メンズファッションプラス > 【2018年流行のメンズファッション】夏服コーディネート術

MEN’SFASHION SUMMER ITEM おすすめ着こなし&コーデ術

長い休みを使ってレジャーを楽しむことが増える季節、夏。しっかり楽しむためにも私服選びは大切です!
2018年の夏のトレンドを抑えたおすすめアイテムとコーデ術をご紹介します!
たった1ページ!このコラムさえ読めば今年の春コーデは完璧です♪

2018年の夏服選びで最も気をつけたいポイントは、
トータルバランスをしっかり考える!ということ。

気温が上がり体温調節のために、シンプルな服装になりがちな夏は、実はとってもコーデが難しい季節。アウターを羽織らないことが多いので、トップスの面積が大きくなることがその原因です。おまけにTシャツやポロシャツなどメンズアイテムってもともとシンプルなデザインが多いため、気が付いたらコーデがマンネリ化・・・なんてこともよくあります。

特に流行を取り入れる場合は、引っ張られすぎないことがとても大切!

例えばトップスだけバッチリキマっていても、他のアイテムとのバランスが悪ければ、たちまちダサコーデに早変わりしてしまいます。それを防ぐためには
「一枚でかっこいいアイテム」よりも「手持ちのアイテムとバランスがいいアイテム」を何枚か揃えておきましょう。

またトップスのトレンド性やデザイン性よりも重視すべきは清潔感
夏は冬よりも白やグレーなど明るく爽やかな色を着る機会が、ぐっと増えます。
そして夏アイテムは通気性を重視する生地が多いので、ヨレやすくシミが残りやすいことが多いのです。そのため着まわしの頻度や手入れ方法によっては、1シーズン乗り越えられないことも・・・。
いくら着まわしやすいトップスだからといって、着まわしすぎはNG。むしろ他の季節よりも洗い替えを多く用意しておくと、ここぞ!というときにシャキッとした清潔感あふれるコーデができますよ!
さて、それではこの夏に使うべきアイテムや着るべきコーデについてお話しましょう。

1この夏のトレンドを要チェック!

夏コーデの基本となるアイテムとは?

まず声を大にして言いたいのは、ボーダーを制するものは夏を制する!ということ。もしかしたら「柄物なんて子供っぽい!」と思うかもしれませんが、ボーダー柄であればそんなところはありません。効果的に使えば、どの年代でも問題なく着こなせます。

ではなぜあえて夏にオススメかというと、「簡単に季節感がでる」の一言に尽きます。
夏、と聞いてまず多くの人が思い浮かべるものといえば、海ですよね。「マリンコーデ」という言葉もあるように、水平線をイメージしやすいボーダー柄は、夏の季節を表すのにぴったりなんです。無地に飽きてきた人の、初めての柄物としても打ってつけです。

ボーダーを選ぶ際に気をつけたいポイントは、ボーダー柄は構成している要素がシンプルなため、線の間隔や太さが大きくコーデに影響してくるということです。大人っぽいコーデを目指すなら濃い線が細く、感覚が広いボーダー柄を選ぶようにしてください。
またサイズ感も大きく関わってくるので、試着をしてじっくりと自分にあった、ボーダー柄を選ぶと、夏らしいボーダー柄のコーデに仕上がります。

ボーダーを大人カラー
で包むのがポイント
商品ページへ

ボーダー柄が少し子供っぽく感じる人に一番試してみて欲しいのがこのコーデ。ボーダー柄をグレーとベージュの大人カラーで包むことで、柔らかい大人のカジュアルスタイルが完成しました!ジャケットはあえて木柄を選ぶと、ボーダーの横柄が馴染んで自然に見えますよ。

主役になれる
インパクト大なトップス
商品ページへ

太めのボーダーがインパクト大なトップス!柔らかなグレーで優しさを演出させてくれます。インパクトが大きいので、あとは無地のジーパンやチノパンなど地味なアイテムでOK!適度な抜け感を保持しながら、おしゃれな雰囲気にしてくれますよ。

夏のデートにおすすめ!
3色モノトーン
商品ページへ

さりげないトップスのグレーと白黒がきつすぎないモノトーンを作ってくれる、おしゃれコーデ。カラーアイテムは一切なし!という点は色使いに自信がない人にとってはうれしいですよね。王道の黒パンツはオールシーズン使えるので、着まわし力とかっこよさどっちも求めている人におすすめです。

2おすすめおしゃれコーデはこれだ!

