「起毛素材」ってどんな素材?

view231

起毛素材には、フランネルやスエード、ベロアなどの種類があります。表面を引っかくようにして加工した生地であり、手触りが柔らかくて暖かさがあるのが特徴となります。

起毛素材とは?

起毛素材といえば、表面を引っかくようにして毛羽立つように加工した生地のことを指します。起毛と聞いても馴染みがないようですが、スエードやベロア、ヌバックなどの聞いたことのある素材に起毛加工が用いられています。また、フランネルなどの生地にも実は起毛加工が施されています。この起毛加工の施し方には、乾式と湿式と呼ばれる種類があります。素材を乾燥させて起毛加工するのが乾式であり、濡らしたまま起毛加工するのが湿式と呼ばれる技術です。このように起毛加工したものは、柔らかい肌触りとなって暖かさのある生地となります。また、普通は片面だけを起毛させるのですが、もっと暖かさを増した生地にするために両面に起毛加工を施したりする場合もあります。

起毛素材の洗濯の仕方とは?

起毛素材のネルシャツなどを洗濯する時には、他の衣類と一緒に洗濯しないようにしてください。一緒にして洗うと、他の衣類の表面に毛羽などが付いてしまうことがあります。なるべく単独で洗った方が、そうした失敗が少ないです。また、起毛素材を乾燥機の中にいれて乾かすのも避けた方がいいです。乾燥機に入れて乾かすと摩擦によって素材の感じが変わってしまうことがあります。それに、アイロンをかけるなら、スチームなどを用いない方がいいです。スチームをかけると縮んだり見た感じが変わってしまうことがあるからです。日常的に手入れする場合は、毛ブラシを使って撫でるようにして毛並みを整えてください。また、毛羽が他の衣類などに付着したら、毛ブラシやガムテープなどを使って取り除くのがおすすめです。

起毛素材の魅力とは?

起毛素材の魅力といえば、冬の季節に使用すると暖かいことです。起毛素材は、その構造上起毛した部分に多くの空気などを含んでいます。そのため、肌触りが良くてひんやりした感じがありません。また、汗を吸い取りやすいといった吸水性もあります。この起毛素材は、ファッションアイテムだけでなく敷きパッドなどの冬用の寝具にも使われています。寝る時に最初から暖かくてひんやりしませんから、肌に触れる寝具には起毛素材がぴったりであるといえます。また、掛け布団カバーなどにもこの起毛素材が用いられており、冬の夜を暖かく過ごせる寝具として生活の中に浸透しています。