メンズファッションプラス > 【2018年流行のメンズファッション】春服コーディネート術

2018メンズファッション春服おすすめ着こなし&コーデ術

このコラムさえ読めば今年の春コーデは完璧です♪
春は出会いの季節。初めて会う人に対して気にしたいのが「第一印象」です。実は、第一印象を最も左右するのは服装です。そこで、2018年春のトレンドを混じえてオススメコーデをバッチリご紹介します!!

2018年の春服選びで最も重要なポイントは、ライトアウターをしっかり使う!ということ。

ライトアウターというのはジャケットやカーディガン、パーカーなどの薄手のアウターのこと。時にはシャツなどもライトアウターとして扱うことがあります。冬場に着るようなアウターと比べるとデザインもカラーも多種多様で、自分好みのものを見つけやすいのが特徴です。逆に言えば、人によって個性が出るのでオシャレな人は女の子たちに「あの人の服いつもカッコいいよね」なんて噂されることになるかも!

そんなライトアウターは、最低2種類、できれば3種類揃えることがオシャレさんへの近道!

ジャケットスタイル、カーディガンスタイルなど、一つのスタイルを確立することはそれほど悪手ではありません。しかしせっかくの季節ですから、色んなライトアウターを楽しんだ方が気分も弾みますし、周りにも「毎日違う服着てない?オシャレだね!」と印象づけることができます。

さて、それではこの春に使うべきアイテムや着るべきコーデについてお話ししましょう。

【2018メンズファッション・春服】おすすめおしゃれコーデはこれだ!

春コーデはどうつくる?

春コーデで大切なこと、それは冬の重さを完全に払拭することです!冬のアイテムはどちらかというと暗めのカラーだったり、厚めの記事だったり、重い印象があるもの。そのイメージを脱ぎ捨てて、春の軽さに近いイメージのアイテムを取り入れましょう。
ただ、明るいカラーばっかり使ってしまうと全体的にぼやける&チャラく見えるというデメリットが・・・。だから、暗めカラーを完全に排除するのはオススメしません。コーデには適度にブラックやチャコールなどのカラーを入れて引き締めつつ、重苦しさを感じさせないようにしましょう!

春はベージュ+濃い色がテッパン!

春と言えばベージュが定番色ですよね。モノトーンにベージュを組み合わせるだけで、ぐっと季節感と大人っぽさが増すので積極的にコーデにしたいところ。しかし肌なじみの良い色なので、普通に白など爽やかな色と組み合わせてしまうとぼやけやすい色でもあります。その悩みを解決するには、必ず濃い色をコーデのどこかに取り入れること!濃い色でコーデ全体を引き締めて安定感を持たせると、チャラ男っぽさが消えて真面目な印象になります。

グレーと組み合わせるとナチュラルな印象に

春らしいベージュとグレーの組み合わせは、親しみやすさを演出できるので、出会いの春には積極的に取り入れたいコーデですね。ただ同じ明るさのグレーだと上半身が膨らんで見えるので、明るさの違うグレーを組み合わせてコーデをするのが吉。

ライトアウターで冬との差をつける

春は天気や気温の移り変わりが激しい時期。肌寒さを感じ取ったら、無理せず暖かい格好をするのが我慢しないメンズコーデのワザです。暖かい薄手のニットの上にライトアウターを羽織ることで、冬との差をつけられます。

足首を出すと春っぽさアップ!

オーバーサイズのパーカーをゆるっと着ているとリラックス感が出てきますが、幼さを引き出し過ぎて、実年齢よりも下に見られてしまうことも。そんなときはボトムスをロールアップして少し足首を見えることで、スッキリさせましょう。ただし足を見せすぎると虫取り少年みたいになるので、加減が重要です。

【2018メンズファション・春服】この春のトレンドを要チェック!

