ヘアアイロンのおすすめ人気ランキング10選【1台あれば理想の髪型を簡単にセット!】

売れ筋の人気ヘアアイロン10商品を徹底的に比較しました!

ヘアアイロンと聞くと「女性のアイテム」というイメージを持つ方は少なくないですよね。
しかしクセ直しやボリューム感アップなど、メンズヘアにもヘアアイロンは大活躍するので、髪型にこだわりたい方は1台持っておくと非常に便利です。

しかしヘアアイロンの種類や仕様は製品により異なり、製品選びに苦労することもしばしば。
そこで今回はヘアアイロンを賢く選ぶ方法を解説します。

さらにおすすめのヘアアイロン10選もご紹介します。
AretiやSALONIAなどの有名メーカーの品も取り上げますので、参考にしてみてください。

ヘアアイロンとは?


参照:Amazon

ヘアアイロンとは、髪にかける小型のアイロンのことです。
フラットなプレートやパイプ状のプレートを温め、熱の力で髪の毛をスタイリングします。

ヘアアイロンはストレートタイプカールタイプとに大別されます。
ストレートタイプは髪をまっすぐ整えたい場合や軽くうねりを付けたい場合に便利です。
カールタイプは、名前の通り髪をカールさせたい場合に使います。

一般的なメンズヘアスタイルに使う場合は、ストレートタイプを選ぶのが無難です。
上手に使えばこだわりの髪型にも無造作ヘアにも簡単にセット可能です。

ヘアアイロンの選び方

ヘアアイロンと一口に言っても、機能や用途は多岐にわたります。
プレートサイズ対応温度・起動の速さなどを軸に製品選びをするとスムーズです。
各ポイントを詳しく解説します。

【プレートサイズで選ぶ】髪の長さに合わせて

熱を帯びるプレートは、製品によりサイズが様々で、幅広のプレートや狭いプレートなどがあります。
どのサイズが良いかは、髪の長さによって変わります。

短髪なら「スリムサイズ」


参照:Amazon

それほど髪が長くない場合は、スリムサイズがおすすめです。
短髪だと、髪全体ではなく部分的にスタイリングすることが多いからです。
幅広のプレートだと、熱をかけたくない部分まで巻き込んでしまいます。

具体的には、幅が9〜25mmほどのものをおすすめします。
毛先だけを調整したいという場合には、可能な限り幅が狭いものがおすすめです。

長髪なら「幅広サイズ」


参照:Amazon

比較的髪が長い方は、幅広サイズがおすすめです。
幅広だと多くの髪をまとめて挟めるため、時短になります。

具体的には、肩付近までの長さなら30mm前後のものが良いです。
鎖骨付近まで長さがあるなら、40mm以上のものが適切でしょう。

【対応温度で選ぶ】髪質やシーンに合わせて


参照:Amazon

ヘアアイロンのプレートは、製品により出せる温度が異なります。
低いものは60℃ほど高いものは230℃ほどまで出力可能です。

温度が高いとスタイリングしやすいですが、髪へのダメージは大きくなります。
一方低いとダメージは少ないですが、クセを付ける力が弱く、時間がかかります。
そのため髪質や利用シーンに合わせた選び方が大切です。

例えば髪質が柔らかい方や細めの髪質の方は、低温でスタイリングするのがおすすめ。
またヘアカラー剤は熱耐性があまりないため、カラーリング後も低めが無難です。
このような場合、140℃前後の出力に対応している製品をおすすめします。

一方、クセが強い髪をアレンジしたい場合素早く髪をセットしたい場合は高温でのスタイリングがおすすめです。
具体的には200℃前後の出力に対応しているものが役立ちます。

多くの製品は140℃~200℃前後の出力に対応していて汎用性が高いです。
しかし髪へのダメージが特に気になる方や、髪のクセがかなり強い方は、低温と高温それぞれの出力範囲の幅がより広いものを選ぶと良いでしょう。

【起動の速さで選ぶ】時間的余裕に合わせて


参照:Amazon

ヘアアイロンは電源を入れた瞬間にプレートが熱くなるわけではありません。
ある程度時間をかけて徐々に熱くなります

一般的には1分もあれば十分使い始められますが、製品の中には30秒ほどでクイックスタートできるものがあります。
朝における1分は貴重なので、忙しい方は起動が速いものが良いです。

また、プレートと髪が触れると温度は下がってしまいますが、温度上昇速度が速いと、温度を素早くリカバリーできます。
髪を熱する時間が短いほどダメージレスになるため、高温で使用する場合に特に便利です。

