洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

「ロールアップ(roll up)」って何?

view3,542

ロールアップの意味

roll up

ロールアップ(roll-up)とは、英語で「巻き上げる」という意味です。
ファッションでは、シャツやジャケットの袖口や、パンツの裾などを、くるくると巻き上げる着こなしテクニックをさします。

カジュアルな着こなしにおすすめの簡単テク

ロールアップは、くだけた雰囲気を出したい時におすすめの着こなし法。袖口を2〜3度折り返すだけで簡単にカジュアルな雰囲気を演出できます。半袖シャツやTシャツの袖口もロールアップできます。カジュアルシャツの中には、袖をロールアップすることを前提に、巻き上げた袖を留めるボタンやベルトがついたもの、また、巻き上げたとき表地とは異なる色や柄が出るようデザインされたものもあります。
袖口のロールアップは簡単で失敗も少ないのですが、グチャグチャに腕まくりしたり、極端に巻き上げたりすると、もはや「ファッション」には見えないので注意しましょう。

ボトムスのロールアップは上級者向け

パンツ(ズボン)の裾のロールアップは、袖口よりカジュアル度がグッと上がります。ただし、クールに決まるかダサくなるかは紙一重。微妙なさじ加減が要求される上級テクと言えます。
ポイントは、折り上げる幅や分量と、全体のバランス。ファッションとしてロールアップしているのに、単に裾上げが面倒で折り曲げているだけに見えたり、足が短く見えてしまうことも。また、合わせる靴やサンダル、ソックスの見える分量や色・柄など、バランス一つで印象が大きく変わります。全身の映る鏡を見ながら、自分に合うバランスを探してみましょう。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

メンズファッション用語辞典カテゴリの人気記事

≫もっと見る