洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

【ラジオ文字起こし】第8回・クロちゃんと立花あんなの地下アイドル談義!【ゲスト:地下アイドル・桜のどか】

view1,402

ラジオ情報

クロちゃんと立花あんなの地下アイドル談義〜第8回〜 | AliceProject(アリスプロジェクト)特別インタビュー企画
地下アイドル『AliceProject(アリスプロジェクト)』特設ページ

クロちゃんと立花あんなの地下アイドル談義

あんな:フー!

(パフ、パフ)

クロちゃん:あはは(笑)。

あんな:しょっぱな使ってみました。

(パフ、パフ)

クロちゃん:使いましたね。

あんな:はい。ということで、だんだん回を重ねてきたんですけれども。

クロちゃん:はい。重ねるごとにじゃなくて?

あんな: あはは(笑)。回を重ねるごとに楽しくなってきたんですけど。

クロちゃん:はじめは楽しくなかったってことですか?

あんな:楽しい!いやいや、いやいや。最初が楽しくて、今は絶好調に楽しい。

クロちゃん:そうなの?おお!あがってきてるんですね。

あんな:そうですよ。クロちゃんと私たちの出会いって、もとはと言えばクロちゃんの番組に、私たちが出させていただいたじゃないですか。

クロちゃん:そうですね。

あんな:あれって、どうやって私たちになったんですか?

クロちゃん:あれは、本当に一番最初に来てほしいと思って、アリス十番さんに来てもらったので。

あんな:わあ!

クロちゃん:やっぱYouTubeとか、あとなんか話題でね。今、地下アイドルにすごいやつらがいるって言って、どんなんだろうと思ってYouTubeとかで見てみると。

あんな:ええ!

クロちゃん:自分たちが飛んで、客席に飛んだりとかして。あとファンの人のオタ芸とかもすごかったしさ。

あんな:へえ。じゃあ噂になっていたってことですか?

クロちゃん:なってた、なってた。

あんな:ええ、嬉しいですね。芸人さんの間でってことですか?

クロちゃん:オタク仲間の間で、ですね。

あんな:そうなんですか。

クロちゃん:はい。

あんな:すごい。噂が回るんですね。

クロちゃん:回っていましたね。回った上で来てもらって、本当に会えば会うほど「なんじゃこいつら」って思ったけどね。

あんな:なんでですかー!ボートもよく担いでくださっているじゃないですか。

クロちゃん:違いますよ。担いでくれるとかじゃなくて、知らないけれど一番前のほうに行かされて、持たされて、練り歩かされるだけなので。僕、見たことなかったんですよね、本当に。

あんな:でも、あんながボートになってから、まだクロちゃんに1回も担いでもらったことないんですよ。

クロちゃん:いや、これからも担ぐことはございませんよ、私。

あんな:なんでですか!期待しているんで、よろしくお願いしまーす!

クロちゃん:どんなよろしくなの。また機会があればね。

あんな:はい。ということで、今日のゲストは誰なんだ、誰なんだ、誰なんでしょうか?

クロちゃん:やった。噛んじゃいましたよー。

あんな:やばい(笑)。それでは今日も楽しくいきましょう!

クロちゃん:はーい!

(CM)

クロちゃんと立花あんなの地下アイドル談義

(コーナータイトル)こやつ、何者?

あんな:このコーナーは、ゲストさんが一体全体何者なのか、今日も半袖半ズボンの、さっきも言っちゃった(笑)。クロちゃんと一緒に質問攻めしちゃいます(笑)。

クロちゃん:笑ってごまかそうとするの、やめてもらえません?やった!子どもは風邪の子、元気な子。親から見たら、いつまでも子ども!

(パフ、パフ、パフ、パフ)

クロちゃん:本当にあなた、8回目ですか?

あんな:今日、やばいですね。これからあんなよりもっとすべりの達人がゲストで来ているので、呼んでみたいと思いまーす。

クロちゃん:どんな達人ですか!

あんな:それではアリス十番から、桜のどかちゃんでーす。

桜:イエーイ!

クロちゃん:おお!

桜:こんにちはー。

あんな:こんにちは。

桜:ちょっと待って、すべりの達人ってなんなの!

あんな:あはは(笑)。

桜:どうも。アリス十番リーダーの桜のどかです。

あんな:イエーイ!

クロちゃん:イェイ。

桜:よろしくお願いします。

あんな:お願いします。やっと十番メンバーの先輩が来ました、先輩が。

クロちゃん:そうですね。前は、後輩でしたからね。

あんな:はい。のどかさん以外、みんな後輩なんです、今のところゲストに出ているの。

クロちゃん:そうなの?

あんな:はい。

クロちゃん:そうなんだ。

あんな:先輩なので、恐縮しながらちょっと頑張りたい。

クロちゃん:いや、「恐縮しながら」って肩こうやってグルグル回さないで。

あんな:あはは(笑)。はい。ということで、早速のどかさんを、いっぱいいっぱい掘り下げていきたいと思います。質問コーナーへどうぞ!

桜:わお!

自分を一言で言うと何ですか?

桜:しっかり者の仮面をかぶった、うっかり者です。

クロちゃん:お、うまい感じで言っている感じはしますけど。

全員:(笑)

あんな:しっかり者の仮面。あ、そういうことか。

桜:そう。やっぱりリーダーなので「しっかり者でありたい」っていう願望があって、しっかり者のふりをしているんですけど、実は私、三姉妹の末っ子で。

あんな:ええ!

クロちゃん:そうなんだ。

桜:そうなんです。全然しっかりしていなくて。しっかりするふりを頑張ってしていて、でもプライベートでは、本当に落し物をしたりとか、忘れ物をしたりとか、しょっちゅう階段で転んだりとか(笑)。

あんな:全然忘れ物とかしないですよ。

桜:そう。そういうふりをして頑張ってる。

あんな:するとしたら、めっちゃでっかい忘れ物するんです。

桜:あはは(笑)。

あんな:ファンの人からあり得ないくらいでかい白いドレスをもらったのに、それを忘れて帰っちゃったり。

クロちゃん:それ、どういうこと?

あんな:手袋とか、小っちゃいもの忘れるのはわかるじゃないですか?

クロちゃん:うん。

あんな:でかっ!みたいなものを忘れるんですよ。

クロちゃん:それは、忘れるというプレイだったの?

桜:いや、プレイじゃないです(笑)。普通に荷物全部持って帰ったと思ったら、次の日に、しかもテレビ局かどこかに忘れちゃって。

クロちゃん:え、そうなの!

桜:テレビ局の方に(笑)。

あんな:スタッフさんに「この忘れ物、誰?」って。見たらめっちゃでかくて「こんなの忘れる人いないですよ」って言ったら、のどかさん。

桜:「は、はい」みたいな感じで。

クロちゃん:おかしいでしょ。大道具さんの忘れ物じゃん、それ。

桜:大道具さん(笑)。

あんな:とか、あとアリス十番の衣装ってタンクトップにネットなんですよ。

クロちゃん:知っていますよ。

あんな:そうじゃないですか。

クロちゃん:はい。蛍光色のね。

あんな:タンクトップのネットを逆さまに着ちゃう人は多いですけれど、パッと見が一緒なので。タンクトップって完全に柄が違うんですよ、裏表。逆に着ていて。

クロちゃん:え?

