「クロックス」ってどんなファッションブランド?

view26

クロックスは、プラスチックのサンダルが有名な靴ブランドです。アメリカ発祥のブランドであり、コロラド州のデンバーに本社があります。アメリカでは社会現象になるほどそのサンダルが流行しました。

歴史

2002年に、アメリカのコロラド州で立ち上げられたのが「クロックス」です。創立者は、リンドン・デューク・ハンソン、スコット・シーマンズ、ジョージ・ボーデッカーの3人です。このクロックスを立ち上げた3人は、軽いプラスチックの靴を販売したいという夢を持っていました。元々、クロックスが販売しているようなプラスチックの靴は、イタリアにおいて考えだされたものです。「Fin Project」という会社がその靴を売り出し、クロックス社がこの会社を吸収合併しました。それから瞬く間に、クロックスの靴が世界的な人気となります。最初は、「ビーチ」というモデルのサンダルを売りに出し、素晴らしい人気となります。この「ビーチ」は、アウトドアやボートに乗る時などに最適であると認められました。アメリカにおいて2003年頃には、クロックスのサンダルが社会現象にもなりました。2004年頃まで、クロックスは世界的な企業として成長することを見越して、多くの製品を作るために工場での商品作りを今までよりも盛んにしました。今では、クロックスのサンダルは、世界的なシェアを持つ人気アイテムとして認められています。

ブランドの特徴

このクロックスの特徴として、人間工学から考え出された快適さと優れた機能性を持つコレクションを展開していることが挙げられます。そのサンダルは、クロスライトという素材で作られ、立ち仕事をする時にも疲れにくく、しかも軽いという素晴らしいサンダルを商品としています。

また、クロックスの魅力として、ボートや船を漕ぐような仕事の人やファッションモデル、看護師、ガーデニングの愛好者などに喜ばれるサンダルを提供していることが挙げられます。滑りにくく疲れずに快適な歩行が楽しめる靴を提供しています。

取り扱い人気商品

そんなクロックスの人気アイテムには、サンダルやモカシン、ブーツなどがあります。日本でも、ケイマンシリーズや毛皮付きのマンモスシリーズなどが人気を博しました。ケイマンシリーズは、おそらく日本人なら一度は見たことのあるアイテムです。また、マンモスシリーズは、見た目からしてとても暖かそうで冬には最適な一足となっています。

関連リンク

クロックス 公式オンラインショップ