洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

ベトナム料理は女の子の間で人気上昇中の『池袋ベトナム料理 Asian Tao(アジアンタオ)』!リーズナブルな上に美味しく、一品一品が話のネタになる!

view2,605

おシャレ空間で体に優しいベトナム料理と自家製サングリアを満喫

今回も行ってきました!東京デートスポット巡り第9弾!今週のテーマは『池袋』です♪ 若者が集まる街渋谷には、一体どんなデートスポットがあるのでしょうか? 王道から外し技まで、女子大生レポーターかえでがお届けします♪

池袋駅東口駅前、飲食店が密集するエリア内にあるのがここ、ベトナム料理の「Asian Tao(アジアン タオ)」です。

店内は、1階と2階があり、1階はL字カウンター席のみ10席ほど。エスニック料理のお店というより、カウンターBARのような、ちょっとおシャレな雰囲気が特長です。

いかにも東南アジア料理、といったエスニックすぎる雰囲気が苦手な人でも、ここならカフェバー感覚なので気軽に入れそうですね。

2階はテーブル席なので、落ち着いて食事したいカップルは2階へどうぞ。

イタリアンや中華と並んで、女性に人気なのがベトナム料理です。フレンチの流れをくむ、洗練されたアジアングルメは、幅広い年代の女性たちに好まれているんですよ。

池袋エリアには、さまざまなエスニック系レストランがありますが、ベトナム料理ならここを選べば間違いなし。

パクチー食べ放題とか、ちょっと珍しいあさりのフォーとか、ベトナム風お好み焼きとか。多彩なメニューがあって、行くたびに選ぶ楽しみがあるのも嬉しいですね。

駅からそう遠くないので、池袋デートのコースに組み込んでみては?

野菜ソムリエが提案するヘルシーで食べやすいベトナム料理に注目

野菜ソムリエのいるお店として、ひそかに人気。野菜ソムリエが提案する体にやさしいベトナム料理と自家製サングリアが楽しめるお店、それが『Asian Tao(アジアン タオ)』です。

8種類の生春巻や自家製スープのフォー、名物のグリーンカレーはこの店のイチオシメニュー!旬の食材にこだわり、季 節感を楽しめるメニューも豊富です。

また、 ゲストビールやBIOワイン、モヒート、果実酒など、ドリンクが充実しているのも嬉しいですね。

人気のベトナム焼酎や5種類の自家製サングリアは、訪れたら絶対、試してみたいもの。ベトナム料理に合う飲み物をお店の人に聞いてみるのもオススメです。

土日・祝日限定でランチ営業も。休日モードでゆっくり、のんびり、ランチデートを楽しんではいかがでしょう。

場所は池袋駅東口から徒歩2分ほど。「ベトナムBISTRO」の旗と、「Asian Tao」の黄色い看板が目印です。

月曜~土曜日は、深夜2時まで営業。遅めに来店しても、時間を気にせずゆっくり食事を楽しめますね。ただし、終電は逃さないように気をつけて。

土日はランチ営業あり。ワインは常時20種以上、BIOワインも

ドリンクメニューが豊富なので、飲みたいカップルも気軽に立ち寄ってみて。ヒューガルデンの生ビールやベトナム・アジアンビールも多数!

また、ワインも常時20種類以上用意されているほか、BIOワインもあり。ライムやマスカットなど、8種類の自家製サングリアも、甘さ控え目で女性を中心に好評だとか。

ベトナム料理との相性もよさそうだから、ぜひ彼女に勧めてみては?

また、土日・祝日限定のランチタイムは12時~16時半までと長いのも嬉しいですね。遅く起きた休日は、朝昼兼用ブランチということで利用するのもオススメ。

限定ランチメニューは、「ベトナム風まぜまぜごはん」「地鶏の香り揚げごはん」「ベトナムチャーハンレモングラス風味」などバラエティ豊かで、何度行っても飽きないラインナップが魅力です。

お昼の時間帯は多少混みあいますが、ちょっとずらして行けば、座れるはず。

フォーや生春巻きといった定番料理から、ベトナムにこだわらず、東南アジアの美味しいものも食べられるのがこの店の特長です。

エスニック系が大好きというカップルなら、一度は訪れておきたいお店ですね。

店舗情報

店舗名:池袋ベトナム料理 Asian Tao(アジアンタオ)
URL: http://r.gnavi.co.jp/g079406/
住所:東京都豊島区東池袋1-2-6
アクセス:JR池袋駅、西武池袋線池袋駅、東武東上線池袋駅、地下鉄有楽町線池袋駅より、徒歩2分

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

モテる!デートスポットに行ってみた!シリーズカテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る