春のメンズでおさえるべきポイントは「リラックス」。ゆるりとしたシルエットが特徴的な服がトレンドになっています。とはいえ、ただ大きいサイズの服をゆるく着てしまうと、それは「リラックス」ではなく「だらしない」ファッションに。リラックスの中にもメリハリやバランスを考えたコーデになることで、トレンドっぽいコーデができますよ。

ビッグシルエットはモードシーンでもまだまだ大人気

ここ数年間流行っているビックシルエットは今年もトレンド。トップスをゆったりとさせつつ、ボトムスにスリムパンツやスキニーパンツを合わせ、メリハリを出すのがオススメスタイルです。あえてワイドパンツをコーデする人もいますが、上級者テクニックで万人ウケするスタイルでもないので、避けた方が無難。メリハリをつけたスタイルで、モード感も演出できちゃいます!

プルパーカーは春の定番アイテム!

明るいグレーのプルパーカーは春の定番アイテム。全体的に大きめに作られているものの、腕にフィットしたリブのおかげで着太りを防ぎます。このパーカーは裏地と生地の厚みがあり、暖かいので肌寒さを感じた時に大活躍です。

モードっぽさを出したい時は黒!

ビックシルエットは色面積が大きい分、色の印象がコーデを左右するアイテムです。プルパーカーはカジュアルなアイテムですが、黒を選ぶと落ち着いて見えますね。トレンド感を押しつつ、自分の個性を引き出したい人にはとっておきのアイテムなんですよ!

ベージュの六分袖は春のとっておき

ベージュのゆるいカーディガンは、長袖だとぼんやりしがち。袖を少し短めの六分袖にすることで、やり過ぎない肌見せで、引き締まったスッキリしたイメージになります。薄手のカーディガンなので春の暖かくなってきた時期にも着られるライトアウターです!

2017年のトレンド「ユーティリティ」も継続

ユーティリティとは、いわゆる定番アイテムを組み合わせた「ノームコアファッション」にスポーツアイテムを付け加えたコーデのことです。正直ノームコアって、少し間違えると地味なスタイルになってしまいがち。スポーティという属性を付加することで、初心者にも取っ付きやすいファッションになります。注意点としては、スポーツアイテムを身に着けすぎないこと。トップスとボトムス両方ともスポーツアイテムでかためてしまうと、女の子にドン引きされる可能性もあります。

手軽に取り入れるならジョガーパンツ

さりげなくトレンドアイテムを身に着けたい人にオススメなのは、ジョガーパンツです。足首が細くなっているので、着膨れ効果も防止してくれます。また春は暗い黒のアイテムよりも、カーキやネイビーなど少し色が明るくなるアイテムを選ぶと冬とのアイテムの差をつけられますよ。

カーキはミリタリーっぽくてワイルドだなぁ〜って思う人は爽やかなネイビーがおすすめ。はっきりした色味なので、肌見せの効果もカーキよりもはっきりしています。

ミリタリーアイテムも大活躍!

こちらのMA-1は、形はMA-1だけどミリタリー感を抑えたライトアウター。色さえまとめれば、ボタンダウンシャツやTシャツなどインナーの種類を選びません。春の着こなしもまだまだミリタリーブームは継続中。適度に自分の好きなスタイルを保ちつつ、さりげなくトレンドをおさえておくと女子ウケ間違いなし。

モードシーンで注目を集めたカラーは「白」

お洒落さん御用達カラーであるホワイト。普通のアイテムでもホワイトにするだけで上品さや爽やかさがプラスすることができます。「自分にはハードルが高い・・・」「似合わなさそう・・・」そう思ってるのならちょっと待って。組み合わせは確かに限られてはきますが、白は黒やグレーに次ぐ万能カラーと言っても過言ではありません。モノトーンコーデなどでも大活躍してくれます。春の新生活デビューは白を取り入れたコーデにおまかせです!

プルパーカーでカジュアルな爽やかさを

ビックシルエットのプルパーカーは、一見クセの強そうなアイテム。でも実はコーデのシルエットや色にきちんとメリハリを出すことで、ぼんやり感や着膨れ感を防ぐことが出来ます。白黒で合わせればモードスタイルになるので、簡単にオシャレさんにキマるお手軽アイテムなんです。

カーディガンで柔らかい雰囲気をさらにプラス

ニットには冬のイメージがあるかもしれませんが、春はカーディガンとして大活躍します。厚手のニットなのに、タイトなシルエットのおかげで、着膨れせず、スッキリとした着こなしが可能です。モノトーンで決めても甘辛なカジュアルコーデになるので、イメチェンしたい人や本気で出会いが欲しい!という人にオススメしたいアイテムです。

