洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

「レイヤード(layered)」って何?

view4,275

レイヤードの意味

layered

レイヤード(layered)とは、英語で「層になった」「層状の」という意味。ファッションでは、何枚も服を重ねる「重ね着」をさします。

トップスでもボトムスでも楽しめるレイヤード・ファッション

衣類を重ねるといっても、下着と服を重ねることではなく、シャツを2枚3枚と重ねたり、Tシャツの上にシャツ、シャツの上にTシャツ、といった異なるアイテムを重ねたり、長袖の上に半袖を重ねるなど、重ねて着ることで個性を表現するコーディネート法です。
最近では、短いパンツの下に色・柄物のスパッツ(レギンス)を重ねるレイヤード・スタイルが、若い男性の間でも市民権を得るようになって来ました。

レイヤードをカッコよく着こなすコツは

重ね着ビギナーは、まず「柄物+無地」のレイヤードから試してみましょう。無地Tシャツの上に柄物のシャツを羽織る着方は、経験済みの方も多いのではないでしょうか。中に着るTシャツを色物に変えてみたり、柄物シャツの上にTシャツを重ねるのも簡単なレイヤードの方法です。柄物に使われている色から1色を選んで無地の色を決めると失敗が少ないと言われます。パターン・オン・パターンと呼ばれる「柄+柄」の重ね着は上級者向けといえますが、チェックのカジュアルシャツの2枚重ね程度なら、そう難しくありません。
ボトムスも同様に「柄物+無地」から始めてみるといいでしょう。
レイヤードの鉄則は、大きな服の上に小さな服を重ねないこと。下に重ねた服のほうがサイズが大きいような着方は、一気にダサくなってしまいます。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

メンズファッション用語辞典カテゴリの人気記事

≫もっと見る