「ルードギャラリー」ってどんなブランド?

view63

ルードギャラリーは、日本で生まれたファッションブランドです。セレクトショップとして設けられ、オリジナルのファッションアイテムも多く取り扱っています。映画や音楽などの文化を愛する男性たちに強く愛されているブランドでもあります。

歴史

1991年に、ルーディーズというお店が開かれたのが、このブランドの始まりです。2000年になると、それがルードギャラリーというセレクトショップに変化します。ルードギャラリーは、そのコンセプトとして“音の匂い”がする服作りを挙げています。2010年には、FenderU.S.Aという楽器メーカーとコラボレーションして、ギターやレザージャケットなどの作品を発表しています。2011年になると、音楽、アート、ファッションの3つをテーマに掲げ、「東京ルード」という映像作品を発表しました。ルードギャラリーは、その後も様々な活躍をして躍進を続けています。

ブランドの特徴

このルードギャラリーの特徴として、シャープなファッションスタイルを主に提案していることが挙げられます。細身なシルエット、繊細なディテール、ミニマムなデザインが特徴です。

また、ルードギャラリーの魅力は、ドレッシーでありながらも、どこかストイックな雰囲気を併せ持っているところです。それに、大勢のミュージシャンや著名人に愛用されているのが、このブランドのファッションです。だから、どのファッションアイテムも素敵で魅力的な感じがあります。

取り扱い人気商品

そんなルードギャラリーの人気アイテムといえば、レザージャケットやスカジャンなどがあります。マリア・スカジャンと呼ばれるものが、スカジャンの中では一番人気です。また、デニムパンツも人気があり、季節を選ばず一年中穿けるアイテムとなっています。それに、ブラックを基調とした色使いのアイテムが多く、 ストリート系のデザインを持つアイテムがたくさんあります。ドクロマークの付いたファッションアイテムも多く、このブランドのカッコよさの象徴のようになっています。

関連リンク

RUDE GALLERY(ルードギャラリー)