洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

ビジネスカジュアルのファッションの定義とは?

view6,984

ビジネスカジュアルって何?

省エネ指向が高まりクールビズと言う言葉が全国に広まった頃からでしょうか?良く、ビジネスカジュアルと言う言葉を耳にする様になりました。最近は会社でのビジネスシーンのメンズファッションもスーツスタイルで出社しなくても良いといった企業も増加傾向にあるようです。

そんな時に暗黙の了解といった様に使用されるのがビジネスカジュアルといったワード。言葉は良く耳にしますが、実際どんなスタイルをビジネスカジュアルというのでしょうか?

今回はそんなビジネスカジュアルのメンズファッションの定義をテーマにして検証して、このワードを検証していこうと思います。

実は、ビジネスカジュアルは

結果を先に行ってしまえばビジネスカジュアルの具体的な定義など存在しません。いうなれば机上の空論であるかのような定義です。定義として存在していないのであればどんな物でも良いのかと言うと、決してそうでもありません。定義が無いのに決まり事はある、ビジネスカジュアルは結構難しいスタイルなのです。

そういった曖昧さにお悩みの方もいらっしゃると思いますが、現在のビジネスカジュアルと言われる方向性についてありのままを言えば、やはり従来の会社でのスーツスタイルが基礎となっています。スーツスタイルと比較し遜色ないファッションを現在の日本ではビジネスカジュアルとカテゴリーしている様です。

つまり公私のメンズファッションの使い分けが重要となり、ビジネスカジュアルは公の範囲から出ないカジュアルファッションであると言えます。

選べるアイテムには制約があるが

落ち着いたカラーのジャケット、無地や目立たないストライプ&チェックシャツ、ポロシャツ、チノパンにローファーなどといったところがビジネスシーンのイメージに適ったアイテムと言ったところでしょうか。やはり仕事の場でのファッションですので、目立たせないオシャレがビジネスカジュアルのポイントとなります。

ただ、企業によってはかなりフランクなビジネスカジュアルを奨励している所もあるようです。明確な定義が存在しないとビジネスカジュアルと言われても困ってしまいますが、このような現状を発展途上と捉えればビジネスでのメンズファッションシーンもどんどんと変化していくものと思われますのでこれから先が楽しみでもあります。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

【2017年・2018年】今、流行りのメンズファッション特集カテゴリの人気記事

≫もっと見る