ダレスバッグ

メンズファッション用語辞典

ダレスバッグ

ダレスバッグは、スーツに似合う大容量の口金式鞄となっています。ビジネスシーンでは、使われることの多い鞄であり、愛用している日本人もけっこういます。

ダレスバッグとは?

ダレスバッグといえば、横側が山形のデザインとなっており、口金で留めるようになっている鞄のことを指します。ガバッと口金が開くようになっているため、大容量で荷物を多く入れることができます。このダレスバッグは、1951年にアメリカ国務長官であったジョン・フォスター・ダレス氏が来日した時に持っていた鞄を真似て作られたのが最初であるといわれています。尚、「ダレスバッグ」という呼び名は、日本特有のもので欧米ではこの呼び方は通じません。スーツによく似合う鞄であるため、ビジネスシーンではよく使われる鞄となっています。カラーバリエーションなども様々なものがあります。

ダレスバッグの特徴とは?

ダレスバッグは、ブリーフケースやアタッシュケースと同様にビジネスマンが持つのに最適な鞄です。特に、多くの書類や本などを持ち運ぶことが多いビジネスマンには、ダレスバッグが向いています。口金を大きく開いて開けることができますから、荷物を入れやすくて取り出しやすいといった特徴もあります。さらに、高品質なダレスバッグには高級感もあり、持つだけでステイタスを感じられることもあります。

ダレスバッグの魅力とは?

ダレスバッグの魅力には、ビジネスマンにとって憧れの鞄であることが挙げられます。実は、ダレスバッグは、ビジネスマンが「いつかは持ちたい」と思うような鞄となっています。職人が手作りしたような製品だと、けっこう価格が高いのもそうなる原因となっています。素晴らしいダレスバッグを持っておきながら、恥ずかしい仕事はできないといった感覚を持てるようになるのもダレスバッグの魅力です。貫禄があって素敵な雰囲気で、どこに持っていっても気後れしないですむバッグであるということができます。実は、ダレスバッグは別名「ドクターズバッグ」とも呼ばれており、昔は医者が家庭に往診に来るのに使っていたバッグでもあります。何でもよく入るため、医療器具などを入れて持ち歩くのにも最適だったようです。だから、聴診器や注射器などもダレスバッグの中に入れられていました。つまり、それぐらい大容量で使い勝手のよいバッグであるということになります。もし、ビジネスマンがダレスバッグを持つなら、きっと荷物が入らなくて困るということはなくなりそうです。

関連カテゴリ

メンズファッションアイテム


トップ     一覧 単語検索     最終更新のRSS