「アメリカンアパレル」ってどんなファッションブランド?

view82

アメリカンアパレルは、アメリカでは最も大きなファッションブランドです。そのファッションアイテムは、とてもカラーバリエーションが多いことや価格設定がリーズナブルなことなどで、世界中の人々に愛されています。

歴史

1989年に、ダヴ・チャーニー氏が立ち上げたブランドが「アメリカンアパレル」です。その本社は、アメリカのロサンゼルスにあります。その工場の中では、労働者に良い待遇をしていくことを実現しています。労働者を苦しめていては、良い商品を作れないという考え方からです。そのため、工場にありがちな低賃金や暴力、厳しい罰則などを廃止して、労働者が働きやすい工場作りを目指しています。そんなアメリカンアパレルのファッションアイテムは、ベーシックで誰でも着こなせるものが多いです。また、カラーバリエーションも豊富であるため、楽しみながら商品を選ぶことができます。そのため、現在では世界中の人々に愛されるブランドとなりました。日本においても、2005年に初めて直営店がオープンした時には、大きく人気を集めました。しかし、今ではファストファッションブームの陰で静かな人気を保っているような状態となっています。

ブランドの特徴

このアメリカンアパレルの特徴として、ベーシックなファッションアイテムが多いカジュアルブランドであることが挙げられます。その商品には、シンプルなものやネオンカラーのもの、様々なサイズのものがあります。また、メッセージ性を発信するようなデザインのアイテムもあるのが特徴的です。

また、アメリカンアパレルの魅力として、お洒落な洋服がけっこう安い値段で買えることが挙げられます。それに、色の方も日本のファッションアイテムにはないようなものがたくさんあります。

取り扱い人気商品

そんなアメリカンアパレルの人気アイテムには、トートバッグやリュックなどがあります。また、Tシャツやパーカーも大人気のアイテムとなっています。

関連リンク

Ethically Made – Sweatshop Free | American Apparel