洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料

「ダンガリー素材」ってどんな素材?

view45

ダンガリー素材は、カジュアルなワークシャツを作る時に使われる生地となります。デニムに似たような感じがありますが、デニムよりも軽くて薄い生地となっています。

ダンガリー素材とは?

ダンガリー素材といえば、デニム生地の一種として知られています。しかし、タテ糸をインディゴブルーの糸にしてヨコ糸を白糸にして織っているところはデニムと逆になります。また、ダンガリー素材はシャツの生地として使われることが多く、ダンガリーシャツなどがそれに当たります。ダンガリー素材は耐久性が強いため、ダンガリーシャツは繰り返し洗濯しても生地が悪くなりません。ただし、色落ちすることがありますので白いアイテムと一緒に洗うのは避けた方がいいです。ダンガリーの生地は、西インドから発祥したといわれており、元々ドンゴロスと呼ばれる布からこのダンガリーの布ができたともいわれています。

ダンガリー素材の洗濯の仕方とは?

ダンガリー素材のシャツなどを洗濯するなら、あまり多くの洗剤を使わない方がいいです。また、洗剤をすすぐ時にもあまり時間をかけないようにしてください。それに、シャツを裏返して洗った方が色あせせずに済むことが多いでしょう。洗濯機に入れて洗うと他のアイテムと擦り合わせられることにより、色落ちしやすくなりますから要注意です。それに、洗濯後の干し方にも注意を払ってください。なるべく裏返しのままハンガーにかけて陰干しすることをおすすめします。くれぐれも直射日光に当たらないようにした方が失敗せずに済みます。できる限り、色落ちしないように注意しながら洗うことです。

ダンガリー素材の魅力とは?

ダンガリー素材の魅力といえば、爽やかなブルーが素敵な雰囲気を持つところです。特に、春に活躍する素材となっています。元々は、インドで生産されていたコットン生地であり、作業着としてもよく用いられていました。見た感じは、デニム生地と似ているのですが、デニムとは逆の糸使いで織られているところに違いがあります。それに、薄手で軽い感じなのもダンガリー素材の特徴です。春らしいファッションアイテムが欲しいなら、ぜひこのダンガリー素材のシャツをチェックしてみましょう。ブティックや百貨店では、春が近づく季節になるとダンガリー素材の商品が増えてくる傾向があります。ダンガリー素材のトートバッグやキャップ、シャツなど、春にはダンガリー素材のファッションアイテムが大活躍する季節となっています。

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

友だち追加

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