洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

10代~20代のオシャレ男子のバイブル【チョキチョキ(CHOKiCHOKi)】が休刊

view2,311

メンズファッションのさまざま流行を生み出した雑誌が休刊へ

男性月刊誌では珍しいヘアスタイルにフィーチャーした雑誌として話題を呼んだのが【チョキチョキ】。ここ数年はファッションにも力を入れ、原宿系&ストリートスタイルなども豊富に紹介していました。

しかし今回なんと、5月23日発売の7月号にて休刊ということに。

内外出版社は、メンズヘア&ファッション誌の「チョキチョキ(CHOKICHOKI)」を5月24日発売の7月号をもって休刊する。同誌は2000年にメンズヘア&ビューティー誌として創刊。後に髪型だけでなくファッションもカバーする雑誌となり、カリスマ美容師ブームの火付け役となった。

引用:メンズ誌「チョキチョキ」が休刊 | BRAND TOPICS | BUSINESS | WWD JAPAN.COM

「おしゃれキング」と呼ばれる読者モデルが誌面を飾るなど、SHIMAアートディレクター奈良裕也氏をはじめとする数多くのファッショニスタを輩出し、読者からも絶大な支持を得ていた【チョキチョキ】。「サロン系ファッション」・「ソーセージパン男子」など、さまざまな流行を生み出した雑誌でもあったのに、非常に残念です。

【チョキチョキ】が作った「サロン系ファッション」とは?

「サロン系」は美容師がするようなファッションのことで、最大の特徴はレイヤードです。ドレープの入ったカットソーや首元が開いたカットソーをロングカーディガンやジレなどと重ね着。今ではオシャレの代名詞でもあるレイヤードスタイルのパイオニアが美容師であり、それにイチ早く目をつけたのが【チョキチョキ】なのです。

そして全体的にタイトなシルエットだからか、どこかフェミニンな印象というのも特徴。モテファッションとして、今もなお原宿系ならずとも多くの女子から支持を得ています。

具体的な「サロン系ファッション」の例とは?

言葉でサロン系ファッションをあれこれ読んでもなかなかわかりにくいかもですね。ここで具体的にサロン系ファッションで使われるアイテム例を、メンズファッションプラスで扱っているアイテムの中からピックアップしてみます。

例えばマネキン買いの中からサロン系コーデの例を出すなら、上の写真のコーデです。小物の取り入れ方もこれは完璧です。

また単品のアイテムで見ていくと、例えばニットソーとカットソーのアンサンブルは、まさにサロン系らしいレイヤード。首元にネックレスも似合いますよね。

またアイテムの種類で見たときには、カーディガンも欠かせないアイテム。フェミニンさに優しさをプラスする効果もあるので、さらなるモテが狙えちゃうのもポイントです。特にコチラのようなメランジ感があるカーディガンはお洒落度が高いです。ちなみにサロン系コーデでは、インナーにシャツでなくカットソーを合わせるのが鉄則ですよ。

アイテムを組み合わせてレイヤードにするのが苦手という場合には、フェイクレイヤードデザインのアイテムを使う手もあります。コチラのようなネックや袖口から映える色合いがチラ見えアクセントなアイテムなら、組み合わせに悩まずにサロン系コーデのベースが作れちゃいますね。

ところで【チョキチョキ】が生み出した「ソーセージパン男子」とは?

簡単にいえば、見た目はふんわりしているのに中身は肉食系の男子のこと。特徴としては
 ・太っているのではなく、あくまでもガッチリ
 ・体型を生かした服装
 ・キメるところはキメる
 ・愛されキャラ
 ・清潔感がある
 ・話しかけやすい雰囲気
 
芸能人でいうと、TOKIOの山口達也さんやケンドーコバヤシさん。スタイルのいいイケメンだけがモテるんじゃないんです。この【ソーセージパン男子」の登場は、女の子が好印象に感じる男子のレンジって意外と幅広いんだ!と希望にもなったはずですね。

編集後記

あらゆる流行を生み出し、オシャレ男子ならずとも絶大な支持を得ていた【チョキチョキ】。5月23日発売の7月号で休刊というのは本当に残念ですよね。でも、10~20代男子のバイブルとして、なんらかのカタチで復活することを願っています!

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

メンズファッション雑誌でおしゃれを学ぶカテゴリの人気記事

≫もっと見る