洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

「キルラキル」の世界観をチェックして楽しもう!    

view1,498

「キルラキル」の世界観

斬新な設定と豪華3DCG!

今までのアニメにない斬新な設定と、最新の動画技術である3DCGを作中にふんだんに活用して迫力満点の作品です。リリース以前から作品のクオリティの高さも評判になり、アニメファンの中でも注目が高い「キルラキル」。現実の世界観も取り入れつつ、作中の中では自然な形で「セーラー服」を擬人化しているなど、注目の設定で今後のストーリー展開が見逃せないこと間違いありません。主人公たちを取り巻く予想外の展開にワクワクされるなど今から期待感は十分に高い注目作品です。

セーラー服から話しかけられる!?

主人公である流子の自宅の地下にあるセーラー服が、血を吸う事によってそのセーラー服は「俺を着てくれ」と目覚める斬新な設定が特徴です。セーラー服を着ると流子は力を手にすることになり、その後の物語に活躍していきます。セーラー服の名前は「鮮血」と名付けられ、コンビが誕生するといった今までには無い、「人」と「制服」のチームでストーリーを展開していく斬新なアイデアに注目です、

「鮮血」と呼ばれるセーラー服の実態とは

流子が着ると絶大な力を発揮する事が出来るセーラー服の「鮮血」。元は神衣と呼ばれ、父が残したものでした。時には自ら動き流子をかばったり、暴走したりといった一面がみられ、ストーリーが展開していくにつれてこの「鮮血」の実態が明らかになっていきます。

エフェクトが綺麗で見やすい

バトル系のアニメとしては爆発やスピード感のある映像がより綺麗で合った方が見やすいですが、キルラキルのエフェクトは細かく作られており、見やすく勢いが伝わりやすくなっています。キャラのデザインも迫力があり、恐い印象もグッと感じられます。デザインに注目して観るのもキルラキルを楽しむ一つのポイントです。

3DCGで迫力のある演出

キルラキルで描かれている映像は時には「3DCG」を活用されて、映像をダイナミックに演出出来る様に手が込まれています。またセル画で描かれている部分もある為に、場面によってはレトロ感が演出されているような、場面事のデザインの違いに注目です。見やすいかつ迫力がある様に制作されているので、キルラキルの世界観を目や耳で感じ取る事ができます。

盛り上がりを見せる13話以降に注目!?

キルラキルの13話以降は、有名なアニメ作品の作製に幅広く携わった超豪華のスタッフが集結して作製しているので、作画、音声など、さまざまな面でよりキルラキルの世界観を楽しむ事が出来るはずです。ストーリーに加えて、制作のクオリティに要注目です。

参照:月刊ニュータイプ2月号より

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

アニメ・声優雑誌で芸能情報をチェックカテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る