今年の夏は、春に引き続き「リラックス」がテーマ

トレンドよりもバランスの方が重要ではありますが、適度にトレンドを押さえておくことはお洒落さんへの第一歩。同性に嫌われない程度に、女性へのアピールをすることができます。
そこで取り入れたい今年のトレンドが、リラックススタイルです。リラックススタイルとは、リネン素材やビッグシルエットなど着心地がゆったりしているアイテムをコーデにとりいれることで、抜け感を出すスタイルのこと。上手に取り入れてみると、モード感とカジュアル感を持ったコーデが完成します。
しかし、勘違いしないでいただきたいのは、リラックススタイルはだらしなさではなく「大人の余裕」だということ。ただリラックスさ、つまり着やすさだけを求めていると、部屋着のように見えたり、おしゃれに気を使っているはずなのに逆に無頓着だと思われたりしてしまいます。
リラックススタイルを作るコツとしては、リラックスアイテムは取り入れても2つまで!特にトップスにゆったりとしたアイテムをとりいれると、シルエットを意識したコーデができます。
また体型が大きく見えるから…と気にしている人は、ゆったりシルエットよりもロング丈のトップスを選んでください。リラックスしていても、着痩せ効果が期待できます。

ゆったりトップスは
シメ色で調和
商品ページへ

大きく見られがちなビックシルエットをシメ色を使うことで、着膨れしすぎない落ち着いたトップスになりました。綿100%の柔らかいシャツなので、トレンドと着心地を兼ね揃えたい時に重宝します。

デニムパンツで
贅沢なモード感と抜け感
商品ページへ

黒だけではやっぱり夏は重たい!そんな時、色あせたデニムパンツと合わせると黒のモード感とデニムの抜け感を同時に醸し出すことができます。トゲトゲしたモード感よりも柔らかい印象の方が、親しみやすさが増しますよね。

ナチュラルなグレーで
休日感!
商品ページへ

優しいグレーを用いることで、ナチュラルな休日感が演出できます。普段私服で過ごすことが多いときに、このTシャツを着ると特別感が出るので夏のデートに着ていくのがおすすめ。

優しいブルーと合わせて
抜群のバランスに
商品ページへ

体のシルエットが見えづらいグレーは、細身のデニムパンツでYシルエットを狙えば上級者コーデに早変わり。優しいブルーのダメージジーンズを合わせれば、トレンドはきっちり掴んでいるのに、気取った感じを一切感じさせません。

夏らしい白を
感大きく見せる
商品ページへ

夏は爽やかさが求められる季節。ならば直接的に白を取り入れるのもひとつの手段といえるでしょう。無地の白Tシャツってありがちなようで、カッコいいものが見つけづらいアイテムですよね。ビックシルエットなのに主張しない無地Tシャツは、インナーとしても着られますよ。

爽やか
ナチュラルコーデ
商品ページへ

白をベースにしたナチュラルコーデは、まさに休日感と爽やかさを一気に演出してくれます。袖の大きさやアンクルパンツの長さがコーデに大きく関わってくる組み合わせで、一見手抜きに見えても計算し尽くされたバランスが女子にささるはず。

白を上手に使おう

白といえば清涼感と清潔感を備えている色で、夏のコーデには外せない色ですよね。特に今年は一番のトレンドの色として注目されているので、取り入れるなら今!
エレガントなイメージを簡単に出せる白は、やっぱり顔が明るく見えるトップスに取り入れるのがベストです。無地でも大人感がでるので、年齢問わず使いこなしたいカラーと言えます。