慣れたら絶対挑戦してほしい白ボトムス

白のボトムスは、大きく見える色だけに少しリスクのあるアイテム。しかしこのカッコよさは何者にも代えがたいので、ぜひチャレンジしてみてください。リスクを避けるためには自分にフィットしてくれるストレッチ素材、自分に合ったサイズ感を知ることが重要です。ボタンダウンの黒シャツでビシッと決めると、チャラ男感やふんわり感が薄まるのでオススメ。

【2018メンズファッション・春服】春ジャケットの爽やか着こなし術

ジャケットを制すものが春コーデを制す!・・・とまでは言いませんが、重要なアイテムであることは間違いありません。大人スタイルを極めるためには避けては通れないので、早めに見繕って2着は揃えておきたいところ。それもパーティなどのキレイめスタイルで出かけたい時に着られるものと、少しカジュアルな普段使いに適したものの異なった種類のものを持っておきたいですね。

定番はブラックのテーラードジャケット

ライトアウターの定番と言えば、テーラードジャケット。キチンと感があるとコーデが自然とキレイに見えるのが人気のヒミツです。大人っぽいボタンダウンシャツだけでなくTシャツ、ポロシャツを着てトレンド感を出すなど、オシャレの初心者から上級者まで持っていて損しないアイテムです。

ボトムスは無難に無地の黒を選んでしまいたいところですが、お坊ちゃまスタイルにならないために我慢。ワイルドなカモフラ柄で親しみやすさを足してみました。黒のテーラードジャケットは若い年齢の人が着ると制服っぽく見えてしまいます。こなれ感を出すためには、Tシャツや柄物などカジュアルアイテムを合わせるのがポイントです。

イタリアンカラージャケットも男らしくてカッコいい

体にフィットしてくれて、男らしさが強く出るジャケット。男らしさのヒミツは襟の形にあります!控えめな襟が、首元をキレイにみせてくれるので、柄のあるインナーやアクセサリーを用いたオシャレに挑戦してみたい人にはぜひオススメです。

男らしくて大人っぽいジャケットは、グレーとベージュのアイテムを組み合わせて大人らしさを引き出していきましょう。ベージュのパンツを履きこなすコツは、靴にあります。茶色など渋い色を選んでしまうとオジサンっぽくなってしまうので、アウターの黒で挟むようなコーデすると若々しさと大人っぽさが両立できます。

ニットジャケットの抜け感は◎

ニットの素材の、一番の持ち味と言えば、柔らかさ。ジャケットとして羽織ることで、ニットの柔らかさがコーデ全体に、抜け感を出してくれます。抜け感は親しみやすさにもつながるので、交流会などカジュアルなイベントに着て行くのがオススメです。

ニットジャケット、インナー、ボトムスをモノトーンカラーで揃え、女の子に人気のあるキレカジコーデにまとめました。こちらではシューズにブーツを利用していますが、黒一色のハイカットスニーカーなどもオススメです。

2018年におすすめの春アイテムはこちら!

4884 件中 9-16 件表示  先頭のページへ前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ




4884 件中 9-16 件表示  先頭のページへ前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ

【2018メンズファッション・春服】モテるカーディガン着こなし術

モテるカーディガン着こなし術をマスターする上では、一つ考えなければいけない大きな命題があります。それが「ロングカーディガンとショートカーディガン、どちらを利用するか」という問題です。
答えは明確。「両方」です!
逆に言えばロングとショート、1着ずつ持っていれば安心♪ここではそれぞれの魅力を見ていきましょう。

ロングカーディガンは、とにかくカッコいい。

コートなどのアイテムでもそうですが、ロングの裾を翻して歩く様はとにかくカッコいいものです。憧れる女性が多いのも頷けます。 ただ、「着られている感」を出さないように気をつけなければいけません。カーディガンは他のライトアウターと違って、前を閉めることは前提にしていないことが多くあるので、自分の着丈に合ったものを着ないと肩が落ちたり、新品でもヨレて見えたりすることもあります。試着する際などは参考にしてくださいね。

