洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

服の呼び名で世代がバレる!?「ズボン→パンツ」、「短パン→ハーフパンツ」、「ジーパン→ジーンズ、デニム」など覚えること多すぎ…(笑)

view5,794

【テスト】皆さん、このファッション用語、どの程度分かりますか?

今回は、ネットで話題になっていた、ファッションアイテムの呼び名についてのテストです!

早速、話題になっている旧名称→新名称をチェックしてみましょう!

【旧名称→新名称】
・ズボン→パンツ
・背広→スーツ
・とっくり→タートルネック
・パンタロン、ラッパズボン→ブーツカット、ベルボトム
・チョッキ→ベスト
・上着→アウター
・耳当て→イヤーマフ
・ランニング→タンクトップ
・短パン→ハーフパンツ
・ホットパンツ→ショートパンツ
・トレーナー→スウェット
・ジャンパー→ブルゾン
・チャック→ファスナー、ジッパー
・スパッツ→レギンス
・ジーパン→ジーンズ、デニム(パンツ)
・セーター→ニット
・七分丈パンツ→クロップドパンツ
・麦わら帽子→ストローハット
・アンクルブーツ→ブーティー
・ベスト→ジレ
・ふくらはぎ丈→ミモレ丈
・ヒョウ柄→レオパード
・水玉模様→ドット
・迷彩柄→カモフラ
・ごく普通の格好→ノームコア

引用:【テスト】服の「呼び方」で世代バレ!?新名称いくつ使っていますか?

いかがでしたか?

ただ、引用の記事も合わせて見てもらいたいのですが、今でも共存している言葉や、「さすがにそれは、先に行き過ぎて伝わないよ、、、」というようなワードもあるようですので、上記のワードを実際に使う前に、しっかりと自分なりに理解してからの使用をオススメします(笑)

とはいえ、そんなに最新ワードを多様している通販サイトが使い易いかは疑問、、、

ただし、少し疑問に思うこともありまして、先日の【奇抜じゃないファッションの評判が良すぎる件について】「服を変えると、周りの印象が変わるよ!」 ← マジッ!?でも書かせてもらいましたが、一般的に最近の若い人の多くは「別に、ファッションが生活の中心というわけではない。ただし、一定のオシャレ知識は外さない程度には、しっかりと勉強している人が多い」という前提があります。

そうなってくると、ファッション雑誌などが主に主導し「新しい流行や、流行ワード」が生まれてもちゃんと勉強はしますが、別に熱狂的なファッションファンでないので、「新しいスマホゲームが発売されてテンション上がる」というようなものとは属性が違い「また、増えたよ・・・」と思うかもしれません(笑)

少なくとも私は、メンズファッションプラスを2012年5月に開始してから、一応用語は覚えるようにしていますが、未だに「ズボンをパンツということ」を認めていません(笑)単純に、ボクサーパンツとかのパンツとごっちゃになるので、ズボンに戻して欲しい派です(笑)

で、そんな私がメンズファッションの通販サイトで服を買おうと思ってサイトを見て思うのが、「全然用語がわからない・・・(汗」ということです。

メンズファッションプラスをやっているのでギリギリわかりますが、やっぱり商品ページで「クロップドパンツをロールアップして履いて下さい!」と書かれていても「うんっ!?」ってなる気がしました。

ただ、メンズファッションプラスでは「ファッション初心者にやさしい、奇抜でない無難なファッション」を推奨していますので、「出来る限り専門用語を使うのは控えて欲しい。」と社内では伝えています。

ただ、一方でカタガナの横文字じゃなく、日本語だと、「オシャレな感じ」がサイトから伝わってこないのですが、そこは我慢かなと思っています(笑)

ぜひ、そういう視点でも、メンズファッションプラスや、メンズファッションプラス塾などを見てもらえると嬉しいです(゚д゚)!

編集後記

今回は、「ファッション用語」について考えてみましたが、如何だったでしょうか。

最後にも書きましたが、やはり「雰囲気が重要な通販サイト」において、メンズファッションプラスのような「初心者向けの用語」を使うのは、なかなか見栄え的によくありません。

ただ、見栄えよりも「コンセプト」が重要なので、このスタイルを続けていきたいと思っています!!

(編集:メンズファッションプラス代表・永上裕之)

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

【2017年・2018年】今年流行りのメンズファッション特集カテゴリの人気記事

≫もっと見る