「トリアセテート素材」ってどんな素材?

view393

トリアセテート素材は、エレガントな光沢や清涼感を持つ半合成繊維の一つとなっています。アセテートと並び称されることが多いのですが、酢酸セルロースの酢酸化度が高いものをトリアセテートと呼ぶように決められています。

トリアセテート素材とは?

トリアセテート素材といえば、天然パルプを原料として作られる半合成繊維の一つを指します。アセテートと並び称されることが多いですが、トリアセテートはアセテートと比べると酢酸セルロースの酢酸化度が高いことが特徴となっています。トリアセテートは、柔らかな風合いや絹のような光沢を持ち、ドレープなども美しい素材となっています。そのうえ、発色性も高いので様々なカラーに染めやすく、ファッションアイテムの素材にするのにも最適です。それに、シワになりにくく型崩れしにくいなどのメリットも持っています。ただし、アセテートもそうなのですが、トリアセテートはマニキュアなどの除光液に弱いというデメリットを持っています。もし、トリアセテート素材の洋服などに除光液やシンナーを落とすと生地が溶けてしまいますから注意が必要です。

トリアセテート素材の洗濯の仕方とは?

トリアセテート素材のファッションアイテムを洗濯したい場合は、40℃以下のぬるま湯を使ってやさしく押し洗いしてください。また、ブラシ洗いやつかみ洗いをするのもおすすめです。洗剤を使うなら、やはり中性洗剤を選んだ方が失敗が少ないです。それから、トリアセテートはアルカリに弱い性質がありますから、石鹸やアルカリ性の洗剤などは使わないようにしてください。そして、漂白剤を使う場合は液体酵素系のものにしたり、白い生地であるなら還元系のものを選択することもできます。もし、洗濯後にアイロンをかけるなら、基本として低い温度に設定してかけるようにすることをおすすめします。

トリアセテート素材の魅力とは?

トリアセテートの持つ特性は、ほとんどアセテートと同じようなものが多く、絹のような美しい光沢感や柔らかな風合いなどが挙げられます。また、保温性や弾力性などにも優れています。トリアセテートの場合は、そうした特性に加えて耐熱性や形態安定性などが少しだけ改良されているのが特徴です。美しいドレープやシルエットを持っているのもアセテートと同様となっています。それに、アルカリに弱い性質も持っており、その強度はレーヨンなどの素材よりも弱いといった特徴もあります。