春先はコーディガンが大活躍

コート+カーディガンの造語、コーディガン。簡単に言うと、少し厚手の生地で作られたカーディガンのことですが、春秋の肌寒い日に大活躍するアイテムです。丈だけでなく袖の長さも長めに作られているので、シンプルなアイテムでもオシャレなコーデができます。

ふわふわした表面が、ぬくもりと可愛らしさを生む個性派カーディガン。普通のグレーとは違う杢柄のチャコールグレーがオシャレですよね!アイテム単体で抜け感があるので、とっつきやすい印象にも一役買ってくれます。

見た目的に退屈になってしまうTシャツとチノパンの組み合わせを、コーディガンが持つ強い個性を活かして解決!男性からするとロング丈は邪魔になる瞬間もあるかもしれませんが、Iラインや細身のシルエットが強調されるアイテムです。ちょっと体型が気になる人でも簡単に取り入れられるコーデが完成しますよ。

ショートカーディガンは、とにかく使いやすい。

トップスと同じ感覚で使えるショートカーディガンは、ロングに比べると使いやすく選択肢が豊富なところが魅力。どうしてもロングで柄があったり、目立つ色だったりすると使いにくくなってしまいますものね。その点ショートならちょっとしたアクセント程度に留めることが可能です。ただ、ロングよりは活発なイメージが先行してしまうため、組み合わせるアイテム次第では思ってたイメージと異なる印象になることも。ただよっぽどのことがない限り、ちゃんと綺麗にまとまってはくれます。

暗めカラーでも軽さがあるのでそこまで重くならない

ショート丈の持っている軽さを活かした黒のカーディガンは、脚を長く見せたい人にオススメです。シンプルでありつつカジュアルなアイテムなので、着回しができるのが魅力的ですね。

ネイビーはコーデを上品にしてくれる色で、一枚持っておいても損しません。キレカジにもゆるカジにも対応できるので、普段着から本命の子とのデートまであらゆる場面で活躍してくれます。もちろん春のトレンドの白パンツにだってピッタリ。

ネイビーとホワイトのカラーの違いで浮いてしまうのを、インナーのグレーで抑えたスタイルです。足元にまたネイビーのシューズを使っていることで、初夏よりの春コーデを完成させました。

【2018メンズファッション・春服】それ以外にもアウター色々!人気の着こなし術

春は気温差が激しい季節なので、体温調節のためにもアウターは必需品です。春のアウターはさらりと着られるものを選ぶのがポイント。ニットやコットンなど、薄手でも柔らかさや厚みのあるアウターを選びましょう。

カジュアルアイテム代表のパーカーは春にこそ大活躍!

オーバーサイズなどの特殊なシルエットのトップスは、重い色を選んでしまうとモード系になりがち。カジュアルなコーデを目指しているのであれば、柔らかいグレーを選ぶのがオススメです。オーバーサイズならボトムスでメリハリをつけてあげることで、逆に細見えるのでグレーによる膨張効果も気になりませんよ!

ボリュームがあるのに、リブのおかげでスッキリ見える。そんな小顔に見せたい人にオススメのパーカーです。パーカーとは違う色を使うことでジップを目立たせているので、前を閉めた状態でもラインが強調されます。

ライトアウターとしてのシャツはとにかく軽い優秀アイテム

チェックのシャツは色が多いから初心者はコーデがダサくなりがち・・・と言われていますが、ダサくなってしまうのはチェック柄そのものが悪いワケではありません。インナーに似た色を選べば、コーデに眩しさを与えることなく着こなすことが出来ますよ!

大きな柄が気になる人は、細かいストライプ柄を使ってみましょう。その際、インナーはホワイトやブラックなど、無地のモノトーンカラーで揃えてみて。春っぽいモノトーンコーデが出来上がります!

