洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料

【2018年冬服メンズファッション】大学生の人気コーデは?オススメ着こなし術をご紹介します!

view3,401

こんにちは、TOKYO娘です♪

日本中が慌ただしくなってくるシーズンが到来!冬の寒さと人の熱気が入り混じりって、そわそわした雰囲気に包まれますよね。このイベントシーズンの予定はお決まりですか?

大学生ともなると、サークルや部活で予定があったり、テスト前の勉強やレポートがたくさんあったり、実家に帰省したり・・・そんな中でバイトも遊びもこなしてと、なかなか忙しいのではないでしょうか?いくら学生の本分は学業と言えど、せっかくの時期だから思いっきり楽しみたいですよね。

そこで今回は、男子大学生が学校でも私生活でも活用できるアイテム&コーデ術をご紹介します!女子ウケを考えた最新オススメコーデなので、もちろんデートにもバッチリ☆ぜひ参考にしてみてくださいね。

男子大学生の定番と言えばダッフルコート

大学生の定番と言われているアウターと言えばダッフルコート!冬の定番アイテムなのですが、正直に言うと最近注目されているブルゾンやチェスターコートの陰に埋もれがちです・・・。でもだからと言ってスルーしてしまうのは非常にもったいないこと。ダッフルコートは生地に厚みがあるので、着やせ効果や防寒性に優れているんです。

もしかして「定番を着るのなんてお洒落じゃない」「みんな着てるからカッコよく思われない」と思っていませんか?確かにダッフルコートを着ている人は街に溢れていますが、定番と言うことは誰が着てもダサいと思われず、着回しがきくということなんです!つまり誰でも簡単にコーデに取り入れることが可能です。明日突然着ていっても、違和感はないでしょう。

ダッフルコートを着る上で考えたいのは、「カラー」と「丈」です。自分がよく着る色ってあると思いますが、この時期には最初に目に入るアウターだからこそ、カラーにはこだわってほしいと思います。
丈は、実はお尻が隠れるか隠れないかによってびっくりするほど印象が変わるんです。例えば同じブラックのダッフルコートでも、ショート丈かミドル丈かによって重たさが段違い。今のトレンドはショート丈ですが、自分好みの丈を見つけて極めてみてくださいね。

ベーシックな黒ダッフル

商品ページ

コーデにあまり自信がない人や、ベーシックなダッフルコートを探している人にオススメなダッフルコート。普通のダッフルコートと違ってパーツがごちゃごちゃした感じがありません。なので、白シャツをインナーにしたシンプルコーデ、インナーに一工夫したカジュアルコーデ、どちらにも対応できます

爽やか知的男子を目指す人はネイビー

商品ページ

黒のアウターはもう飽きた!という人にオススメな色はやっぱりネイビーです。ツヤのあるメルトン生地はネイビーと合わさると、知的な印象を与えてくれます。黒と白だけのモノトーンコーデにマンネリを感じている人にとって、ネイビーのアイテムは最高のスパイスになってくれますよ!

顔周りを明るくしたいならキャメル

商品ページ

冬のコーデはついつい暗い色を使ってしまいがちですよね。冬だって明るい色を使いたい!って人はぜひキャメルカラーのダッフルコートを選んでみましょう。白のインナーとの相性がバツグンなので、冬に負けない優しいコーデができます

アウターは2枚持っていると着回しやすい!

アウターは防寒着としての機能がある分、シャツやボトムスのような他のアイテムに比べるとちょっとお高め。大学生にとってはあまり頻繁に購入できるものではないと思います。
でも私たちは断固として主張します!

あまり服にお金をかけたくない人でも、アウターは2枚持ってください!!

1枚のお気に入りのアウターを使いこなすというのも確かにカッコいいです。でもアウターを2枚以上持って使いこなすだけで、「オシャレに気を遣っている」という印象がつきます。「そんな単純なもの?」と疑問に思うかもしれませんが、そういうものなのです!

しかもその2枚が、カッコいいアイテムならなおさら。「この間のコートもよかったけど、今日のジャケットもカッコいいなぁ」と、それだけで「いつもカッコいい服を着てる人」という印象を持ってもらえちゃうんです。

女子は思ったよりも男子の服装を見ています。周りと差をつけるためにも、頑張って2枚揃えてみてください☆

ダッフルコートと一緒に持っておくとオススメなアウター

商品ページ

いくらダッフルコートが使いやすいと言えど、ダッフルコートを色違いや丈違いで2枚買うのはもったいないです!ダッフルコートともう1枚持っておくべきアウターはナーバルジャケット。こちらは同じ素材を使っていて雰囲気自体はあまり変わりませんが、フロント部分はフォーマル寄りなデザインなので、いつもよりキレイめなコーデをしたい時におすすめです。

ダッフルにはニットを組み合わせる!

