洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料

「しまむら」ってどんなブランド?

view60

しまむらは、日本を代表するファストファッションブランドの一つです。全国各地にその店舗を持っており、若者から年配の人々まで幅広い人気を持っています。

歴史

「島村呉服店」という会社が、1972年に「株式会社しまむら」に社名を変えました。これが、「ファッションセンターしまむら」の始まりとなります。このような経営戦略を始めるようになったのは、現在社長である藤原秀次郎氏の独創的な経営方針によります。しかも、まだパソコンが普及していない時代に、しまむらは先駆けて在庫管理をパソコンで行っていました。これは、藤原氏がしまむらグループの店舗を1000店舗以上に増やしても対応できるように考えだした姿勢でした。1997年には、ヤング向けの「アべイル」というブランドを設け、海外進出も狙い始めます。1999年には、乳幼児向けの「バースデイ」、そしてファッション雑貨の「シャンブル」というブランドも設けています。2002年になると、沖縄にもしまむらグループのお店が進出し、日本全国にくまなく店舗を置くようになりました。2006年には、シューズを扱う「ディバロ」というブランドも作りました。また、「ファッションセンターしまむら」の店舗だけでも、1000店舗を超えるようになります。現在では、ユニクロの次にチェーン店の多いファッショングループとして知られるようになっています。

ブランドの特徴

このしまむらの特徴として、とてもリーズナブルな価格でファッションアイテムを提案してくれることが挙げられます。それに、店舗の外壁がピンク、赤、ベージュの三色で統一されているのも特徴です。それに、一店舗内の商品アイテムの数がとても多いのもしまむらならではの特徴となっています。

また、しまむらの魅力は、友人同士でチラシを見て買い物に行ったりするのにも最適なお店であることです。若い男性であっても、安くてカッコいい洋服を店内で物色することもできます。価格の方が1000円ぐらいの安いものも多いので、もし衝動買いしても負担が軽いのも魅力です。

取り扱い人気商品

そんなしまむらの人気アイテムといえば、メンズには下着や靴下などが人気を持っています。しまむら独自のファイバーヒートやファイバードライといった下着が、よくユニクロのヒートテックなどと比べられています。とにかく、しまむらの方が価格が安くて同じような機能性を持っていることで人気があります。他には、布団カバーなども安くて使い心地がよいと人気です。

関連リンク
しまむら公式サイト

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

友だち追加

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