春っぽいメンズアウターのまとめは「【2018年の最新コーデ】春を彩る大人のメンズアウター&コーデ」でもご紹介中☆ジャケットがメインですが、様々なカラーや素材のアイテムをご紹介してるので、きっと自分好みのものが見つかるハズです。

【2018メンズファッション・春服】意外と大事!インナー着こなし術

アウターにばかり気を遣って、インナーは着古した&ヨレヨレのTシャツを着ている・・・なんてことはあまりないかもしれませんが、年相応のカッコいいインナーを!と気を配っている人は少ないのではないでしょうか。ここでは手っ取り早くカッコよくなれる二大インナー「VネックTシャツ」と「シャツ」をご紹介しましょう。

首周りスッキリ!VネックTシャツで男らしさをアピール

一見無地のVネックTシャツ。しかしよく見ると細かいジャガードが入っています。「こんなんわかんないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実際に見た際の質感にきっと驚くはず。それは、ふとした時に近づいた女の子だって一緒です。強く印象づけることができますよ。

段染めというのは、様々な色で布や糸を横縞模様に染めること。独特の味が出ますが、モノトーンカラーなのでそこまで奇抜ではありません。ジャケットやカーデのインナーにすれば、コーデのワンポイントにもなりうる1枚です。

インナーとしても使えれば、今日からあなたはシャツマスター!

ホワイトのシャツは、そのシンプルさ故に全く誤魔化しの効かないアイテム。だからこそ1枚は上質な日本製のシャツを持っておくべきです。スタイルはジャケットでも、カーデでも、何でもOK。ここ一番の勝負の時にも使えるアイテムです。

段染めというのは、様々な色で布や糸を横縞模様に染めること。独特の味が出ますが、モノトーンカラーなのでそこまで奇抜ではありません。ジャケットやカーデのインナーにすれば、コーデのワンポイントにもなりうる1枚です。

【2018メンズファッション・春服】大学生のおしゃれコーデ術

この春大学生にオススメするのは何と言ってもカーディガン。手軽に大人の雰囲気を取り入れることができるので、高校生の頃とは違ったコーデを作ることができます。特にこの春から大学生になる男子必見です!インナーはシャツでもいいですが、少し落ち着きすぎてしまうのでTシャツやカットソーを合わせると◎

裾見せテクをマスターせよ!

色合いとしてはシンプルなモノトーンコーデですが、丸い裾部分をフロント、バックに見せることでこなれ感を出しています。社会人になると少ししづらいファッションなので、今のうちに裾見せテクはマスターして楽しみましょう!

太めのボーダーであどけなさを残す

ボーダー柄は万人受けするアイテムですが、その太さによって与える印象はまちまち。一般的には細いものは大人っぽく、太いものはあどけない印象になります。無地のTシャツ、デニムパンツ、ブラックのブーツというシンプル&男らしいアイテムと一緒に太めのボーダー柄のカーデを使うことで、大人っぽさとあどけなさを両方残したコーデになりました。

襟付きカーデでかっちり感を演出

ジャケットはまだハードルが高い・・・そう思う人にオススメなのが、襟付きカーディガン。柔らかい雰囲気はそのままに、形はジャケットに近いので入門編として利用できます。ボトムスに柄物を使うことでカジュアルダウンさせるのが吉。

5月頃にピッタリの「慣れ」を感じさせるコーデ

新しい環境で緊張することもあったかもしれませんが、1ヶ月もすればだいぶ慣れてくることでしょう。そんな時期にオススメの、ゆるコーデです。ゆったりとしたシルエットながら「いかつい」「チャラい」という印象がないので、とっつきやすさを損なうことはありまあせん。

大学生らしい春コーデをもっと模索したいあなたに!「【2018年版】大学で周りと差を“ちょっとだけ”つける春の男子大学生おすすめアイテム&コーデ」でさらに解説&ご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【2018メンズファッション・春服】高校生のおしゃれコーデ術

高校生は背伸びをして色んなアイテムを取り入れるより、パーカーなどの「元気さ」を感じさせるアイテムでカッコよくまとめましょう。子供っぽすぎないパーカー選びのコツは、
・派手な色は避けること
・柄はワンポイント程度に留めること

この2つ。派手な柄物が好きな人には少し苦痛かもしれませんが、もう少し大人になれば逆にそのようなアイテムを使う機会も増えてくるので、今はぐっとガマンしてみて。

純白のプルパーカーとカモフラ柄の合わせ技

シンプルさが売りのパーカーにはカモフラ柄パンツで少しのワイルドさをプラス。さらにスニーカーを合わせることで、今にも駆け出しそうな若さの溢れるスタイルにまとめあげました。

