洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

「“正解”を着こなすイマドキ男子のファッション事情」という記事が納得すぎます(笑)

view16,939


引用:“正解”を着こなすイマドキ男子のファッション事情 – 電通報

電通若者研究部(通称:ワカモン)が発表した、最近のメンズファッション事情の考察が非常に共感!

上記の画像でもありますが、電通若者研究部(通称:ワカモン)で書かれている最近の若者のメンズファッションに対する向き合い方を考察する記事が公開されました。

その内容が、メンズファッションプラスの考えと近いものが多く、非常に共感したため、今回は上記の記事を深堀りしてみたいと思います!

学生が多く集う買い物スポットや繁華街、大学周辺などにくり出し、見渡してみると、確かに“ちゃんと”している。トレンドのアイテムを持っていたり、清潔感があったり、髪形もきちんと整髪剤を使ってセットしていたり。「好き」とまではいかないけれど、周りから浮かない程度に気にしている。それがイマドキ男子のファッションへの向き合い方のメジャーになっているのです。

面白いですね!(笑)個人的なかみ砕き方としては、

「ファッションに関して、ちゃんと一通り勉強はしてるけど、胃が痛くなるほど服が欲しいかというと、そこまで熱狂的ではない(優先順位が上位ではない)」

ということなのかなと思いました。

これは、非常に共感でして、私とかはファッションに興味がなさ過ぎるのかもですが、少し上の世代の人と話すと、1番最初の画像の右側の人のように「誰かが同じとか絶対、嫌!」とか、「このスニーカー10万円でGET!」とか、「このタグ欲しさに買うっしょ!」とか、「発売日に並んで買った」という話はよく聞きますが、そういう温度感って、最近は減ってきてるのかな、、、と直感的に思います。

最近の若者は、NGファッションがネットで出回り、“ハズさない”力が上がっている!

ググればわかるNGコーデ
みんな“ちゃんと”して見える=身だしなみレベルが高まっている、平均値が上がっている。というよりは、検索すれば「正解」「NG」情報が大量に出てくる中で、「いや~それはない!」的な服の合わせ方の回避能力が高まっているともいえます。つまりは、“ハズさない”力。
“ハズさない”力の背景、それは情報流通量の多さも関係していると考えられます。
「この夏の正解!」「これだけはやめておけ」といったたぐいのファッション関連記事は検索するだけで山ほど出てきます。たとえば、私のパソコンでGoogle検索すると「大学生 NGコーデ 男子」で12.3万件がヒット(2015/6/1時点)。ハズさないための土壌が整っているのです。
大量の情報量から、いや応なく型が見え隠れしている。その中で、“自分で自分の型を見つける”作業はごそっと抜け落ち、ある程度は“見本”通りで何とかなってしまいます。

と、これも非常に納得です(笑)

例えば、私が運営しているメンズファッションプラスでは「外さない、挑戦しない、失敗しない」の3つをテーマにコーディネートを3年以上前から作成しておりまして、まさに「外さないファッション」に特化したサイトです。サイトオープン前には「そんな、無個性なサイト絶対支持されないよ!」と言われていたのですが、お陰様で今年の5月で4年目に突入し、なんとか一定の指示をいただけているのかなと思っております。

ただ、ここまで「外さない」に特化しているのは少ないとしても、「奇抜なファッション」ということに対してのウケは悪くなっているような気がします。

ファッションはより多くの人にバカにされないことが重要

浮かず、引かれず、なじみたい
一昔前は、個性の表現の最たるものだったファッション。
しかし今はSNSの台頭により、自己表現のツールが増えた分、ファッションは自己表現の手段としての意味合いが薄れてきています。今やファッションは、「自分はこうです!」という個性を打ち出すプレゼンテーションの手段というよりは、みんなに溶け込み、認められるためのコミュニケーション手段のひとつになっているのです。

という記載にもある通りだと私も思っておりまして、「奇抜なファッションは、一部の人に深く刺さる反面、多くの人にネガティブに写る」と思っています。

私個人としては、ファッションでその人の人格が決まるわけでないのに、ファッションにより「本来の自分の人格」に変なフィルターが掛かってしまうことは避けるためにも、ファッションでは挑戦せず「無難にカッコイイ」程度が1番総合的にいい!と思っています。

編集後記

今回のワカモンさんの記事は、何度も頷く点が多くいい記事でした(笑)

記事中にある「ファッションはコミュニケーション手段のひとつである」的なことは2012年にメンズファッションプラスを立ち上げたときに取材いただいたときにも話していたのですが、当時は、イマイチ理解してもらえていませんでした。

しかし、昨年に「ノームコア」(Normcoreとは、norm(normalの略)は「標準」、coreは「ハードコア」などの「コア」を組み合わせた造語で「究極の普通」という意味)という言葉がバズったり、今年は上記のような記事もネットでバズったりしていて徐々に、メンズファッションプラスの「無難なファッション」というコンセプトに関しても理解頂ける人が増えてきていると非常に実感しています。

そして、本格的にメンズファッションプラスのコンセプトである「無難カッコイイ」ブームが来るといいな~と思っています!ぜひ、皆さん、賛同よろしくお願いします!

(編集:メンズファッションプラス代表・永上裕之)

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

【2016年・2017年】今、流行りのメンズファッション特集カテゴリの人気記事

≫もっと見る