「ヘンプ素材」ってどんな素材?

view538

ヘンプ素材は、糸やロープ、織物生地などを作るのに用いられています。それに、地球の自然環境に優しい素材としても世界中から注目されています。ヘンプで作られた衣類には、夏は涼しくて冬には暖かいという性質があります。

ヘンプ素材とは?

ヘンプ素材といえば、大麻(おおあさ)とも呼ばれており、世界の様々な地域に生えているアサ科の植物を指します。世界中には、20種類以上の麻の種類があり、その一つがこのヘンプとなります。ヘンプは、栽培するのに農薬や化学肥料を必要としない植物です。そのうえ、成長するのが早いので地球の環境を良い方向へ改善してくれる力があるとも考えられています。ヘンプ素材を使ったファッションアイテムにはTシャツなどがありますが、夏には清涼感があり、冬には暖かいという素晴らしい性質を持ちます。ヘンプは、様々な面で地球の自然環境を潤わせるような天然繊維として世界中から注目されています。

ヘンプ素材の洗濯の仕方とは?

ヘンプ素材のファッションアイテムを洗濯するなら、蛍光増白剤は使わないようにするのがおすすめです。もし使うと、自然な色が損なわれてしまうことがあります。また、手洗いでも揉んだり擦ったりしながら洗わない方が失敗が少ないです。洗濯機で洗うなら、やはり洗濯ネットにたたんで入れてから洗濯してください。そして、洗濯が終わったら、引っ張るようにして形を整えて日の当たらない場所で干すようにします。特に、セーターやカットソーなどはねじれてしまわないように気をつけながら干すようにしてください。

ヘンプ素材の魅力とは?

ヘンプ素材の魅力には、農薬や化学肥料を使わなくてもしっかりと育つことが挙げられます。そのため、ヘンプは環境にやさしい植物として近年注目されるようになってきました。また、ヘンプウェアといえば、そんなヘンプを素材として作られるファッションアイテムのことです。その種類には、Tシャツやパンツなどがあります。それに、ヘンプ素材のバッグもけっこう売られています。さらに、独特な肌触りがあるため、肌着やインナーの素材としてもよく用いられます。直接肌に触れても快い感触があるので下着などに最適な素材です。そんなヘンプは、日本の歴史の中で衣類だけでなく医療にも利用されてきた植物であるとされています。ヘンプ素材は、そのようにいつの間にか私たちの生活の中に馴染んでいます。おそらく、身近なアイテムにもヘンプ素材の製品があるかもしれません。