モノトーンでまとめても大人しすぎないから◎

正直、モノトーンコーデって味気ないって思うかもしれません。でもパーカーと英字Tシャツを合わせれば、年相応のシンプルコーデに。それでも気になる時は、ボトムスを普通のデニムパンツにしたり、スニーカーをお気に入りの柄物に変えたりすることで楽しんでみて。

チャコールのプルパーカーにすると長く使える

大学生ファッションと言われても違和感のないこちらのコーデは、ちょっと気合いを入れたい時に便利。背伸びしすぎているわけではないので、「頑張ってる感」もありません。他のアイテムとの組み合わせもしやすいのでオススメです。

“ちょうどいい”柄の入ったパーカースタイル

「柄はワンポイント程度に留める」を取り入れたパーカーを使ったコーデです。ボトムスにはネイビーのアンクルパンツを使用し、抜け感のある爽やかスタイルに仕上げました。

もちろん他にもオススメアイテムはたくさんあります。「10代前半〜後半の学生向けコーデ」を要チェック☆

【2018メンズファッション・春服】20〜30代社会人向け大人のコーデ術

社会人たるもの、今までの学生っぽいアイテムは脱ぎ捨てたいですよね。(もちろん学生の頃のアイテムが100%使えないというわけではありませんが)そこで利用したいのが「シャツ」です。
学生の頃は、かっちりしすぎてしまうのでフォーマルの場以外では敬遠していた人もいるかもしれませんね。でも社会人になったら、手っ取り早く大人のスタイルが作れるアイテムとして重宝します。ライトアウターにもインナーにも使える上に、インナーにする際は普段のTシャツをシャツにするだけでぐっと大人っぽい雰囲気になりますよ。

細めのストライプシャツでシンプルに。

休日のお出かけスタイルとしての代表的なコーデ。こちらのシャツ、普段はスーツの下に着ていても違和感のないくらいシンプルなアイテムで、着回し力もバツグンです。それでもデニムパンツを合わせるだけでこんなに印象が変わるから驚きですね。

そのストライプシャツをインナーにする時は?

ホワイトパンツなどの「普段とはちょっと違う」アイテムを使って、休日らしさを演出しましょう。ベージュパンツなどもなくはないですが、「お父さん」感が増してしまいます。これぐらいやんちゃに振り切れた方がカッコいいですよ。

大人の特権、ジャケパンスタイル!

困った時はこの格好をしておけばいい!と言うほど定番となったジャケパンスタイル。社会人の大人の特権と言えます。ただ落ち着いたカラーで固めてしまうとオジサンくささが出てしまうので、ここでもホワイトパンツを合わせてみて。若々しさが際立ちます。

落ち着いたネイビーのシャツをカーデで緩和

暗めカラーのシャツは、ともすれば「ちょいワル」なイメージを醸し出すアイテム。でもフロントをきっちり閉め、カーデと合わせるだけできちんと感のある大人のコーデに。カーデは何かとかっちりしがちなシャツをカジュアルダウンさせてくれる万能アイテムです。

20代男性が着こなしているアイテムは他にもいろいろ!「世代別オススメコーデ」にて自分好みのものを探してみてくださいね!

【2018メンズファッション・春服】40代社会人向け大人のコーデ術

40代ともなると、さすがに生半可なファッションはできません。上質な男の雰囲気を出さないと同性にも異性にもナメられてしまいます。
やっぱりここで重宝するのはジャケットです!手軽に大人の魅力をアピールでき、初心者上級者問わず簡単にコーデが作れます。ただ、ジャケットの仲でも、テーラードジャケットは学生の間で流行りに流行ったこともあり、少し若すぎる印象になってしまいがち。そんな時はシャツと合わせて、ぐっと大人っぽさを引き上げてみましょう。少し暖かくなってきたら半袖〜七分袖ジャケットにも挑戦してみて。