あんな:逆に着ていたんですよ、裏表を。

桜:いやいや、まあまあまあ、ね。

あんな:むっちゃおもしろくて、絶対これ、このまま出してやろうと思って。

クロちゃん:あはは(笑)。

あんな:ライブに出して、MCで言いました。

桜:ひどくない?

あんな:あはは(笑)。

桜:普通にライブしているのに、みんななんかクスクス笑っているんですよ。「のどかさん、絶対そのまま出てね」とか言ってくるから、なんだろうって思ったらMC中に「裏表、逆だし」って言われて。

あんな:そうなんです。

クロちゃん:それがいわゆる1つの、桜のどか状態ですか?

あんな:桜のどか状態です。

クロちゃん:長いスパンの桜のどか状態ですか?

桜:長いな(笑)。

あんな:そうです。わりかしそうです。

クロちゃん:これ聞かれている方は、皆さんわかっていると思いますけど、桜のどか状態ってどういうことなんですか?

あんな:完全に言うと、すべったりしらけたりすることですね。

クロちゃん:そうですね。

あんな:はい。

桜:ひどいー!

クロちゃん:すべったときに言われるのはわかるけど、しらけたって言われるのは結構きついですよね。

あんな:あはは(笑)。

桜:結構きついですからね、本当に。

あんな:しらけちゃいますよ。まだまだ、のどかさんを掘り下げていきたいと思います。

クロちゃん:はい。

アイドル、芸能を始めたきっかけを教えてください

桜:みんなゲストの方「アイドルに憧れて」とか言うと思うんですけれど、のどかは実はアイドルになりたいって思ったことが1回もなくて。

クロちゃん:え?

あんな:いやあ。

桜:高校生のときに舞台を見に行ったのがきっかけで、それですごい衝撃を受けて、自分も始めたいなって思って。女優さんに憧れたんですよ。なので、アイドルをやるとは全く思わなかったです。

クロちゃん:うん。

あんな:女優さんぽいですよね、なんか。

桜:ほんとに?

クロちゃん:ほんとに?

桜:ほんとって!

あんな:あはは(笑)。

クロちゃん:自分も聞いたじゃん。

あんな:今、2人に聞かれた。

桜:自分で聞くのはいいけども、

あんな:めっちゃおもしろかった。

クロちゃん:別にのどかちゃんがどうこう関係なく、あんなちゃんが言ったことが本当かどうか、俺わかんないからさ。

あんな:なんでですか!

クロちゃん:どこが、どこら辺が?

あんな:顔ですよ、顔。

桜:顔?

クロちゃん:ざっくりだな、本当に。

あんな:女優顔じゃないですか?美しい。

クロちゃん:女優顔って言われたことありますか?

桜:たまに。

クロちゃん:言われるんだ。

桜:あはは(笑)。

あんな:ちょっと今、まんざらでもない感じでしたよね。

クロちゃん:これ2人が盛り上がっているからいいけど、違う人たち桜のどか状態ですから、今。

あんな:あはは(笑)。

桜:やめてください(笑)。笑ってください。

あんな:よくのどかさんのおかげで、MC中のどか状態がホーッて。

クロちゃん:ホーッて何?けど、今アイドルやっているじゃないですか。自分の中のギャップってあるんですか?

桜:ああ。でも、今はアイドルである自分っていうのが、すごい自分だなって思っているので。もちろん女優になりたいという夢はあるんですけど、それはいつかの話で。それもできて、今はアリス十番として成功できたらなって。

あんな:さすがリーダーですよ、もう。(拍手)

クロちゃん:アイドルっていうことは、きゃぴきゃぴしたりするところとか見せたりするの?

桜:全然ないです。

あんな:それはね(笑)。

クロちゃん:ないんだ。

桜:ないよね?プリプリ系じゃないですか?

クロちゃん:どういうこと?

あんな:ツインテールとかしているんですよ。

クロちゃん:してんの?

あんな:そう。だから、私服だと女優っぽくなっちゃうんですけど、衣装を着てツインテールしたら、アイドルモードののどかさんが見れます。

桜:そう。たぶん普通のキャピキャピしたアイドルさんにはなれないと思うので、アリス十番が合っているのかなと思う。

クロちゃん:そういう感じなんだ。

桜:そういう感じです。

あんな:そうなんですよ。

クロちゃん:うまいことまとめられましたね。

桜:あはは(笑)。

あんな:そういうことですよ、皆さん。

もし自分がアイドル、芸能をしていなかったら何をしていると思いますか?

桜:たぶんペット関係の仕事。

クロちゃん:ペット関係?

桜:か、お料理教室とかを開いているかも。

あんな:ああ。すごい。ペットはまず好きですもんね?

桜:そう。大好きで、小学生くらいの頃からずっと休み時間に図鑑を読んでいて(笑)。

あんな:ええ!

クロちゃん:図鑑を読んでたの?

桜:動物の図鑑をずっと読んでいて。

あんな:すごい。

桜:授業中とかも読んでいるくらい、すごい動物が好きで。あと幼稚園の頃の最後の文集みたいなのを書いていたときにも、将来の夢はっていうところに、「ペット屋さん」って書いていて。

クロちゃん:へえ!

桜:本当にペットが大好きなんですよ。

クロちゃん:何のペットが好きなんですか?

桜:一番は犬!

クロちゃん:犬、おお!

桜:絶対犬。

あんな:飼っていますもんね、犬。

桜:そう。

あんな:犬、飼っているんですよ。

桜:そうなんです。

クロちゃん:だから、ドッグフード食べるの?

桜:そう。

全員:(笑)

クロちゃん:それ違うじゃん。自分も飼われたいみたいな願望じゃないの?それ。

桜:いやいや、いやいや。飼われたい、飼いたいです。

あんな:そんなドッグフードを食べるのどかさんは、お料理教室を開いているっていうのは。

桜:そう。

クロちゃん:おかしいでしょ。おかしいじゃん。

あんな:危ない、危ない。

クロちゃん:っていうか、ドッグフードを食べている人がお料理教室を開いていたら、もしかしたら混ぜられてるんちゃうかな、って思うよね。

あんな:誰も来ない、誰も。

桜:大丈夫、大丈夫。

あんな:大丈夫ですかね?