ちらっと見えるボーダーが
可愛いアンサンブル
商品ページへ

ボーダーのタンクトップがセットのアンサンブルは、裾口からちらりと見えるボーダー柄が可愛さを演出してくれます。ゆるっと着られる、休みの特別感を出すのに最適なアイテムです。

カーキ色は
男度アップのカラー
商品ページへ

柔らかいカーキ色は中間色のイメージが強いですが、男度を上げてくれる大事な要素です。ボーダーの可愛さを緩和したストリートなカジュアルスタイルを作ってくれます。カーキをボーダーとして取り入れることで、白の清潔感を主張しつつ押し付けすぎない技ありトップスです。

浅めのVネックは
適度な露出が可能
商品ページへ

浅めのVネックは適度な爽やかさと男らしさを出すための大事な要素です!7分袖のアイテムですが、スッキリとしていて暑苦しさを感じさせないデザインですよね。

夏の定番!マリンコーデ

「夏らしさってなんなんだ?!」と考えてしまう人にオススメの初心者向け夏コーディネートがマリンコーデです。
マリンコーデと、海兵をイメージしたコーディネートのことを言います。昔からあるコーデで、以前は海兵要素強めのものが流行りましたが、さりげなく取り入れるのが今風。わざとらしい要素を入れてしまうと、時代遅れ感が出てしまいます。ただ、今ではすっかり定番化してきているコーデなので、ぜひ取り入れたいところです。夏らしさを手軽に演出できるので参考してくださいね。

王道マリンカラーで
海デートをGET
商品ページへ

白とネイビーをベースに取り入れるのがマリンコーデの基本と言えるポイント。Tシャツと足元の露出が海っぽさをアップしてくれるので、海辺のデートだってできちゃいます。スニーカーをサンダルに変えると、より夏らしさを出すことができますよ。

ストリート系の
爽やかマリンスタイル
商品ページへ

がっつり海系!なんて恥ずかしい…って人には、こちらのストリートなマリンコーデがおすすめ。ボーダーには黒ではなくネイビーを取り入れることで、爽やかさと親しみやすさがプラスされます。トップスは2枚セットなので、別々に着ることも可能ですよ!

ネイビーのシャツが
大人の夏を演出する
商品ページへ

爽やかさが重要な夏ではライトアウターに白を選択しがちですが、あえてのネイビーで社会人でもできるマリンコーデにしました。ライトアウターはコーデの中でも見える面積が大きいので、色を変えるだけでも雰囲気がガラッと変えることが可能です。ぜひマンネリ化脱却の鍵にしてください!

3Tシャツ(カットソー)の
爽やか着こなし術

夏コーデを考える上でTシャツは絶対に外せないアイテム。ただしっかり選ばないと子供っぽく見られがちです。そう見られないためには、シンプルな色使いのもの、例えばモノトーンのアイテムや無地のアイテムを中心にするといいでしょう。

もちろんシャツや薄手のパーカーなどのライトアウターと一緒に着るのもいいですね。その際は色味に注意して、暑苦しくならないようにしたいところ。また、ブレスレットやネックレスなどのアクセサリーを用いると、脱・地味ができるのでオススメ。

一味変わった
切り替えが刺激に
商品ページへ

変化をつけたボーダーだけでなくパイル地の切り替えが、コーデに変化をあたえてくれるアイテム。立体的な素材で線を描くことで、コーデに刺激を与えてくれます。トップスのインパクトがあるので、腕周りにブレスレットでボリュームをつければ、抜けすぎないおでかけコーデに。

シンプルが
ちょうどいい
商品ページへ

ネイビーと白だけを使ったコーデ。普段ならさみしくなりがちな2色コーデですが、変化のつけたボーダーの魔力でシンプルだけど一味違う、そんなコーデにまとまりました。

白ポロシャツは
さわやかさの象徴!
商品ページへ

キナリのシャツは、他のアイテムの邪魔をせずにこなれ感を出してくれるので、様々なコーデで着回すことできます。Uネックの適度な首元の露出とやや薄めの生地感が、暑い夏から秋までの大活躍!