ヘアアイロンのおすすめ人気ランキング10選

ヘアアイロンの選び方が分かってきたら、いよいよ製品選びを始めましょう。
これからおすすめのヘアアイロン10選をご紹介します。
各製品の特徴を解説するので、上記の選び方のコツを踏まえつつ検討してみてください。

1位

低温から高温まで幅広くカバー!立ち上がりもスピーディー

Areti i628は、80℃~200℃までの温度に対応した万能ヘアアイロン。
細めのヘアにもクセ毛にも使用可能で、ユーザーを選びません。
プレートの長さは112mmと長めで、まとめてセットしたい方にも最適です。

起動も速く、わずか30秒で170℃まで到達するため、朝の忙しい時間に重宝します。
また15分で自動的に電源を落とす機能も付いており、安全性も考慮されています。
最大3年間の保証がつくのも安心です。

プレートサイズ スリムサイズ(15mm)
対応温度量 80℃~200℃
起動の速さ 30秒(170℃)

2位

最高230℃までの高温対応で、素早いセットを実現!

SALONIA ストレートアイロンは、最高230℃という高温を出せるヘアアイロン。
縮毛矯正で使用するレベルの温度に対応していて、プロ仕様の出力でセットできます。

カラーによりプレートのコーティングを選べるのもユニークポイントです。
耐久性の高いチタニウムコーティングと、滑らかな使い心地が魅力のセラミックコーティングがあり、カラーや使用感に合わせた選択ができます。

プレートサイズ スリムサイズ(24mm)
対応温度量 120℃~230℃
起動の速さ 30秒(120℃)

3位

ダブルイオン効果でダメージを軽減!5℃間隔の設定も便利

SALONMOON ダブルイオン 24mmの魅力は、ダブルイオンによる髪の保護機能
高密度ミラーイオンチタニウムプレートと、マイナスイオン発生装置のダブル効果で、キューティクルを保護しつつ短時間のスタイリングを可能にしています。

また温度を5℃間隔で設定できるのも秀逸。
髪質に合わせた細やかな調整ができるため、家族と共有することも可能です。

プレートサイズ スリムサイズ(24mm)
対応温度量 80℃~230℃
起動の速さ 60秒(180℃)

4位

11mmプレートで細やかなセットがスムーズ!

MOCREO ストレート カール ヘアアイロンは、幅11mmのスリムプレートを採用したヘアアイロン。
細部に至るまでスタイリングしやすく、ショートヘアでも難なくセットできます。

約30秒で180℃にまで達する急速加熱機能があり、素早くアレンジしたい場合にも便利です。
またプレートからは高密度マイナスイオンが放出され、静電気を抑制してくれます。

プレートサイズ スリムサイズ(11mm)
対応温度量 130℃~230℃
起動の速さ 30秒(180℃)

5位

ADST Premium DS2 FDS2-25
ハッコー

AHSヒートテクノロジーで髪質に合わせたモード選択が可能

ADST Premium DS2の特長は、髪質に合った処理ができるAHSヒートテクノロジー
髪の根元から毛先までしっかり熱を加えたい場合は「パワーモード」、根元はしっかりかけて毛先はダメージを少なくしたい場合は「ダメージモード」と使い分けできます。

またプレートには水分コントロールを行うスチームドレインが付き、蒸気熱の排出が効率よく行われるため、時短になります。
値段が高いのが難点ですが、プロの美容師も愛用する実力派のヘアアイロンです。

プレートサイズ スリムサイズ(25mm)
対応温度量 60℃~180℃
起動の速さ -

6位

高い熱伝導率の赤外線放射特殊プレートで、低温のスタイリングがスムーズ

OnedamAHI-251は、熱伝導率が高い赤外線放射特殊プレートが特長のヘアアイロン。
従来の製品より低温で効率的なスタイリングができるため、髪へのダメージが心配な方におすすめです。

またクッション付き特殊加工プレートを搭載しているので、少しの力でしっかりスタイリングできます。
60℃の低温設定にすればウィッグやエクステに使用することも可能です。

プレートサイズ スリムサイズ(25mm)
対応温度量 60℃~200℃
起動の速さ -

7位

35mmの幅広プレートでロング・ボリューミーなヘアでもスムーズにセット

SALONIA ストレートアイロン 35mmは、35mmの幅広プレートを搭載しています。
まとめて髪に熱をかけられるため、ロングヘアやボリューミーなヘアも時短でスタイリング可能です。

また、もつれを防ぐ360度回転コードを搭載しているため、初心者でも取り回しがしやすいです。
さらに海外対応の電圧仕様なので、海外旅行や海外出張が多めの方にも役立ちます。