桜:そうそう。おいしいドッグフード入りのご飯を作る。

クロちゃん:入れるのかよ!やっぱり。

あんな:皆さん、のどかさんには要注意です。

アリス十番の衣装の中で、何が一番好きですか?理由もお願いします

桜:アリス十番の旧衣装が一番好きです。

あんな:おお!噂の。

桜:うん。着ているときは、ぶっちゃけ早くもう衣装変わってほしいと思っていたんですよ。

あんな:あはは(笑)。

クロちゃん:そこまでか。

桜:そう。ボロボロになっちゃっているし。

あんな:そうですね。

桜:でも、やっぱり今思うと、一番初期から着ていて思い入れのある衣装で。あの衣装と共に、アリス十番が成長したというか、いろんなことを乗り越えたなって思うので、一番好きです。

あんな:最初にクロちゃんに出会ったときも、この旧衣装でしたよね。

桜:そうだ。

クロちゃん:そうなのよ。それから蛍光色のやつに変わった。

あんな:そうなんですよ。

クロちゃん:蛍光色の今の衣装になって、すごくポップ感は増えたんだけど。やっぱアリス十番ってイメージをつけたのってやっぱ旧衣装だと俺も思うのよね。

桜:おお!

あんな:おお、やっぱり!

クロちゃん:あの格好でジェイソンマスクっていうのは、やっぱ響くものが全然違ったから。

あんな:へえ!やっぱ違うんですね、衣装で全然。

クロちゃん:いや、全然違うよ。だからこそ、いろんなことを乗り越えてって今の蛍光色になっているっていうのもよくわかるし。

あんな:わー、なんか嬉しい話になっちゃった。

クロちゃん:いや、だめなのかよ!

全員:(笑)

あんな:ありがとうございます。

プライベートでは、何をしているときが幸せですか?

桜:入浴剤入りのお風呂に、ゆっくり入っているとき。あとは、温泉も大好きだし、やっぱり犬をずっと抱っこしているとき。

クロちゃん:きゃあー!

あんな:かわいい。

桜:それが一番幸せです。

クロちゃん:へえー。

桜:いっても、今家に犬いないんですけど。

クロちゃん:いないの?

桜:そうなんですよ。貧乏すぎて。あとやっぱり忙しいので。

クロちゃん:「貧乏すぎて」って言っちゃってるじゃん。

桜:そう。それでちょっと親戚のところに預けたりしているんで。

あんな:会いたくなりますか?

桜:会いたいです、本当に。

あんな:そうですよね。

クロちゃん:入浴剤っていうのは、何系のやつ入れるの?

桜:何でも入れる。

あんな:クロちゃんさんがアロマセラピーの。

クロちゃん:うん、持ってますよ。

桜:おお!

あんな:入れてもらって。

桜:ぜひ!

クロちゃん:いや、バスソルトとか全然作りますけど。

桜:すごい!

クロちゃん:全然作るよ。だって、自分で作って入れてるし。

桜:リフレッシュするには何がおすすめですか?

クロちゃん:疲れとりたいってこと?

桜:うん。

クロちゃん:筋肉痛とかだったら、レモングラスとかもいいかもね。

桜:そうなんだ。

クロちゃん:ゆっくりリラックスしたいんだったら、やっぱりペパーミントとか。ちょっと副交感神経を刺激する感じがいいのかもしれませんね。

桜:すごーい。顔に似合わず(笑)。

あんな:あれ(笑)。毒吐かれましたよ。

クロちゃん:本当に。なんか優しい感じの毒吐かれたね。

あんな:優しい感じの毒を吐かれました。

クロちゃん:どんな感じや!

デートをするなら、どこに行きたいですか?

桜:どこでもいいけど、水族館か動物園かドッグカフェかサファリパーク!

クロちゃん:どこでもよくないじゃん。

あんな:でも、やっぱ生物系に行きたいんですね。

桜:そう。一緒にやっぱ動物園とか行ってみたいなって思うんです。

あんな:へえ。でも、動物園臭くないですか?

クロちゃん:おい!

桜:あはは(笑)。

あんな:カットかな?

クロちゃん:いや、いいよ、全然。

あんな:大丈夫ですか?

クロちゃん:独特な匂いするから、やっぱ慣れるまで結構かかりますね。

あんな:すみません。

クロちゃん:けど、それ以上に動物のこと好きだから。

あんな:そっか、そっか。

クロちゃん:やっぱ行っちゃったりとか。

桜:そうそう、そうそう。やっぱそこも含めて、一緒に楽しんでくれる人がいいなって。

クロちゃん:あはは(笑)。すごい。なんか相容れないものがあったよね。

あんな:でも、動物園とかは、ふれあいコーナーみたいなのがあるじゃないですか。行ったことがあって、

クロちゃん:あったんや。

あんな:ヒヨコを触っていたんですよ。

クロちゃん:かわいいじゃん。

あんな:頭なでていたんですよ。そうしたら、寝ちゃって-!

桜:かわいい。

あんな:かわいいと思って。寝たまま起こさないで置いてあげようと思ったら起きちゃいました。

クロちゃん:うん。

桜:のどか状態ですね。

あんな:あれ、やばい。

クロちゃん:ありがとうございます。のどか状態。

桜:◆◆。

クロちゃん:のどか状態の香りが移っていきました。

あんな:ちょっとこれはやばい。今日はあんながのどか状態多いんですよ。のどかさんはデートは生物系でした。

食べてみたいデート食事はなんですか?

桜:特に好き嫌いがないので。

クロちゃん:ないの?

桜:そうなんですよ。なんでもいいし。例えば、本当に近くのラーメン屋とかでも全然いいし。

クロちゃん:デート?

あんな:へえ。

桜:はい。別に場所とか全然こだわらないです。

あんな:そうなんですか。でも、のどかさん本当に好き嫌いなくて、あんなが食べられないものが多いんですけど、ほぼのどかさんが食べてくれます。

桜:あはは(笑)。残飯処理。

クロちゃん:一番の先輩っていうか、リーダーを残飯処理っていうのはだめでしょう。

あんな:違いますよ。食べられない。

クロちゃん:どの残飯が一番おいしかったですか?

桜:何だろう。いつも人参スティックとかくれるの。

あんな:たくわんとか。

桜:そうそう。たくわん(笑)。あとお弁当の端っこみたいなのをね。

クロちゃん:あはは(笑)。本当の残飯処理じゃんか。

あんな:いや。でも食べてくれるので、やっぱおいしく食べてくれる人に食べてもらったほうが。

クロちゃん:いやいや、あんたが作ったものじゃねえだろ!

あんな:ご飯も嬉しいなと思って、あげているわけです。

クロちゃん:「あげているわけ」ってなんだ。上から言ったけど、本当最後。

桜:いただいてます。

クロちゃん:どんな関係性、本当に。

あんな:すごいですね。

クロちゃん:うん。

あんな:じゃあ、どこでもいいそうです!

男性のグッとくる仕草を教えてください

桜:これ、仕草じゃないんですけど、クシャって笑う笑顔が一番いいな。

あんな:おお!

クロちゃん:ああー。

桜:クシャって。

あんな:クシャっと。

クロちゃん:どんな顔?「すっぱ」みたいな感じ?梅干し「すっぱ」、こんな感じ?

桜:違う(笑)。全然グッとこない!

クロちゃん:いや、クシャって言ったから。

あんな:こんな感じですよ、ほら。ピコピコハンマーの。

桜:クシャッ。

クロちゃん:くしゃおじさんっていたじゃん?そんな人みたいな感じ?

