「アシックス」ってどんなファッションブランド?

view71

アシックスは、神戸に本社を持つ世界的なスポーツ用品ブランドです。スポーツシューズやスポーツウェアなどを主に販売しています。バレーボールシューズなどを独自に開発したことでも知られています。

歴史

1949年に、鬼塚喜八郎氏が鬼塚商会を開きました。これが、今のアシックスの始まりであるといわれます。鬼塚喜八郎氏が、裸足で走ることで知られていたアベベというマラソン選手にスポーツシューズを提供しました。その後、アベベは権威ある大会で優勝し、それによってオニツカタイガーのスポーツシューズの素晴らしさが広まりました。1953年になると、メルボルンオリンピックにおいて日本の選手たちが履くための公式シューズとしてオニツカタイガーのシューズが選ばれました。1966年には、陸上競技のための新しい形のスパイクを提案します。それは、スパイクの靴底にあるピンを取り替えられるようにしたシューズでした。これは、スパイクが長持ちするため、経済的にも助かるものでした。1977年には、株式会社アシックスに社名が変更されています。その後、マラソン競技用のシューズなども開発され、アシックスのシューズはスポーツを愛する一般の人々にも広まりました。バレーボールシューズも独自に開発され、ジャンプしても靴底の衝撃を吸収してくれたり、使っていても擦り減りにくい素晴らしいシューズが作られます。このように、アシックスは常にスポーツのための優れたシューズを開発し続けています。2002年には、オニツカタイガーというブランドも復活させ、一般の人々に向けたスポーツシューズなどを提案し続けています。

ブランドの特徴

このアシックスの特徴は、日本人のマラソン好きな人々に最も人気があるメーカーとなっていることです。様々なランナーの足に快適にフィットするように、足の甲のサイズもいろいろと用意されています。このブランドのシューズなら、足にストレスがかからずにラクに走れます。

また、アシックスの魅力として、スポーツ専用の様々なスニーカーやシューズが販売されていることが挙げられます。たとえば、一般の人々にも人気のあるランニングシューズは、特にアシックスのものを使っているというユーザーが多いです。軽くて履き心地が良い、といった機能性を重視している人が多く、値段の方も8000円~1万円ぐらいするシューズがよく売れています。

取り扱い人気商品

そんなアシックスでは、やはりスニーカーなどのシューズが人気です。たとえば、復刻ブランドのオニツカタイガーの人気スニーカーとして、タイガー・コルセア、メキシコ66、メキシコ・ミッドランナーなどがあります。どれも、とても人気を持っており、日本だけでなく海外からも購入する人が多いです。

関連リンク

アシックス Japan | スポーツシューズ & スポーツウェア