔らかい布で乾拭きするだけでも充分です。もし、靴のようなアイテムなら、ブラッシングもするようにしてください。ただし、牛革などと同様に水濡れに弱い性質がありますから、雨に濡れないように気をつけることが大切です。もし、水濡れしてしまったら、風通しのよい涼しい場所で陰干しするのがおすすめです。

ゴートスキン素材の魅力とは?

ゴートスキン素材の魅力には、銀面に細やかなシボが美しく並んでいることなどが挙げられます。そのため、山羊革の自然な表情を楽しみたい人にもおすすめの素材となっています。子山羊の革であれば、その柔らかさが素晴らしくて気品すら漂うような感じがあります。だから、高級な革素材として認識されているのだといえます。ゴートスキンの方も、様々な優れた特性を持っており、フライトジャケットなどの素材としても最適です。その理由は、ゴートスキンが激しい動きにも耐える強い素材であり、型崩れしにくいことなどが関係しています。もちろん、靴やハンドバッグなどの素材としてもぴったりです。また、ゴートスキンは、本の装丁をするための高級革として用いられることもあります。それは、山羊革が摩擦などにも強いことからそうされるのです。或いは、山羊革をタンニンなどでなめしたモロッコ革と呼ばれる素材によって、本の装丁が行われることもあります。