桜:嬉しいときに自然と作り笑顔じゃなくて、本当に笑うとなんかクシャっとなるじゃないですか。

あんな:ああー。

桜:その感じが。

あんな:でも、やっぱ笑顔は素敵ですよね。

桜:ね-。

クロちゃん:俺、笑顔したのに、それをぼろくそ言われて今◆◆。

あんな:だって、梅干しみたいな顔してたんだもん。

桜:梅干し。

クロちゃん:「すっぱ」じゃだめなの?

桜:「すっぱ」じゃだめ。クシャがポイントですよ。

クロちゃん:もうちょっと練習しますね。

あんな:練習してください。のどか推しの皆さんも、ぜひクシャな笑顔を練習してね。

好きな男性に言われたい言葉は何ですか?

桜:一番は「頑張ってるね」とか、認められたいっていうのがあるなって思います。あとは普通にやっぱり「かわいい」とか。

あんな:ヒュー!かわいい。

桜:別に見た目がかわいいとかじゃなくて、何かしたことに対して「かわいいね」とか。

クロちゃん:テレビ局に白いドレス、でっかいの忘れたからってこと?

桜:あはは(笑)。

あんな:かわいい。

クロちゃん:「そのドジなところがかわいいね」って。「大道具さんも持っていきかけたけど、何とか取り戻したけどね」みたいな感じ?

桜:そうそうそう。でもそういうことです。

クロちゃん:いや、そういうことなの?

全員:(笑)

あんな:そうなんですか。かわいいは嬉しいですね。

桜:やっぱ嬉しいですね。言われたいなって思います。

クロちゃん:リーダーやっていたら「頑張ってるね」とかはよく言われるんじゃない?

桜:あんまり言われないです。「頑張ってね」はよく言われるんですけど。

クロちゃん:「頑張ってね」なの(笑)。

桜:「頑張ってね」とかは言われるんですけど、別に頑張っているとは自分では思わないんですけど。それに対して評価をしてくれる人とか、すごく見てくれてたんだなって思うので嬉しいです。

クロちゃん:あんなちゃんから見てどうなの?リーダーは。

あんな:(咳払い)

桜:え?(笑)。

クロちゃん:今、マイクのテスト中ですか?

あんな:本当に調子が悪くて(笑)。リーダーは本当にま、ま、ま、まとめてくれてます。

桜:ま、ま、ま。

クロちゃん:ま、ま、ま、まとめて。言わされてるんじゃないの?

あんな:本当にアリス十番をまとめてくれていて。まとまりが、最近は本当よくなったんですけど、結成当時とかはバラバラで、

桜:バラバラだったね。

あんな:グチャグチャでごっちゃごちゃだったんですけど、人数が減ったのもあるんですけど、どんどん仲が良くなって。

クロちゃん:すごい、なんかいろんなことぶっちゃけているよね。

あんな:でも、本当にいつもメンバーのことすごい気にかけていて、1人でいつも走り回ってくれて、本当に。

桜:いつもバタバタしてるかもしれない。

あんな:すごい。いいリーダーです。(ぐすっ、ぐすっ)

クロちゃん:泣くなよ。

桜:泣いてないよ。

クロちゃん:泣いてない、本当に。

あんな:(笑)。

桜:泣くふりやめてよ。

あんな:本当にアリス十番のリーダーは、のどかさんじゃなきゃできないと思います。

桜:おお、ありがとうございます。

クロちゃん:だからこそ、ずっとリーダーやっているんだもんね。

あんな:そうですよ。

桜:いや、そうですね。気づいたら。でも、たまにリーダーも、もうリーダーいいよって思うときもあるんです。

クロちゃん:自分で?

桜:はい。

あんな:ええ!

クロちゃん:どういうとき?どういうとき?

桜:向いてないわって思って。やっぱり普段のうっかり者の素の自分が出るときに、無理やりしっかりを作っているので、そのときに結構ギャップで苦しんだりとかはあるんですけど。でも、やっぱみんなも頑張っているし、一緒に頑張ろうと思って。

クロちゃん:いいリーダーだね、本当ね。

あんな:いいリーダーですよ。うっかり者だけどね(笑)。

桜:あはは(笑)。

あんな:はい。

デートで、彼氏にどんなファッションを着てほしいですか?

桜:基本的には何でもいいんですけどね。あとTPOに合った格好。

クロちゃん:TPO?TKOじゃなくて?うちの。

あんな:おもしろい(笑)。

桜:何だっけ?TPOって何だっけ?

クロちゃん:わかんないで使ったの?

桜:言いますよね?言いますよね?TPOって。

クロちゃん:時と場合とかじゃないの?

桜:そういうやつ、そういうやつ、たぶん。

クロちゃん:たぶんってなんだよ、自分で書いたんでしょう?

桜:その場その場に合った格好だと、「ああ、ちゃんとできる人なんだ」って思う。基本的にはきれいめなカジュアルが好きですね。でも、ライブとかだと今日はイベントだからっていって、仮装とかしてきてくれたら、「すごいな、いいな」って思います。

あんな:意識入ってる。

桜:ねえ!

あんな:意識高い。

桜:そう。

クロちゃん:やっぱのどかちゃん見てくれてるとか、アリス十番のこと見てくれてるっていうのが、はっきりわかるもんね。

桜:はい。

クロちゃん:そっか。そういう気持ちも踏み込んできてくれる人が好きだと?

桜:はい。

あんな:きれいめカジュアルTPO。

桜:TPO(笑)。

あんな:どうですか?クロちゃんもカジュアルめですけど。

クロちゃん:そうですよ。

桜:こんな寒いのに真夏ですよね(笑)。

あんな:そうなんですよ。今日街でたまたま会って、半袖半ズボンで「クロちゃんだろうな」って思って見つけたんです。

桜:それはちょっとTPO、NGですよね。

あんな:NGでましたー!

(パフ、パフ、パフ)

クロちゃん:NG法案です。

あんな:はい。皆さんもTPOをわきまえてください。

クロちゃん:はい。

自分の中の乙女なところを、正直にお願いします

桜:昔から褒められ慣れないんですよ。

クロちゃん:ええー!

あんな:ええ!

桜:褒められたことが、本当になくて。

あんな:嘘だ!

桜:子どもの頃から、本当に。だから、褒められると、照れて何も言えなくなります。

あんな:ええー。でも、確かに。なんかかわいい。顔赤くなるイメージだよね。

桜:あはは(笑)。そう。

あんな:こういうイメージ、わかります?

クロちゃん:へえー。

桜:あんなちゃんに、「のどかさん、顔赤いよ」ってバカにされる。

あんな:バカにしてないですよ(笑)。

クロちゃん:バカにするの?

あんな:ちょっとー。やばい。のどか推しに怒られちゃう。でも、のどかさん末っ子だったんですよね?

桜:そう。

あんな:全然褒められないんですか?