デニムで海色に
染めた夏コーデ
商品ページへ

どんな色にも染まってくれるグレーのトップスをインディゴのデニムと合わせて、海っぽいイメージに収めたコーデです。色の差がはっきりしているので、一見ごまかしがきかないTシャツでも自然と着痩せ効果がでます。

ランダムなテレコが
着痩せ効果あり
商品ページへ

夏は体型のごまかしが効かない!そう思っていませんか?確かに薄着なので難しいこともありますが、実はこちらのアイテムのような縦ストライプを用いれば簡単にできるんです!シンプルな色使いなのに、立体的なテレコが体型をスッキリ見せてくれるので着痩せ効果バッチリ。ごまかしができない夏を乗り切れます。

優しい色合いを
ジーパンでトーンアップ
商品ページへ

グレーのインナーと優しい水色の大人カラーを、ジーパンでトーンアップしました。動くたびにちらっと見えるテープラインがおしゃれに見せてくれます。ストレートラインのジーパンはナチュラルに見せつつも、頼り甲斐のある男に見せてくれるベストアイテムですね!

3818 件中 1-8 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ




3818 件中 1-8 件表示  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ

4ポロシャツの爽やか着こなし術

ポロシャツはオジサンくさい?いいえ、そんなことはありません! 襟元のパリッとしたポロシャツは爽やかな印象を与えてくれる ので、夏には絶対使いたいアイテムです。通気性もいいので、涼しくお洒落を楽しむことができますよ。ライトアウターなどに頼らなくても1枚でカッコいいので、お財布にも優しいと言えるかもしれません。

色の切り替えが
大人らしさ満点
商品ページへ

黒×紫という人によってはなかなか手が出ない組み合わせのアイテム。ただ襟元、袖口、裾だけなので奇抜な印象は全くありません。むしろ「大人の差し色コーデ」ができるので、周りと差をつけることができますよ。

他のアイテムは
シンプルに
商品ページへ

オーソドックスなベージュのパンツと合わせれば、休日のお出かけコーデに。革のアクセサリーや腕時計などとの相性もバッチリです。靴はスニーカーよりかはオックスフォードシューズなどを選ぶとより大人感アップ。

白ポロシャツは
爽やかさの象徴!
商品ページへ

ただ白いだけじゃない!ボタン裏のブルーが差し色になってまさに夏にピッタリの清潔感を感じさせてくれます。ホワイト無地のトップスに抵抗感がある人でもこれなら問題なく手を出せるのではないでしょうか。

上品なレジャースタイルの
出来上がり
商品ページへ

カーキのクロップドパンツと合わせたスタイルがこちら。気取らないお洒落は海、山、公園…どんな屋外エリアとも調和してくれます。アクセサリーはブレスレットやアンクレットが吉。

差し色が柄でも
うるさく感じさせない
商品ページへ

こちらはブラックの無地に、明るめのボタン裏のラインと、襟元、ボタン裏、袖口のストライプの柄が差し色となっているアイテム。カラーとしては多くの色を使っているものの、すべてがさりげないので気軽に着ることができます。

夏・モノトーン
スタイル
商品ページへ

ホワイトのクロップドパンツと合わせれば夏らしいモノトーンコーデの出来上がりです。見せている肌の面積が大きいので暑苦しさを感じさせません。靴がブラックでもOKです!

