洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料

「ペッカリー素材」ってどんな素材?

view26

ペッカリー素材は、イノシシに似た外見を持つペッカリーと呼ばれる動物の皮を採取した革素材となります。日本においても、動物園にクビワペッカリーが数匹飼育されているといいます。

ペッカリー素材とは?

ペッカリー素材といえば、アメリカイノシシやカピバラの一種とされるペッカリーという動物から取れる革素材のことを指します。その特徴として、通気性が高くて弾力性に富むことが挙げられます。よく用いられるのは高級手袋の素材です。ペッカリーの皮には、ピッグスキンに似た3角形の毛穴があります。南北米には、多くの野生のペッカリーが存在しており、毎年10万頭以上が捕獲されて革素材となっています。実は、野生のペッカリーを銃を使って捕獲するため、ペッカリー素材には時々散弾銃の傷跡が付いていることもあります。ペッカリー素材が使われている革製品には、財布や手帳、カードケースなどがあります。

ペッカリー素材の手入れとは?

ペッカリーの革素材は、牛革などの他のレザー製品と比較しても、強くて傷が付きにくいという素晴らしい面を持っています。その革製品の手入れの方法は、普通の革製品と同じです。つまり、柔らかな布地を使って汚れを拭き取ったり、馬毛ブラシを使ってブラッシングするのがメインのお手入れです。もし、オイルやクリームなどを塗るつもりなら、目立たない部分に付着させて変質しないかどうかをチェックしてから使用してください。そして、水や直射日光などに弱いので、その点をわきまえて保管場所などを決めるようにするのがおすすめです。

ペッカリー素材の魅力とは?

ペッカリー素材の魅力には、軽くて柔らかいことや手触りが素晴らしくて丈夫なことなどが挙げられます。また、通気性に富んでいて吸湿性なども素晴らしいことから、よく高級手袋の素材としても用いられています。ぺッカリーの種類には、主にクチジロ、チャコ、クビワなどがあります。どれも熱帯地方や砂漠などの暑い地域に生息している動物です。実は、日本の動物園においても数匹のペッカリーが飼育されています。ペッカリーはイノシシに似た外見の哺乳動物であり、ヘソイノシシという別名も持っています。生息しているのは、主に北アメリカ南部から南アメリカのコロンビアやアルゼンチン北部などになります。ペッカリーはその習性として、昼でも夜でも涼しくなると活動し始めます。そして、サボテンやヤシの実、昆虫などを餌としています。人間が耕している畑に入って野菜などを食べてしまうこともあります。

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

友だち追加

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