桜:褒められなくて。うちお姉ちゃんがすごく怖くて、子どもの頃から。

クロちゃん:へえ。

あんな:へえ。

桜:いつも口ゲンカしたり、バカにされたりとかしていて、褒められたことが1回もなくて、けなされてばかりで(笑)。

あんな:いや、そんな、そんな。

桜:そう。だから、大人になってから褒められると、ちょっとどうしていいかわかんなくなるんです。

あんな:へえ、意外な。

クロちゃん:すごく意外だね。

あんな:褒められて育ったお嬢さまというか。

桜:全然。けなされて、けなされて育った。

あんな:あはは(笑)。これは掘り下げすぎちゃった。

クロちゃん:雑草魂ですよね。

あんな:雑草魂。でも、そこがアリス十番にふさわしいんですよ…あはは(笑)。

クロちゃん:いやいや、言った後に俺を見るの、何なの?

あんな:そうだなと思って。乙女な、じゃあ褒められ上手?褒められたい、のどかちゃんでした。

クロちゃん:それ間違ったの?

あんな:あはは(笑)。

クロちゃんにされたら嬉しいこと、絶対にいやなことを教えてください

クロちゃん:絶対に言わないからね。

桜:嬉しいのは、一緒にドッグフードを食べてくれたら嬉しいな。

クロちゃん:いや、食べさせられたじゃん、もう。

あんな:見た。

桜:そう、すごく嬉しくて、おいしそうに食べてくれたので。

クロちゃん:おいしそうじゃないよ、全然。俺2回食べさせられたことあるからね。

桜:どうでした?ぶっちゃけ。

クロちゃん:ぶっちゃけ?結構いけるね。いやいや。

あんな:あれ、あれ。

桜:でも、この間は生のドッグフードだったから、今度はおにぎりにしてね。

あんな:おにぎり?

クロちゃん:おにぎり?

桜:そう。具材をドッグフードにして差し入れようかなと思って。

クロちゃん:いや、本当に困るんだよね。のどかちゃんが、ドッグフードを食べさせたじゃんか、俺に。

桜:はい。

クロちゃん:それから俺も、ちょっとわかんなくなったみたいで。ロケとかで養豚場とか行って、餌で「これミルクですよ」って言うと、なめるのが普通になったりしたから。

あんな:きゃー!すごい。

クロちゃん:これ、ある意味また1つ違う、のどか状態だからね。

桜:あはは(笑)。

あんな:危ない、危ない。

クロちゃん:いや、危ないよ。本当に。

あんな:でも、のどか状態がひろまって嬉しいですね。

桜:嬉しい。いっぱい食べてください。

クロちゃん:いや、食べねえよ!そんなの。

あんな:絶対いやなことは?

桜:いやなのは、クロちゃんモジャモジャだから、生着替えは、ちょっと勘弁です。

クロちゃん:生着替え?脱ぐのはいいんですか?

桜:いやだ、いやだ!

あんな:いやだー!!

クロちゃん:脱ぐのはいいんですか?

桜:いやいや、いやいや。

あんな:あんな、結構5~6回隣でやられていますけどね。

クロちゃん:すごいね。8回目にして5~6回ってすごいね。

あんな:本当ですよ!

桜:すごいね。

あんな:この質問をすると、大体の人がこの「おけけ」を。

桜:ああ。

クロちゃん:本当だよ。どんだけ嫌われてんだよ(笑)!

あんな:いつか、ツルツルなクロちゃんを見たいですね。

桜:ツルツルにしてきてくださいよ。

クロちゃん:いや、それはそれで俺が違和感感じますよ!

あんな:あはは(笑)。よろしくお願いします。

クロちゃん:いやいや(笑)。

最後に自分の夢をお願いします

桜:今一番は、このアリス十番として成功して、大きなステージに立ち続けたいなって思っていて。それから、やっぱりもともとの夢である女優さんになって、ずっとこの芸能界という世界にい続けたいです。

クロちゃん:ほおー。

あんな:いたいですね!

桜:ねえ!

あんな:だって、アリス十番で大きなステージにいくのも大変ですけど、芸能界にやっぱ残っていくのもそうじゃん。

桜:ね。大変。

クロちゃん:そうやね。けど、本当にやっぱ狭い世界、狭いっていうか全員が全員なれるわけじゃないから。今アリス十番やっていることも、すごいことだからね。

あんな:そうですよ。こんな毎日ライブやらせていただける場所にいて。

桜:本当。

クロちゃん:やっぱ全然力ついていると思いますし。毎日やっているなんて、普通できないからね、本当に。それをのどかちゃんが、今後のアリス十番だけじゃなくて、女優にもプラスになるんだろうなと思うよ。

あんな:うん。

桜:そう思って頑張りたいです。ちょっとクロちゃんを見習ってね。

あんな:ねえ!すごい体はってね。

桜:体はって。

クロちゃん:体はって、いや。俺みたいに体はっているとおかしくなるから、本当に。

あんな:あはは(笑)。ということで今日もいっぱい質問答えていただきました。

クロちゃん:うん。

あんな:ありがとうございます。

(コーナー終了)

あんな:はい。質問コーナーも終わったんですけれども、どうでしたか?のどかさん。いっぱい質問があって。

桜:いや、楽しいですね。さらけ出した感じが。

あんな:さらけ出しましたね。

桜:はい。

クロちゃん:あはは(笑)。

あんな:でも、思っていた以上に、のどか状態はあんまりなくって。

桜:そう。あんなちゃんが。

クロちゃん:のどかちゃんが来てくれたことで、たぶんすごいやりやすかったっていうか、安心したんですよね、たぶん。

あんな:そう。

クロちゃん:いつも自分よりも年下の子とか後輩の子が来るから、しっかりしないとって。しっかりできていないんですけれど。

あんな:いやだー!

桜:あはは(笑)。

クロちゃん:でも、すごい仲がいい雰囲気が出てましたよ。

あんな:よかった。

桜:よかった。

あんな:本当に最初のほうとか、ゲストの鈴村愛理ちゃんがぶっ飛びすぎていて。

クロちゃん:あはは(笑)。

あんな:大変でしたよね。

クロちゃん:そうだね。どうしていいのかわかんなかったね。

あんな:本当に聞いてほしいです、これ。

桜:聞きたいです。

あんな:はい。ということで、のどかさん。

桜:はい。

あんな:アリスプロジェクトも本当に。

桜:うん、うん。

あんな:三大欲求じゃなくて(笑)。

桜:なに、なに(笑)?どうした?

クロちゃん:聞いたことあるようなこと言っているけど。

あんな:古参?

クロちゃん:古参?うん。

あんな:いっぱい大昔からいらっしゃるんですけど。

クロちゃん:大昔(笑)。紀元前みたいな感じ、やめてよ。

桜:すごいディスられてる感じ。

あんな:違いますよ(笑)。一番アリスプロジェクトをよく知っているんですけど、その中から好きな曲をぜひ選んでください。

桜:好きな曲ありすぎて、

あんな:そうですよね。

桜:困るんです。本当は『全快☆ヒーロー』が好きなんですけど。

クロちゃん:おお。

桜:でも、ずっとオープニングとかでも流れているので。ぴゅあふるでもやっていて、アリス十番でもやっている、思い入れのある曲が。

あんな:おお!じゃあその曲の、曲紹介のほう、お願いします!

