「イールスキン素材」ってどんな素材?

view164

イールスキン素材には、食用にならないアブラウナギの皮などが用いられています。牛革などよりも強くて軽く、エナメルのような輝きを持つ革であるため、女性用のバッグや革財布の素材としても用いられています。

イールスキン素材とは?

イールスキン素材といえば、ウナギの皮の素材のことを指します。特に、衣料用の素材となるのは、食べることはできないアブラウナギの皮となっています。実は、このイールスキンは、ヨーロッパにおいて身につけると素敵な幸運がやってくるというラッキーアイテムにもなっています。それに、イールスキンは滑らかで軽くて牛革などよりも強いという特性を持ちます。そのため、女性用のファッションアイテムであるハイヒールやバッグなどの素材としても用いられてきました。さらに、イールスキンの革財布なども販売されるようになってきています。イールスキン素材には、エナメルのような美しい輝きがあり、男女を問わず年齢にも関係なく大勢の人々に愛用されています。

イールスキン素材の手入れとは?

イールスキンのトートバッグなどがあるなら、雨の日はできるだけ持ち歩かないようにしてください。実は、イールスキンは水濡れに強い性質がありますが、ずぶ濡れになるとシミができたり色落ちが起こることも多いからです。それに、長い時間直射日光に当てるのもよくありません。色褪せすることがありますから、充分注意するようにしてください。また、イールスキン素材のファッションアイテムをタンスなどに保管する場合は、カビなどの対策を考えておいた方がいいです。タンスに乾燥剤を入れて湿気の少ない場所に保管できるようにすれば、品質が保てるかもしれません。それから、防虫剤を使うのは変質を招くことがありますので避けた方が賢明です。

イールスキン素材の魅力とは?

イールスキン素材の魅力には、美しい光沢感や滑らかな手触りなどが挙げられます。また、牛革に比べて軽いので、バッグなどの素材としても最適となります。それに、発色がよくて様々なカラーに染めることができるのも素晴らしい点です。そのため、カラフルな色合いのイールスキン素材のファッションアイテムが多くあります。実は、海外ブランドにおいても、このイールスキン素材のファッションアイテムが個性を発揮してきています。ウナギ革であっても本革としてしっかりとした丈夫さを持っているのが魅力的な点であるといえます。