基礎中の基礎、ブラックジャケット×ホワイトシャツ

ジャケット初心者はやっぱり着慣れたホワイトシャツから始めてみましょう。ただし、トップスだけ見るとかっちりしすぎているのでボトムスやシューズでカジュアルダウンさせることは忘れずに。特にブラックのパンツなどを履いてしまうと、スーツと大差なくなってしまいますよ。

柄物シャツを使えば他はシンプルでもOK

ストライプのシャツと合わせたのが王道ジャケパンスタイルとも呼ぶべきこちらのコーデ。ブラックでもホワイトでもなく、カーキのボトムスを利用しすることで少し外した印象になります。

ワインレッドのTシャツで上質さを醸し出す

イタリアンカラーのジャケットであれば、インナーをシャツに、とこだわらなくても大丈夫です。でもだからといって英字がガチャガチャしたTシャツのような、若い印象のインナーはNG。例えばこちらのようにワインレッドなどの大人カラーで、カッコよくまとめてくださいね。

デニムジャケットが似合う40代は、カッコいい。

デニムジャケットって若すぎない?いえ、そんなことはありません!確かにレザーやイタリアンカラーのジャケットに目がいってしまいますが、デニムは味のある男を演出できる絶好のアイテム。シンプルなブラックのパンツとホワイトのTシャツを合わせるだけで、とにかくカッコよくなります。

40代のアイテム選びはなかなか難しいもの。というわけで、今どんなアイテムを選んでいるかを見てみましょう。「40代前半〜40代後半の男性にオススメのコーデ」を確認してみてくださいね。

【2018春メンズファッション】重い冬カラーを脱ぎ捨てて明るいパンツコーデを!

どうしてもブラックのパンツやインディゴのデニムパンツって使いやすいので、手を出してしまいがち。でもの春は思い切って、明るめカラーのボトムスに手を出してみませんか?一気に華やかなイメージが増しますよ♪

初心者にオススメなのがベージュカラー

とにかく1枚持っておくと便利なのがベージュのチノパンです。ベージュは「アースカラー」という通年使っても(秋が最も似合うシーズンではありますが)問題ないカラーなので、早めに慣れておきましょう。

ホワイトのスキニーパンツで着膨れを解消

パンツで着膨れ?と思うかもしれませんね。実は白というカラーは膨張色。普通に身につけていると、少し太って見えてしまうのです。スキニーパンツでシルエットラインをすっきりさせることで、その問題は解消することができますよ。

それでもブラックが履きたい!そんな時はクロップドパンツ

明るいカラーはトップスに取り入れたい。パンツはブラックがいい。それならぜひクロップドパンツのような、肌を少し見せるアイテムを使ってみて。春から夏まで、長く重宝しますよ。

【2018春メンズファッション】春はスニーカーの季節!靴でもオシャレを楽しもう

春はやっぱり足取り軽くスニーカーでバッチリキメたいですよね♪特に足首を見せるローカットのシューズをどんどん使っていきたい時期。デート用、ちょっとしたお出かけ用、普段使い用・・・などなど、何足か揃えておきたいですね。

定番&トレンドではずせないのは白

非常にシンプルで、春のカジュアルスタイルに必要不可欠とも言えるローカットスニーカーです。暗めカラーのボトムスと合わせるのがオススメスタイルですが、ホワイトパンツ以外であれば大抵のアイテムとマッチします。

ローカットはグレーも◎

もう少しデザイン性が欲しい人にオススメのローカットスニーカー。キャンバス地の質感が際立っているので、休日のお出かけ用にピッタリです。ホワイトのシューズ以上にどんなボトムスとも合わせやすいのもポイント。

黒一色でもシューズだけならそこまで重くならない

春っぽいカラーでコーデをまとめていると、うっかり全体がぼんやりとした印象になってしまうことも。そんな時は黒のハイカットスニーカーでキュッと引き締めましょう。シューズだけなら重くなることもないですよ。

実は靴はコーディネートの要。「お洒落は足元から」なんて言葉もあるくらいです。他にも「【2018年版】この春のメンズファッションは『靴』で差をつける!オススメシューズ4選」にて様々な春シューズをご紹介してますので、ぜひ御覧くださいね。

LINEに登録していただくと、おすすめのプレゼントをリアルタイムでご案内します!