桜:はい。アリス十番で『Dive-E』。

(曲)

クロちゃんと立花あんなの地下アイドル談義

あんな:地下アイドルに直々ご相談―!フー!

クロちゃん:イェイ!

あんな:はい。最強の地下アイドル集団、アリスプロジェクト。そんなアリスプロジェクトの私、アリス十番の立花あんながメインパーソナリティを務めるラジオだからこそ答えられる、ファンの方から募集した素敵な質問にいっぱい答えていきたいと思います。

クロちゃん:どうしたの?今日は自分の名前読むのもちょっと今噛みそうになったけど。

あんな:あはは(笑)。

クロちゃん:なんで?

あんな:大丈夫ですよ。

クロちゃん:本当?

あんな:ばっちりです。早速、あんなが最初に質問を読んでいきたいと思います。

クロちゃん:はい。お願いします。

あんな:はい。ラジオネーム、スモールさんからです。

クロちゃん:はい。

あんな:「クロちゃん、あんなちゃん、のどかちゃん、こんにちは」

クロちゃん:こんにちは。

桜:こんにちは。

あんな:「クロちゃんは、いい大人なのに未だに親から仕送りをもらっていて、なんと、そのお金でキャバクラに行っているそうですが」

桜:ええ!

クロちゃん:いやいや、夜の蝶つかまえてないよ!

あんな:「あんなちゃんや、ゲストののどかさんは、ちゃんと親孝行していますか?」

桜:親孝行ねー。

クロちゃん:俺、ただディスられて終わったの?

あんな:しているんですか?クロちゃん、だって。

クロちゃん:いやいや、いやいや。親から仕送りって、固定給はもらったりもしていますけれど。それはきちんと、自分の嫁探しのために頑張っています。

あんな:いやー(笑)!

桜:いやだ!なんか。

あんな:夜の蝶だって。

桜:ねえ。だって。

あんな:でも、のどかさん、親孝行していそうなイメージですね。

クロちゃん:勝手なイメージだね(笑)。何なのそれ?本当に思ってる?あんなちゃん。

あんな:思っていますよ。いっぱい家で雑巾がけとかしてそう。

桜:雑巾がけ、やばい。

あんな:でも、お母さん、お父さんが去年関西のほうでライブしたとき見てくださったんですよね?

桜:そうなんですよ。もともとすごく反対だったのに。

クロちゃん:そうなんですか。

桜:アリス十番を見てから、すごいファンになってくれて。

クロちゃん:ええ!

桜:なので、親孝行ってアリス十番で成功して、もっとアリス十番で輝く姿を見せることが。

あんな:そうだよ、それですよ。

桜:たぶんね。

あんな:私たちの親孝行。

桜:そう。親孝行です。

クロちゃん:けど、すごいね。それで、やっぱリーダーもやっているしね。

桜:はい。

クロちゃん:でも、その分、やっぱ親は喜んでくれているんじゃないんですか。

桜:はい。喜んでいますね。

クロちゃん:うん。

桜:心配もしているけど、それよりやっぱ楽しんで応援してくれています。

あんな:親孝行アイドル。

クロちゃん:うん。あんなちゃんは?

あんな:いや、あんなは家で一緒に住んでいるのですが、あまり一緒にいる時間がないというか。でも、お皿とか洗ったりは。

クロちゃん:嘘だろ!それ。

あんな:しますよー!

クロちゃん:自分が食べたやつ「洗え」って言われるから、洗ってるだけでしょ?

あんな:そうなんですけど。

クロちゃん:え、そうなの!

あんな:あはは(笑)。

桜:でも、実家やっぱ羨ましい、すごい。そう思うと。

あんな:ごめんなさい…

クロちゃん:いやいや(笑)。

桜:いえいえ。

クロちゃん:ふられたみたいだよね。おかしいじゃん。

あんな:うわ。

クロちゃん:これからあんなちゃんは親孝行してあげてね。

あんな:でもしますよ。本当にしたいと思っているんですよ。

クロちゃん:何してあげたいの?

あんな:本当にちゃんとお金持ちになって成功して、お母さんにでっかいお家に住まわせてあげたい。

桜:ああ。

クロちゃん:それ、いつ頃の夢なの?

あんな:ええー。でも、いつなんですかね。貯金はしているんですけど、なかなか家買うほどの。

クロちゃん:そりゃそうでしょう。大成功してるじゃん。

あんな:はい。だから、30歳になるまでくらいにはなれたらいいなとは思います。

クロちゃん:わかりました。楽しみに待っていてください。

あんな:待っててね!

クロちゃん:はい。続きまして、ラジオネーム、ヤホーさんから。

あんな:ヤホー。

クロちゃん:「こんにちは。あんなさんや伶央奈さんは『リアル鬼ごっこ』という映画に出ていますが、普段はメンバーと、どんな感じなのですか?教えてください。」って『リアル鬼ごっこ』出ているの?

あんな:そうです。あんなと亀田伶央奈ちゃんが『リアル鬼ごっこ4』という映画に、ちょっとだけですけど。

クロちゃん:どのくらい出てるの?

あんな:10秒とか。

クロちゃん:10秒?

あんな:いや、1分くらいは出ている。

クロちゃん:いや、なんか6倍になっちゃったよ。

あんな:あはは(笑)。1分くらい、たぶん。いじめっこ役で出させてもらって。よくメンバーに。

桜:物まねを。

クロちゃん:そうなん?

あんな:映画でやった、いじめっこの役のシーンを真似されます。

桜:ちょっと猫背で「なめてんの?」みたいな。

あんな:そんな喋り方じゃないですけどー。

クロちゃん:そんな感じでいいの?

桜:そう。

クロちゃん:どっちが地なの?普段の今の感じと『リアル鬼ごっこ』の感じって、どっちが地なの?

あんな:地?いや「なめてんの?」なんて言わないですよ。

桜:あはは(笑)。

クロちゃん:「なめてらっしゃるの?」みたいな感じ?

あんな:言わないですよ、なめてるって言葉。あんまりなめないです。

クロちゃん:いや、なめない。なめることあるんだね。

あんな:なめないですよ。普段はどんな感じ。のどかさんは本当にさっき言った通り、しっかりと見せかけうっかりも多かったりするんですけど。あと、なんかバカみたいなこと、意外と乗ってくれたりするんです。

クロちゃん:バカみたいなことに乗ってくれるの?