他にもオススメポロシャツがいろいろ! 最新アイテムをチェックです☆

5シャツの爽やか着こなし術

この時期のシャツは暑苦しい印象がどうしても拭えないかもしれませんね。確かにシャツが制服とも言えるサラリーマンを見ると、この時期は吹き出る汗を拭いながら街を歩いているイメージがあります。でもファッションにおいては、シャツはこの時期でも万能アイテムなんです。

もちろん1枚で着てもいいのですが、大事なのはライトアウターにもなる、ということ。 つまり使い方の幅がとても広いんです!!それに室内はクーラーが効きすぎてて寒い、なんてこともあるこの季節、クーラー対策としても重宝します。1枚持ち歩くようにしていてもいいですね。

爽やかブルーのシャツは
マストアイテム
商品ページへ

ブルーのシャツは定番ではありますが、なかなか手が出しづらい人も多いのでは?でも寒色系のカラーには体感温度を下げる効果があるそうなので、夏には絶対使いたいアイテムです。

海が似合う
シャツスタイルです
商品ページへ

インディゴカラーのデニムパンツとホワイトのスニーカー、そしてブルーの半袖シャツ。爽やかさをほしいままにしています。海で遊ぶ、というよりかは堤防に腰掛けて夕日を眺めている様子がサマになるコーデです。

肌面積が大きければ
ブラックも◎
商品ページへ

光沢感のあるブロード素材を使用したブラックシャツは、夏ではなかなか出しにくいドレッシーな印象を持たせることができます。素材がさらりとしているので涼しく着られる点もポイント。

ライトアウターにして
さらに夏らしく
商品ページへ

黒一色のトップスが気になるのであれば、インナーに白のような明るめカラーを利用しましょう。ボトムスも黒やネイビーなどの暗めの色を避けて、ベージュや明るめのカーキなどを利用するのが吉。アクセサリーでアクセントをつけると男らしさが強調されてカッコいいです。

素材感でも
涼しさを狙う
商品ページへ

綿麻素材は見た目も着心地も涼しい、夏らしい素材と言えます。シャツですがオリエンタルな雰囲気もほのかに感じさせるので、クロップドパンツなどの短め丈パンツとの相性もバツグンです。

お出かけの時は
ライトアウターで
商品ページへ

ボタン裏のラインを活かすためにはやはりライトアウターとして使うのが一番。こちらはカモフラ柄のボトムスと合わせたスタイルです。長いズボンを履く際は、このようにロールアップして足首を見せるといいですね。

他にもオススメポロシャツがいろいろ! 最新アイテムをチェックです☆

6大学生のおしゃれコーデ術

春の出会いを深めていくのが夏の醍醐味です。夏休みになればサークルでの集まりがあったり友達と旅行に行ったりと、イベントが目白押し。しかし何をするにもお金が必要な大学生は、着まわしがきくコーデが知りたいところですよね。そこで、 女性から「カッコいい!」という高評価をもらいながら、ちゃっかり着まわしできるお手軽なコーデ術を紹介します。

モノトーン系は
オールラウンダー
商品ページへ

着回し力が高いと言えばやっぱりモノトーン!面白みに欠ける…という意見もあるかもしれませんが、基本のキとして夏でも絶対に押さえておきたいところです。こちらは肌に近いインナーに白を使うことで夏らしく仕上げました。さりげないカモフラ柄が男らしさを引き上げてくれるので、地味になりすぎません。

清潔感が好印象な
シンプルコーデ
商品ページへ

やはり白色は全ての爽やかさの源。インナーとしてもアウターとしても大活躍できる逸品です。こちらのコーデはすべて着回し力の高いアイテムで構成されていますが、特徴は何と言ってもネイビーのアンクルパンツ。ゆるいカッコよさは広めのラインならではです

ジャケットで
お兄さん風をゲット
商品ページへ

お手軽にお兄さん風をゲットしたいなら、サクッとジャケットでレイヤード作ってしまうのがおすすめです。ブラック、ホワイト、ブルーとコントラストがハッキリしていますが、よいバランスでまとまっている上級コーデと言えます。

7高校生のおしゃれコーデ術

普段は制服に頼っていても、夏休みばかりはそうもいきません。夏になってから慌てて揃える前に、早いうちからカッコいいアイテムを揃えておきましょう。
高校生の場合は、 無理してシャツやポロシャツなどの大人っぽいアイテムを用いるよりもパーカーやTシャツなどカジュアルなアイテムを利用するのがオススメです。柄物や派手なカラーを避け、シンプルなデザインを選ぶだけでも、かっこよさがアップしますよ!

