洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

「アンクル」って何?

view2,063

アンクル(ankle)の意味

アンクル(ankle)は「足首・くるぶし」とう意味で、アンクル・ソックスは靴下の一種で、足首・くるぶしが露出するくらい短い靴下のことです。

アンクル

一般的には「スニーカー・ソックス」といわれることが多いです。若者は「スニソ」と略すこともあります。

また、「くるぶしソックス」「ショートソックス」などとも呼ばれています。靴を履くとニットの縁だけがのぞき、まるで素足で靴を履いているように見えます。日本では90年代末頃から履かれるようになりました。

冬になってもアンクル・ソックスを履くことが一般的に

最初は男女問わず、若者を中心に流行していき、いまではスニーカーを履くときに年代を問わず、履かれるようになってきています。元々は暑い地方の学生から広まりました。最近は男子学生は暑さに関わらず、冬になってもアンクル・ソックスを履くことが一般的になってきています。

デザインや柄について

デザイン・柄などはいろいろありますが、定番は白をベースに、つま先とゴムに色のラインが施されているものです。最近では5本指ソックスのアンクル・ソックスも出てきています。

スニーカー以外の靴で履かれることもありますが、年配の方から見るとカジュアルなイメージが強いので、ビジネスシーンやフォーマルシーンには適しません。若い年代の人々は特に注意が必要です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

メンズファッション用語辞典カテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る