あんな:何だろう。なんかパッと出てこなかったんですけど。

桜:そう。あんなちゃんがいつもバカするんですよ。

クロちゃん:そうなんだ。

桜:いつもはしゃいでて、常に楽屋がうるさいのはあんなちゃんなんですけど。

クロちゃん:ええ。そうなんだ。

桜:いつも喋ってる。

あんな:意外と乗ってくれたりする、のどかさんが。

桜:そう(笑)。

クロちゃん:優しいお姉さん的存在なのか。

あんな:一緒に爆笑していることが、何気に多い気がします。

桜:多い。

クロちゃん:へえ。その感じがたぶん今のラジオでも出てるんだろうね。

あんな:のどかさんとは他のメンバーがいない某番組で、海外に一緒に行ったことがあって。

クロちゃん:そうなんだ。

桜:はい。

あんな:そこで本当に頼りにして。

桜:だって、あんなちゃんが英語が喋れるってね。

あんな:違う。

桜:英語課の学校に行っているって言ってたのに、本当に簡単な英語が全く喋れないんですよ。

クロちゃん:なんだよ、それ。

あんな:なんでですかね。卒業して2年くらい経っちゃったので、やっぱり。

クロちゃん:忘れるか!

あんな:あはは(笑)。忘れますよ。

桜:でも、あまりに簡単だったので、全部のどかが通訳をしていたんですよ。

クロちゃん:通訳してあげてるの?

桜:そう。そうしたら「のどかさん、すごい」とか言って。いや、当たり前だよって。

クロちゃん:あはは(笑)。

あんな:本当にもう助けられっぱなしでした。

クロちゃん:本当だね。そういう関係性なんですね。

あんな:はい。本当助けられてます。では、のどかさん、質問のほう読んでください。

桜:ラジオネーム、かぼちゃんさんからです。「こんにちは、シロちゃん」

クロちゃん:色違い。

桜:「もしクロちゃんがアイドルだったら、どんなアイドルになりたいですか?」

クロちゃん:え?どんなアイドル、意外と。

あんな:気になる。

クロちゃん:やっぱ設定がおもしろいアイドルが好きなので。

あんな:ええ。

クロちゃん:うん。アリス十番とかもいいなって思いますよ、本当に。

あんな:嬉しい。

桜:本当に?

あんな:入りたい?

クロちゃん:入りたいとは思わない。

あんな:なんでですかー!

クロちゃん:だって、単純なこと言わせてもらうと、ヘッドバンギングするときに髪の毛ないと派手じゃないから。

あんな:そうなんですよ。

桜:確かに。

あんな:そこ大事ですよね。

桜:腕毛とか振り回したら、ね。

クロちゃん:本当ね。

あんな:あはは(笑)。

クロちゃん:あれ、ただ首痛めるだけだからね。

あんな:本当に髪の毛ないと。

クロちゃん:いや、毛根が死んでいるだけだっつうの。

あんな:生き返って。

クロちゃん:うん。いや、生き返ってじゃないよ。

桜:あはは(笑)。

クロちゃん:何の願いだよ!

あんな:願ってあげました。

クロちゃん:だけど、アリス十番っていうかアリスプロジェクトのユニットって結構はっきりしている。スチームガールズとかも、変わっていたりとかするし。

あんな:はい。

クロちゃん:設定がはっきりしているところ、好きかな。

桜:おお。

あんな:お褒めの言葉を。嬉しい。ありがとうございます。

桜:ありがとうございます。

クロちゃん:はい。なんか普通に、ガチな意見言っちゃったけど。

桜:ザ・アイドルになりたいのかなって思ってた。

クロちゃん:もともとザ・アイドルになりたかったけど。今だと、やっぱ制服アイドルって出過ぎているから、逆に今から色を付けるのは難しいかなって…いや、ガチな感じだな、これもう。

桜:あはは(笑)。

クロちゃん:そうそう。だから、やっぱインパクトあったほうがいいのかなと思っちゃうよね。

あんな:そうですよね。やっぱ特色のあるユニットに。

クロちゃん:そうそう。

あんな:はい。という素敵な、意外と真面目な意見を。

クロちゃん:あはは(笑)。

あんな:クロちゃんにいただいて。

クロちゃん:だって、そういうことでしょ。これ。

あんな:はい。まだ質問があるんですけれども。

クロちゃん:はい、どうですか?

あんな:ラジオネーム、スモールさんから。あれ、またまたスモールさんだ。

クロちゃん:ありがとうございます。

あんな:ありがとうございます。「クロさん、あんなちゃん、のどかちゃん、こんにちは。地下アイドル談義、毎回楽しみにしています」

クロちゃん:ありがとうございます。

あんな:「あんなちゃんは、今年髪を切ったら一寸法師になっちゃいましたが、クロちゃんやゲストさんは、髪型で失敗したことありますか?あ、クロちゃん髪の毛なかった」

クロちゃん:何の話や!

桜:あはは(笑)。本当だ。

あんな:だそうです。

クロちゃん:オチまであるじゃんか、それ。

あんな:そうなんですよ。前髪切りすぎちゃって、ポニーテールにしたら、本当にもうこんな、何て言うの。

桜:かわいかった、一寸法師。

クロちゃん:へえ。

あんな:前髪超短いあんながボートに乗って後悔している姿を、カノンさんがライブをおやすみしていてちょっと上から見ていたら、一寸法師に見えたらしくて。

桜:あはは(笑)。

クロちゃん:あはは(笑)。

あんな:しばらく一寸法師呼ばわりですよ、あんなは、本当に。

クロちゃん:のどかさんはどんなのがいいですか?

桜:のどかはずっと長かったんですけど。

あんな:そうですよね。

桜:でも、中学生、高校生くらいのときに、すごいショートカットにしたことがあって。そうしたら親に「あんたは顔でかいからやめときなさい」って言われて。

クロちゃん:あはは(笑)。

桜:怒られました(笑)。

クロちゃん:そんな怒られ方あるんだね。

あんな:そうですよね。

桜:ひどくないですか。「じゃあそれは親の責任だよ」って言って。

クロちゃん:いやいやいや(笑)。責任転嫁もおかしいけどね。

あんな:でも、のどかさんも前髪切りすぎて、短めだったときがあったんですけど、なんか結構かわいくて。あんなのときはスタッフさんとかに、前髪切って「プッ」てやられたんですけど、「のどかはかわいいね」って言われているのを見てました。

桜:やった(笑)。

クロちゃん:ここでバチバチになるのやめて。

あんな:だから、全然ショートもありだと思います。クロちゃんは、いつから髪の毛は?

クロちゃん:いつから髪の毛ないのって?物心ついたときからなかったよ、アホか!

桜:あはは(笑)。

あんな:ベッカムヘアみたいの、やったりとかしてないの?

クロちゃん:ベッカムヘアなんかやってないよ。

桜:どういう髪型やっていたんですか?

クロちゃん:いやいや、パイナップルみたいな感じはあったけど。

あんな:へえ。

桜:見たい!

クロちゃん:見たい?ちょっと待ってね。ちょっといろんなところに電話しないとね。なんかいいのあるかな?

桜:昔はロン毛だったんですか?

クロちゃん:ロン毛まではやってない。短いの多かったね、けど。

桜:へえ。フルネームで画像検索とかしたら、長いときの出てきますかね?

