洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料

「毛素材」ってどんな素材?

view42

毛素材には、ウール、アルパカ、モヘア、アンゴラなどの種類があります。どれも動物の毛から取った素材ですから、収納する時には防虫剤などを入れたり湿気を取ったりする工夫が必要となります。

毛素材とは?

毛素材といえば、動物から採ることのできる毛を指します。羊毛のことをウールと呼びますが、アルパカ、モヘア、アンゴラなども毛素材の中に入ります。冬に着る衣類などに、この毛素材がよく使われています。この毛素材は、タンパク質で出来ているので虫に食われやすいというデメリットがあります。そのため、タンスなどに収納する時には防虫剤が欠かせません。防虫剤は一定の期間を過ぎると効果がなくなりますから、その度に新しいものと交換する必要があります。この毛素材の衣類を長く着られるようにするには、連日続けて着ないようにしてください。また、時々干すようにすると湿気を含まずに長い間着ることができます。

毛素材の洗濯の仕方とは?

毛素材のセーターなどを洗う時には、まず製品に付いている絵表示をチェックします。見れば、洗濯機マークか手洗いマークが付いています。それを参考にして気をつけて洗います。最初は、目立たない部分で色落ちしないかテストしてみてください。そして、セーターの目立たないところに中性の家庭用クリーニング洗剤を付着させ、洗濯機が可能な表示のものなら手洗いコースに設定して優しく洗います。冷たい水を使わずに30℃ぐらいのぬるま湯で洗った方が縮んだりするトラブルが起こりにくくなります。洗う時には、洗濯ネットにたたんだセーターを入れて洗うのがおすすめです。

毛素材の魅力とは?

毛素材といえば、ウールやアンゴラ、モヘア、アルパカなどの種類があります。そして、ウールはヒツジ、アンゴラはアンゴラウサギ、モヘアはアンゴラヤギ、アルパカはラクダの仲間の毛を採っています。こうした毛素材は、すべて動物から採られていますから保温性が高く、油分を含んでいるので水をはじく性質もあります。また、湿気なども吸収しやすい性質を持っています。そのため、寒さが厳しい地域では、よく毛素材で作られた衣類を身にまとっています。特に、アルパカの毛素材はウールの2倍も暖かいといわれ、それでいてウールの重さの半分しかないという軽量さが特徴です。アルパカの毛素材は、毛玉もできにくいためセーターにするにもうってつけな素材となっています。また、アンゴラの毛素材でできたセーターなども高い人気を誇ります。

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

友だち追加

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