洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料

ダークスーツってどんなスーツ?

view1,185

ダークスーツとは、濃紺やダークグレーのスーツのことです。このダークスーツは、日本人の肌に似合う色あいのスーツといえます。傷みが目立ちにくいなどのメリットも持ちます。

ダークスーツとは?

ダークスーツといえば、ダークカラーのスーツの総称です。つまり、濃紺やダークグレーのカラーを持つスーツのことを指します。スーツの色の基本となるのが、このダーク系カラーの無地スーツです。日本人の肌の色にぴったりなカラーであり、ある程度改まった席でもこのダークスーツが使えます。ダークスーツの素晴らしいところは、着ている人を誠実な雰囲気に見せてくれることです。また、葬式にも黒いネクタイをすれば出席できます。ただし、結婚式に出席するとなると悩む人もいます。でも、シルバータイやベスト、シングルの裾などを組み合わせれば、ダークスーツでも結婚式に対応可能なのを覚えておいてください。

ダークスーツは子供の卒業式にも最適

子供の卒業式に出席したいと考えるお父さんもいます。もし、出席するなら、ダークスーツを着ていくのがおすすめです。礼服は、その場合着ていかない方がいいです。それは、学校の先生たちがする格好だからです。卒業する子供の父親なら、濃紺やグレー系のシングルスーツにしてください。ほとんどの男性は、ビジネス用にダークスーツを持っていると思いますから、それを着て構わないです。卒業式は正式な式典ですから、シャツの色は白かサックス系にしてください。ネクタイは、シルバータイや明るい色のネクタイを締めるのがおすすめです。

ダークスーツの魅力とは?

ダークスーツの魅力は、ビジネス用など様々な場面で使えることです。たとえば、立食パーティーの招待状に「平服でお越しください」と書かれていたらダークスーツを着ていくこともできます。ここで注意したいのは、「平服」というのは普通の日常着を指していないことです。もし、日常着のTシャツとジーパンで出かけてしまうと恥をかくこともありますから注意してください。「平服で」というのは、「フォーマルの略装で」という意味です。男性の場合の略装はブラックスーツとなっています。しかし、少しくだけた雰囲気のパーティーならダークスーツでも着ていけます。とにかく、正式な場に出かけるなら正装か略装で出かければ恥をかくことはありません。最近では、若い男性にブラックスーツが人気ですが、ダークスーツも様々な場面で役立ちます。どちらかというと年配の男性にダークスーツを着ている人が多いです。

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

友だち追加

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