洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料

「モスリン素材」ってどんな素材?

view27

モスリン素材は、日本においてメリンスや唐ちりめんなどとも呼ばれています。その魅力として、手触りが素敵で軽くて様々なカラーがあることなどが挙げられます。

モスリン素材とは?

モスリン素材といえば、梳毛の単糸を使って平織りした生地のことを指します。或いは、斜文織りであることもあります。別名、メリンスや唐ちりめんとも呼ばれています。肌触りがよくて軽い生地であり、素敵な光沢や様々な発色などが魅力を持っています。「モスリン」という名称は、メソポタミアの都市であったモスールにおいて作られた生地であったことから来ているともいいます。アラビア人が、最初にこの生地をモセリニと呼んだことから、フランスに渡ってモスリンと呼ばれるようになりました。モスリンの原料には、ウールや綿、アクリル、レーヨンなど多くの種類がありますが、日本では通常ウール生地で作られた生地をそう呼ぶことが多いです。

モスリン素材の手入れとは?

モスリン素材のファッションアイテムを洗濯するなら、まず色落ちに注意してください。また、水で洗うと風合いが変わることもありますから注意が必要です。もし、風合いが変わるのを防ぎたいなら、やはりドライクリーニングに出すのがおすすめです。もし、自宅で洗濯したいなら、洗濯機は避けて手洗いしてください。洗剤は、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を選びます。洗った後は、タオルなどに包んですぐに脱水するようにした方が失敗する確率が少なくなります。洗濯後、アイロンをかけたい場合には、全体に軽く霧吹きをして中温ぐらいの温度に設定してアイロンがけをすることをおすすめします。

モスリン素材の魅力とは?

モスリン素材の魅力には、弾力があってシワになりにくいことや冬に暖かくて夏には涼しいことなどが挙げられます。それは、モスリンの生地の中にウールの特徴であるちぢれがあることが原因です。このちぢれが空気の層を作るので冬には暖かく夏には涼しく感じられます。また、コットンの約2倍もの吸湿性がありますから、肌触りが快いのも魅力の一つです。或いは、着る人の体にフィットして形が崩れにくいといったメリットもあります。そのうえ、長く着ていてもピリング(毛玉)などができにくくて毛羽立たない生地となっています。それに、様々な染料で染められるため、カラーバリエーションも豊富なものがあります。美しい色合いに染められるので、素敵なファッションアイテムを作りやすいです。

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

友だち追加

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