どうせインナーはダッフルコートで隠れるし適当でいいか・・・と思っているのならそれは大間違い。ダッフルコートはあくまで外套なので、室内に入れば脱がなければなりません。特にデートであれば、室内に入った瞬間にダサいコーデになってしまうとせっかく作った空気が台無し。最後までロマンチックな雰囲気で終わるためには一枚でもコーデが完成するニットを一緒に着るのがオススメです。

定番のケーブルニット

商品ページ

ニットの中でもコーデを選ばずに、着られるのが白のケーブルニット。甘さをだしつつ、編み目で縦ラインを強調することができるので男らしさも逃しません

冬のグレーはほっこり感を出してくれる

商品ページ

冬らしさを出したいのであれば、こちらのグレーのタートルニットがおすすめ。ふわふわとした素材感と大きくあいた首周りが、キレイになりすぎずちょうどいいアイテムです。

「冬毛男子」はボトムスで回避せよ

商品ページ

アウターやニットなど厚い生地を重ね着していると、動物の冬毛のようにモコモコしますよね。モコモコしていると体が大きく見えるので、威圧感を与えるので近寄りづらい原因に。この「冬毛男子」の対策は細身のボトムスを選ぶこと。威圧感の解消と、メリハリがあるので、いつもより細く見える効果があります。

大学生にオススメのコーディネート6選

カジュアルアイテムと大人っぽい色は最高の組み合わせ!

商品ページ

ガチガチに防寒してしまいがちなこの時期のコーデなので、少しでも余裕を見せることで周りとの差をつけることができます。ネイビーとベージュの組み合わせは普通なら老けて見えてしまいがちですが、アクティブなマウンテンブーツとの組み合わせで、大学生らしいコーデになりました!

ニットの甘さとダッフルの組み合わせがロマンチック

商品ページ

ネイビーの爽やかさと白ニットの甘さが、ロマンチックなデートを約束してくれるコーデです。カジュアルな黒のカモフラパンツも遊び心があってイイ感じにまとまってくれます!白とネイビーの組み合わせは、流行り廃りがないのでどのカラーをチョイスするか悩んだらまず白とネイビーのアイテムを買いましょう

シンプルなアイテム使いでカジュアルさを表現

商品ページ

シンプルなアイテム使いをすると、フォーマルに寄りがち。しかしダッフルコートなら、アイテム自体がカジュアルだからスマートさと親しみやすさを簡単に演出することができます!あえて加工を控えたワンウォッシュデニムを選んでみると、遊び人感が出ずに白ニットの清潔感を活かしきれて◎

キャメルのこなれ感でワンランク上のコーデ!

商品ページ

キャメルは子どもっぽくなったり老けて見られたり、正直コーデが難しいところもあります。でも適度な冬っぽさを持ち合わせているので、重たくなりがちな冬にはうってつけの色。膨張しやすい色ですが、タイトなボトムスを利用することで引き締めています。

着こなしの難しいピンクは黒でこなれ感を出そう

商品ページ

ピンクのシャツって少しチャラ男っぽくって選ぶのは気が引けますよね。でもピンク特有の可愛さは活かしたい!そんなときは男らしいアイテムでトーンダウン。大胆に加工されたデニムや黒のダッフルのおかげでわざとらしさが抜け、とっつきやすい印象にしてくれます。

そろそろ大人の男を目指したい人におすすめ!

商品ページ

メルトン生地のツヤとニットのボリュームの組み合わせが丁度いい冬コーデ。白ニットではなく、グレーのニットを選ぶと色の差が抑えられるので大人っぽく見えます。大学生だけど、そろそろ大人の男を目指したい人にオススメな甘さと大人っぽさを組み合わせたコーデです。

「大学生の制服」と言わているダッフルコートのオススメアイテムとコーデを紹介しました。ダッフルコート=ダサイと思われがちですが、定番アイテムゆえに色やアイテムとの組み合わせ次第で遊べるアイテムです。自分の印象を変えたい!でもイメチェンは恥ずかしい!と思っている人にオススメなアイテムなので、ぜひすでにダッフルコートを持っている人も色違いで買ってみてください!着やせ効果もばっちりありますよ☆

 

著者:TOKYO娘

女子が考えるオシャレな男性とは?
女子ウケを考えたオシャレってどんなもの?
そのギモンにお答えするために私たちは集まりました!
モテるためのアイテム選び・コーデづくりに役立てていただけると嬉しいです☆

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

友だち追加

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

【2018年・2019年】メンズファッションプラスの冬服コーデ特集カテゴリの人気記事

≫もっと見る