洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

おしゃれ達人たちの2014年冬コーデを徹底解剖!

view4,212

メンズファッション

おしゃれ達人たちの冬コーデを要チェックせよ!

シーンの動向を熟知し、予備知識も豊富な業界のファッショニスタたち。彼らの日常に見る着こなしは、トレンドは言わずもがな、メンズファッションに精通しているがゆえの参考になるテクニックで満ちている。単なる旬の後追いとは異なる機転の利いたコーデの数々を要チェックすることをおすすめします。

モデル・パトリシオのプライベートスタイルの数々

1日目は今っぽさを取り込み、堅さを解きほぐす絶妙な抜け加減を意識したセットアップ。二日目は土っぽいアメカジをベースにストリートのスパイスで軽快に。三日目は濃厚なインディゴジーンズで気取りなしのキレイめを完結。四日目は今井でもしっかりこなれるニットの活用は極力シンプルに。

五日目はラフなアイテムのMIXでもグレーを軸に組めば即シックなスタイル。六日目は味わいがのったアウターを糧に男げを増したコーデをメイク。七日目は素朴さと季節感を取り込むならアースカラーをストイックにと考えたスタイルでした。

モデル・センの紳士的な着こなしを絶対に見逃すな!

一日目はミニマムな配色で大人の表情にスタジャンスタイルの新機軸に仕上げていました。二日目はこなれ感を生み出すポイントはシルエット構築と配色バランスを考えてセットアップに仕上げていました。

三日目はクールな表情と抜け感を兼備して、色数を抑えたスタイリッシュなスタイルに。四日目はコンパクトなシルエットに注目したいスタイル。男の色気を十分に漂わせた大人の魅力溢れるスタイルになっていました。

モデル・クリストファーから学ぶ冬のおしゃれコーデ

一日目は着こなしや小物の選択などとことこんクラシックが今の気分といったスタイル。二日目は革アウターのヘヴィなムードは清楚なインナーで巧にいなしていました。

三日目はインナーに施した適度な遊びがスタイルに新鮮味を届けているセットアップ。四日目は’80S風味なジオメトリック柄で軍アウターの重たさを払拭。

クラシカルなセットアップならクリストファーをお手本にするといいでしょう。

参照:Jocer 2月号 スタイリッシュな着こなしが満載!列島横断!!冬のファッションSNAP最新版 より

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

メンズファッション雑誌でおしゃれを学ぶカテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る