「ナンバーナイン」ってどんなブランド?

view35

ナンバーナインは、ドメスティックブランドのリーダー的な存在です。現在では、主にロック調のファッションアイテムを取り扱っています。ストリート系ファッションが好きな若者たちをターゲットにしている感じがあります。

歴史

1996年に、デザイナーである宮下貴裕氏が立ちあげたのが、ナンバーナインというブランドです。彼は、1973年東京生まれです。実は、洋服の仕立てなどを独学で学んだといわれる努力家です。1996年までは、ネペンテスというセレクトショップでバイヤーなどの仕事をしていました。ナンバーナインというブランド名は、ビートルズの曲である「レボリューション・ナイン」から来ています。2000年には、表看板を掲げないナンバーナインの本店を恵比寿に開きました。また、2003年にはニューヨークにもお店を開くなど、精力的な活動を続けています。2007年には、レディスラインも作られました。2008年になると、大阪の「メンズ館」に「クアドロフェニア」というセレクトショップができ、ナンバーナインの洋服もそこで取り扱われることになりました。しかし、2009年には何とブランドが解散し、宮下氏は自身の新しいブランドである「タカヒロミヤシタザソロイスト」を立ち上げます。2010年には、有限会社クークスがナンバーナインのブランドアイテムは、各セレクトショップで主に販売することを決めました。

ブランドの特徴

このナンバーナインの特徴は、ストリート系のファッションアイテムを主に取り扱うブランドであることです。それに、ミリタリールックやロックファッションの流れも含まれています。外国では、反戦メッセージの入ったTシャツなども取り扱われたことがあります。

また、ナンバーナインの魅力としては、ピュアなカッコよさが挙げられます。ロック調のテイストが入ったストリートファッションの感性が漂い、素敵な雰囲気を醸し出します。

取り扱い人気商品

そんなナンバーナインの人気アイテムといえば、Tシャツ、パーカー、デニム、サングラス、ネックレス、ブーツなどが挙げられます。木村拓哉さんが着たというジャケットも人気アイテムの一つです。どのアイテムも、独創的な新しさのあるデザインが素敵です。だから、都会の若者たちの心も見事につかみます。それに、ストリート系だけでなくイギリスの紳士的ファッションアイテムも揃っているブランドです。それが、幅広い年代の男性に愛されている所以のところなのです。縫製などもしっかりしており、着心地が抜群で一度着ると手放せなくなるほどの心地よさがあります。もし、ナンバーナインのアイテムを確実に手に入れたければ、ネット通販よりも有名セレクトショップなどに出向くことをおすすめします。

関連リンク

NUMBER (N)INE