洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

ビジネスにおける「息切れ」は、存在する前提で人生設計を考えていった方がいい気がしてきました。

view1,688

27歳になりました。価値観の変化を感じております。

こんにちは!メンズファッション+代表の永上(えがみ)です!

私は現在、27歳なのですが、
生を受けてから ・・・ 27年
インターネットに触れ始めて ・・・ 16年
ホームページを作り始めて ・・・ 13年
福井から東京に上京して ・・・ 10年
就職し働き出してから ・・・ 8年
起業してから ・・・ 4年

という形で、年齢とともに、○○を始めてから、色々な項目の年数が積み上がってきました。

昔は、年齢が上の方が、「ガラケー(携帯)をいじれない」という事象を、あまり理解できなかったのですが、要はいまでいう、
・なんで、海外で事業しないの?
・なんで、アプリを自分で作らないの?
・なんで、ウェアラブルデバイスを作らないの?
と言われているようなものなのかな、と理解しています。

逃げ?効率?

私が今、15歳ぐらいで、真っ白な状態であれば、迷わず上記のことにもとりかかっいると思います。ただ、今の私としては、「正直、良くわからないな~」ということもあったり、逃げかもですが、今までノウハウがある分野で戦い続けたほうがナレッジがあり優位性があるしなぁ。。と思ったりするのが本音なところです。

ただこれが、私が小学生の頃から、webサービスでなくアプリ作りをしていたら、もちろん選択肢が変わっていたと思いますが、それでも、その世代の人が大人になったときに、まったく新しいデバイスやテクノロジーが出てくるわけで、「何歳になっても新しいことに対して、0から勉強する気持ちが持てるか」次第なのかな、と思っています。そもそも、2000年頃のインターネットを率いて来られた先輩方は、全員がインターネットに学生時代触れていないようなレベルからスタートだったわけで、そのフットワークの軽さがまさに、差に繋がる点であり、現代においても同様のシーンになっているのかと思います。

この、全く未知の領域であっても、伸びると思ったら躊躇せずに0から挑戦するフットワークの軽さというものが、以前は、「俺は気合いが違う!」とか根性論でなんとかなると思っていたのですが、どうやらそれだけではうまく行かないと感じたので、今日はこのビジネスにおける「息切れ」について、解決方法を考えてみたいと思います。

マクドナルドがあまり食べれなくなってきました。

上記のようなことを書くと、「息切れ」 = 「怠慢・気が抜けている・甘えている」と思われてしまうと悲しいのですが、私自身、ビジネスに対してのモチベーションは常に高いですし、むしろ昔よりもビジネスにおける知識も増え、視野が広がり楽しみも増えております。

ただ、20歳の頃の自分にも伝わるように例え話をすると、私自身、マクドナルドのハンバーガーがすごく好きです。今でも、月に1回ぐらいは食べたくなって買いに行くのですが、昔は月に3回ぐらいは食べていました。これは、27歳になり、徐々に食の趣味が変わってきたんだと思います。このような現状が、ビジネスにおいても、食自体は好きだけど、○○は好きでない。というような『趣味』が変わってきたのだと思います。
※このたとえで、伝わるか謎ですが(笑)

これと同様に、ビジネスにおいても、ビジネス自体は好き。でも、奥を知れば知るほど、また、歴が長くなればなるほど、好き嫌いが細分化されていく。と、私は理解しています。私自身は、最近その変化が肌で感じるようになってきましたので、これは現実を直視し、対策を打っていくことで、さらに自分を知り、自分の能力の最大化を出来るのではないかと思っています。

エンジニア社長。

よく言われる話として

事業に不可欠な「ヒト・モノ・カネ」

という話がありますが、『IT系企業におけるプロダクト思考』 = 『モノ』が優先順が1位。ということではないかと思います。「エンジニア社長」とラベリングされる方々は、組織の規模に関わらず、現場で指揮をとり、最先端のテクノロジーやノウハウを習得していき、テクノロジーに対するモチベーションが常に維持できるタイプの方なのかなと思います。

逆に、『組織づくり・採用最優先 = ヒト』、『? =カネ』(こちらは、何に該当するのか、まだ答えが出ていないです)などは、『時代の変化が少ないノウハウ』であるため、経験したノウハウが積み上がっていきやすいのかなと思っています。

もちろん、セオリーとしては「ヒト・モノ・カネ」全てを満遍なく網羅していくべきなのですが、それは組織として網羅していくことですので、自分のタイプは把握しておくべきなのかなと考えています。もちろん、27歳という今の年齢で、そのような方向性をFIXしてしまうには早い年齢だと思っていますので、現状はまだまだ吸収していきたいと思っていますが、向いていないことに時間を割くのも機会損失と考えられますので、最近は自分なりに色々と考えている次第です。

価値観も変化が必要

以前のエントリー、『勇気!』だけではHEROになれない時代に突入!?にも書きましたが、価値観も常に、モチベーションを持ってブラッシュアップが必要だと考えています。

上記エントリーでは、技術革新が起こった「導入期」と「成長期」においての価値観を変化させないと、「導入期」の戦い方の癖を引きずってしまうと、「成長期」ではルールが変わっていることに気づけず負けてしまう。ということを、昔の漫画のメッセージから考えてみました。ビジネスにおいても同様にスキルやノウハウのブラッシュアップと共に、価値観のブラッシュアップ(=器?)も必要なのかな。と思っております。

その為、やはりプロダクトに関わっているか否かに関わらず、「常に変化ができるモチベーション」を保つというのは必要であると思います。ぜひ、この「モチベーション」に対して、どのように考えたり対策を練っているか、皆さんの意見を教えてもらいたいです!よろしくお願いします!

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

メンズファッション+社長コラムカテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る