印象的なロゴTとシンプルなボトムスで印象アップ
商品ページへ

前面に大きく英文が書かれたTシャツは、それだけで印象づけることができるので他のアイテムはシンプルにするのがオススメ。ジョガーパンツは大人っぽさを保持しつつ、スカした感じを見せません。英字のロゴTを選ぶ際は、意味としても恥ずかしくないものを選んでくださいね!

黒のチェックパーカーで
程よい可愛さを狙う
商品ページへ

とにかく高校生はやんちゃさや可愛さをコーデに取り入れやすい年齢。とはいえやりすぎると子供っぽく見えてしまいます。こちらのコーデは裏地にチェック柄を用いることで、あざとすぎない可愛さとカジュアルさを出してくれるパーカーがポイント。パーカーが主役になってくれるので、インナーとボトムスは控えめでも十分コーデのバランスが取れます。

爽やかな南風を連れてくるマリンコーデ
商品ページへ

やっぱり夏はレジャーでしょ!という時に最適なコーデです。ネイビーと白というマリンなベースカラーで、スポーティなーパーカーを取り入れることで、レジャー感を出しました。裏地から覗くボーダー柄が顔まわりを華やかにしてくれるので、小顔効果もあります。

820〜30代社会人向け
大人のコーデ術

スーツで過ごすことが多い社会人。ちょっと私服に対してはいい加減になってしまう人も多いのでは?この年になるとどんな格好をすればいいのかわからない…という人に気をつけてほしいことは、 ほどよく大人感を漂わせつつ、普段のシャツスタイルとは異なったコーデをしなければいけない、ということ。そこで例えばどのような格好がいいかをご紹介しましょう!

五分袖ジャケットは
ちょうどいいバランス
商品ページへ

半袖でもない長袖でもない、五分袖はハンパ丈ライトアウターが持つ軽さと爽やかさのいいところだけをとっています。こちら、トップスはアンサンブルなのですが、インナー、ライトアウターともに着回し力が高め。インナーのプリントは若さを感じさせてくれますが、モノクロでカッコいい印象です。

クロップドパンツが
夏らしさをプラス
商品ページへ

ゆったりとしたカーディガンとクロップドパンツが、肌面積こそ少ないもののゆるっとした夏らしさを醸し出しているコーデ。カーディガンのような柔らかいアイテムは、クーラーの寒さに震えている彼女の肩にそっとかけてあげる…なんていうシチュエーションもできちゃいます。

かっちりアイテムを
用いて大人スタイルに
商品ページへ

大人っぽいアイテムといえば、やっぱり襟付きのシャツですよね。インナーとして用いるとスーツっぽさがにじみ出てきてしまうので、夏はアウターとして用いるのがおすすすめです。7分袖や柔らかい素材など、カジュアルな形にこだわると休日の空気が出せますよ。

9今こそクロップドパンツや
ハーフパンツを使うとき!

40代の男性は大人っぽく、と思うと地味になりがち。若い人との一番の違いは、大人の男性が色の差が大きいモノトーンコーデを用いると、年齢感がチグハグになってしまうことです。40代の方には完全なモノトーンよりも 少し灰色かかった「スモークカラー」を用いるのがオススメ。優しい色合いのアイテムを身につけることで、優しくて親しみのある大人な男性を華やかに演出できます。

細めストライプで
落ち着いた雰囲気に
商品ページへ

シャツとデニムパンツの組み合わせは適度な落ち着きと若さを兼ね揃えているので、この年齡になったからこそマスターしたいところ。やはりここはブラックに頼って、キュッと引き締めてみましょう。デニムパンツはほんの少しだけロールアップしてもOK。

ボーダーを使って
リゾート感を添える
商品ページへ

ボーダー柄のアンサンブルを用いた大人のリゾート感溢れるコーデ。ベージュとのギャップがいい味となっています。なるべく柄物をインナーにするときには、アクセサリーを用いらないことがポイント。メインをしっかり設定しておくことで視線が絞りやすく、着てるだけで背が高く見えますよ!