プレートサイズ 幅広サイズ(35mm)
対応温度量 120℃~230℃
起動の速さ 30秒(120℃)

8位

コードレス&USB充電で外出先での利用が楽々

Salon Depot コードレス2wayヘアアイロンは、コードレスタイプのヘアアイロン。
パワフルな自動車用電池を採用していて、最高40分以上の連続使用が可能です。

また充電はUSBで気軽にできるため、外出先でも重宝します。
プレートは熱伝導率に優れたセラミックで、短時間でツヤサラヘアを演出できます。

プレートサイズ スリムサイズ(18mm)
対応温度量 160℃、180℃、200℃
起動の速さ -

9位

30秒で150℃まで急速加熱可能!クッション機能で枝毛や断毛を予防

SALONSKY·HS ヘアアイロンは、30秒で150℃までの温度を出せるので、朝の忙しい時間にもあっという間にスタイリングを開始できます。
150℃以上の高温出力がメインで、最高到達温度は230℃もあり、クセ毛に強いです。

またクッション機能により髪への余分な圧力を逃がせる設計になっています。
これにより摩擦ダメージが減り、枝毛や断毛を防ぐことも可能です。

プレートサイズ スリムサイズ(25mm)
対応温度量 150℃~230℃(150℃、170℃、190℃、210℃、230℃)
起動の速さ 30秒(150℃)

10位

スムースセラミックコーティングで髪への摩擦ダメージを軽減!

パナソニック EH-HV17-Kは、スムースセラミックコーティングが施されたヘアアイロン。
従来より滑りやすさが25%もアップしていて、髪への摩擦を抑えられるのが長所です。

コンパクトサイズでキャップや耐熱ポーチも付いているため、携帯性も抜群
自動電圧切り替え機能で海外での使用も楽です。

プレートサイズ スリムサイズ(-mm)
対応温度量 160℃
起動の速さ 約60秒(-℃)

おすすめ人気ヘアアイロン比較一覧表

1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
商品画像
プレートサイズ スリムサイズ(15mm) スリムサイズ(24mm) スリムサイズ(24mm) スリムサイズ(11mm) スリムサイズ(25mm) スリムサイズ(25mm) 幅広サイズ(35mm) スリムサイズ(18mm) スリムサイズ(25mm) スリムサイズ(-mm)
対応温度量 80℃~200℃ 120℃~230℃ 80℃~230℃ 130℃~230℃ 60℃~180℃ 60℃~200℃ 120℃~230℃ 160℃、180℃、200℃ 150℃~230℃(150℃、170℃、190℃、210℃、230℃) 160℃
起動の速さ 30秒(170℃) 30秒(120℃) 60秒(180℃) 30秒(180℃) - - 30秒(120℃) - 30秒(150℃) 約60秒(-℃)
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ヘアアイロンの使い方のコツについて

ヘアアイロンを使う際には注意点と使い方のコツがあります。
安全かつ効率的にヘアアイロンを使うためのポイントをご紹介します。

髪を乾かしてから使う


参照:GATSBY公式サイト

髪を濡らしてからヘアアイロンを使うのはNGです。
熱によって水分が蒸気になると、顔や手を火傷する恐れがあるからです。

さらに濡れた髪の水分が蒸発すると髪へのダメージが起こります。
もしアイロンをあてて水分が蒸発するような音がしたら、まずはしっかり乾かしましょう。

アイロンを素早く動かす


参照:GATSBY公式サイト

髪はタンパク質が主成分です。
髪にアイロンの高熱をかけ過ぎると、タンパク質が変性してダメージを受けてしまいます。

そのため同じ部位に長い時間あてるのではなく、サッと動かすようにあてるのがベストです。
また1回あたりにかける時間が短くても、同じ場所に何度も熱を加えるのはNGです。

メンズシャンプーなら、こちらもチェック!

ヘアアイロンが見つかったら、次は頭皮に優しいメンズシャンプー選びをしてみませんか?
臭いや乾燥など頭皮の悩みに合うシャンプーを使うと、ヘア環境をさらに改善できます。
メンズシャンプーのおすすめ人気ランキングはこちらをチェック!

メンズシャンプーのおすすめ人気ランキング19選【市販シャンプーじゃダメ?】続きを読む»

まとめ

ヘアアイロンは、プレートサイズ対応温度・起動の速さを考えて製品を絞り込むと、満足度の高い一品を見つけやすいです。
理想のヘアをサポートしてくれる1台を見つけて、外出時間をオシャレにキメましょう。