「ウール素材」ってどんな素材?

view107

ウール素材には、シワになりにくく燃えにくいといった性質があります。セーターなどの編み物の素材としてよく使われており、冬には欠かせない素材となっています。

ウール素材とは?

ウール素材といえば、羊毛のことを指します。また、毛糸としてセーターなどの編み物の素材として使われています。冬を暖かく過ごすためになくてはならない素材といえます。このウールは、弾力性が素晴らしく色落ちしにくいなどのメリットがあります。それに、汚れにくいので頻繁に洗濯する必要がありません。ただし、動物性の素材であるため、虫に食われやすいといったデメリットがあります。そのため、ウール素材のセーターなどを保管しておく時には、必ず防虫剤を入れておく必要があります。実は、ウールにはケラチンと呼ばれる虫が好むような成分が多く含まれています。しかし、防虫剤を効かせすぎるとタンスから出した時に防虫剤の匂いが強いということもあります。そんな場合は、ハンガーにかけて扇風機の風をあてたり、脱臭剤などを使って匂いを落とす方法もあります。

ウール素材の洗濯の仕方とは?

ウール素材のセーターやカーディガンを長持ちさせるには、同じアイテムを連日着続けないようにしてください。1日着ればハンガーにかけて1日休ませるようにした方が長い間着られるようになります。洗濯の時には、絵表示に手洗いマークがあるかどうかを確かめましょう。もし、それがあれば自宅で洗濯できます。ただし、ホームクリーニング用の洗剤で30℃ぐらいのぬるま湯を使って洗うのがおすすめです。もし、洗濯機を使って洗う場合は、最も弱いモードに設定しておくようにしてください。できれば、脱水は短い時間で済ませて後はタオルを使って水分を取る方法をおすすめします。

ウール素材の魅力とは?

ウール素材の最大の魅力は、着ていると暖かいことです。そのため、冬にはよく使われる素材となっています。冬用として、日本人ではほとんどの人が何枚かウール素材のセーターやカーディガンを持っています。そのため、私たちの冬の生活の中にしっくりと馴染んでいる素材です。このウールの歴史はとても古くておよそ8000年以上にもなるのだそうです。まさに、人類の文明の発達とともにウールもその歴史を刻んできたといえます。現在では、様々なデザインやカラーのものがあり、普段着として着るためのものからお洒落着まで多くの種類があります。値段の方も安価なものから高級ブランドのような高い値段のものまで、本当に様々なものが販売されています。