グラデーションで
和らげるのもおすすめ
商品ページへ

こちらはブラック、ホワイト、グレーしか用いていないモノトーンコーデですが、中間色であるグレーを入れることでとっつきやすさを生んでいます。やはりこの時期は黒と白のみで構成するよりは、グラデーションで和らげた方がこなれ感が出ますね。

アウターでごまかせない分とにかくコーデが難しいこの季節。「 40代からの男性は程よいカジュアル感がおしゃれ!夏服メンズファッションのコーディネート。」にて他にもコーデをご紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

10重い冬カラーを脱ぎ捨てて
明るいパンツコーデを!

暑い時期の特権、それはハンパ丈パンツを使える、ということです。「あまり馴染みがないしいいかな」「ちょっと恥ずかしい」そう思ってしまうのは非常にもったいないこと!! それだけで夏感が出るハンパ丈パンツは、夏にとても重宝するのです。単純に涼しいという利点もあるので、ぜひ取り入れてください。

ゆったりネイビーで
ゆるいお洒落を
商品ページへ

広めのシルエットと鮮やかなネイビーが印象的なアンクルパンツ。ゆるめシルエットのアイテムはどうしても難しいという印象があるかもしれませんが、トップスまでゆるくしなければOKです。シャツやパーカーと合わせてもカッコいいですよ。

アースカラーでもクロップドパンツなら夏らしい!
商品ページへ

カーキのようなアースカラーは夏には不向きかと思いきや、クロップドパンツにすると夏らしいファッションを作ることができます。足元は明るいカラーの靴を履いて、コントラストを楽しむといいですね。

履き心地にも
こだわりたい季節だから
商品ページへ

暑い時期にぴったりの、ウエストゴムタイプのクロップドパンツです。ハンパ丈パンツ初心者さんにも手が出しやすいベージュカラーは使いやすさもバツグン。手持ちのアイテムとすぐ組み合わせることができますよ。

11サンダル以外も揃えておきたい!
この夏オススメの靴とは?

コーデも決まったし靴は適当でいいかな〜と思っている人は、靴を履く前にちょっとだけ待っていただきたいところ。その靴は、春からの継続のものではないでしょうか?一見同じ形のスニーカーに見えても、使われている生地の厚みや全体のボリュームでわずかな印象の差を出るのが靴というアイテムです。つまり、 靴もシーズンごとに使い分けることが大切。夏の靴は素材感を意識した軽快なデザインの方がオススメです。この時期ならでは、サンダルに頼るのもいいですが、ここではスリッポンや夏でも履けるかっちりめシューズをご紹介します。

メッシュ素材が
新しくて涼しい!
商品ページへ

スリッポンというのは靴紐や留め具のない靴の総称です。サッと履いて出かけられるので一度履くと病みつきになります。こちらはメッシュ素材を利用している、見た目にも涼しいアイテム。軽くて本当に履きやすいです!

清潔感のあるホワイトで
コーデをまとめよう
商品ページへ

こちらは真っ白に黒のラインでコントラストがハッキリしているスリッポン。とはいえ白の印象が強いので、コーデをまとめつつさらに爽やかさをプラスすることができます。特に暗めのボトムスを履きたい時に重宝するはず。

夏に使えるキレイめシューズを探してるならこれ!
商品ページへ

ちょっとフォーマルな場へのお呼ばれをされる際に困るのがこの季節です。スーツだとかっちりしすぎちゃう、そんな時にはジャケパンスタイルなどを利用すると思いますが、靴が革靴しかない、なんて人も多いはず。そんな時に履ける、一足は持っておきたい万能シューズがこちらのオックスフォードシューズです♪