クロちゃん:出てこないんじゃない?さすがに。

桜:へえ。今から頑張って生えさせようとかは?

クロちゃん:思わない。まだらに生えるわ!

あんな:あはは(笑)。

クロちゃん:なんで俺の話ばっかりなんだ、本当に。

あんな:はい。ということで、髪の毛の話はおいといて。今回も質問たくさんありがとうございましたー!

クロちゃん:ありがとうございました。

あんな:これからも、たくさん質問を送ってきてください。お願いします。ということで、まだまだアリスプロジェクトの楽曲を楽しんでもらいましょう。それでは聞いてください。スチームガールズで『青春宝石』。

(曲)

(CM)

クロちゃんと立花あんなの地下アイドル談義

あんな:はい、ついにエンディングの時間になりました。

桜:大丈夫?

クロちゃん:なんなん?ちょっと。

あんな:エンディングです、エンディング!

クロちゃん:いや、わかってます。みんなわかってますよ。なのに、なんか違う感じで言ったから。

あんな:なんか「ら」って言葉が出てきたんですけど(笑)。はい。のどかさん、今回どうでしたか?ラジオは。

桜:いや、楽しいですね。でも、あんなちゃんが思った以上に、のどか状態を作り上げてくれたので。

あんな:いやー!

クロちゃん:あはは(笑)。

あんな:褒めてもらえると思ったら。

クロちゃん:いや、今日はのどか状態が多かったね、本当に。

桜:多かった。

あんな:なんでだろう?

クロちゃん:やっぱのどかちゃんがいるから、安心しきって、海外行ったときみたいな感じになってるんじゃない。

桜:そうだよ。

あんな:いろいろ迷惑またかけちゃったんですけど。

桜:いやいや(笑)。

クロちゃん:次にのどかちゃんに来てもらったときには、やっぱね、いつもと違う、あんなちゃんこんなふうに変わったんだって見せないとね。

あんな:そうだ。じゃあ、クロちゃんいいこと言いました。

クロちゃん:いやいや、俺がいいこと言ったの。

桜:楽しみにしてる。

あんな:お願いします。

クロちゃん:ハードル上げたからね。

あんな:いや、そういうことか!のどかさん、ちょっと告知のほうをお願いします。

桜:はい。私たちアリス十番と妹ユニットのスチームガールズがコラボを組んで『仮面女子』としてなんと、今年の年末12月27日に、あの日本武道館でライブしまーす!

クロちゃん:よいしょ!

あんな:イエーイ!

(パフ、パフ、パフ)

桜:もうすごい楽しみで、怖さもあるんですけど、楽しみだよね?

あんな:緊張しますよ。

桜:ねえ。

あんな:でも、本当に絶対見に来てほしい、みんなに。

桜:うん。ぜひぜひ、来てください。

あんな:お願いします。

クロちゃん:仮面女子もそうだけどさ。やっぱアリス十番としてね、リーダーとして、のどか、いや、桜のどか。頑張ってるね。

桜:あはは(笑)。

クロちゃん:かわいいし。何だろうな。忘れ物したりとかって、結局忘れ物するのどかがかわいいだけだしさ。桜のどか状態?悪いほうに言っているふうだけど、本当は愛情込めて言ってるよ。ドッグフード食べさせられて、いやだなとか言ってたけど、本当はすごい嬉しかった。のどかが触ってくれたドッグフード、超うまかったし。

桜:怖い!

クロちゃん:のどかの犬になりたい。ワンワン。犬にして。

(おもちゃのハンマーで叩く音)

クロちゃん:痛いっ!

あんな:あはは(笑)。

クロちゃん:だめ?

あんな:犬になるんですか?

クロちゃん:ドッグフードおいしかったし。

桜:すごい。なんか全然グッとこなかった。

あんな:あはは(笑)。

クロちゃん:なんで?

あんな:やっぱり格好がだめなんじゃないんですかね。半袖半ズボンでね。

クロちゃん:半袖半ズボン、だめなの?

あんな:はい。今回もクロちゃんのエロちゃんが炸裂しそうだったんですけど。

クロちゃん:炸裂なんですか?

あんな:今日はわりとエロちゃん出てこなかったですね。

桜:お。

クロちゃん:そうですね。

あんな:清純派だからかな?

桜:良かった。

クロちゃん:清純派っていうか、まあまあ、アリス十番でもお局さま的な感じなのかな。

桜:なんででですかー!

クロちゃん:いや、完全によく知りすぎているから、この辺は。だから、逆にあんなちゃんがどういう感じなのかなって、楽しみだったのね。

あんな:おお。どうでした?あんなちゃん。

クロちゃん:ボケボケでしたね。今回は、あんなちゃんがのどかちゃんとこういうふうにやってみてどうだったかっていうのを、やっぱ一言で言ってほしいですよね。

あんな:のどかさんを一言で、ですか?

クロちゃん:はい。のどかちゃんを一言で言うと、何ですか?

(ポン、ポン)

あんな:桜のどかさんは、アリス十番の桜の花!

クロちゃん:これ、意味わかりますか?のどか氏。

桜:どういうことですかね?散るんですかね?

あんな:あはは(笑)、違いますよ!

クロちゃん:散るって意味なの?それ。

あんな:違いますよ!

クロちゃん:それ失礼じゃない。

あんな:違いますよ。でっかい根っこを生やして。

クロちゃん:でっかい根っこ。

桜:ああ、そう。

クロちゃん:でっかい根っこっていうのは、足が太いってこと?どういうこと?

あんな:違いますよ!細いです。この細いのに頑張って、たまった根っこをドカンとやって。

クロちゃん:抜くの?抜くの?

あんな:違いますよ、生えてますよ。

桜:ああ。

あんな:根っこから生えるじゃないですか。

クロちゃん:うん。生えてますよ。

あんな:ワーってなっている部分が私たち。

クロちゃん:咲いているってこと?

あんな:わかった!縁の下の力持ち。

桜:ああ。

クロちゃん:いや、裏方じゃないから。表の子だから。

桜:いやいや、表ですよ。

あんな:でも、わりかし、のどかさん、おーってちょっと納得してくれた。

桜:ちょっとね、桜の木みたいなね。

あんな:そうですよ。

(パフ、パフ、パフ)

あんな:うまくいきました!

クロちゃん:うまくいったんだ(笑)。

あんな:はい。本当にのどかさん、ありがとうございました。

桜:ありがとうございます。

あんな:笑いあり、涙あり、桜状態ありの。

クロちゃん:散ったの?

あんな:散ってない!ラジオだったんですけれども、まだまだパワーアップしていくので、皆さんぜひ諦めず、たくさん聞いてください!

クロちゃん:諦めるって(笑)。

あんな:それでは最後に、この曲を聞いておしまいです。アリス十番とスチームガールズのコラボ曲『Wohhhh!!!!』でばいばーい!

クロちゃん:ばいばーい!

桜:ばいばーい!

(曲)

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

ラジオ文字起こし企画カテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る