洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

彼女と付き合うことによって生じる、具体的な5つのポイント

view19,505

メンズファッション

マジメに考えるとけっこう難しい定義

実際に付き合っているように見えて、実は付き合っていない、ということもありますからね。よく一緒に行動している自分と彼女。端から見たら如何にも付き合っているように見えるけど、まったく恋愛感情が起こらない。そういうことってありますよね。無理やり感情を起こそうとしても起きない。だから一緒にいるかいないか、という問題じゃないですね

そこに独占欲が入って、はじめて付き合うことになる

付き合っているように見えて実は付き合っていない。その間の2人は基本的に自由です。お互いの都合で動きますから、そこに何らかの束縛はありませんよね。でも付き合うとなると、そこに束縛が出て来る。束縛される、もしくは束縛したくなる。ちょっと消極的な言い方ですが、付き合うって、お互いの自由を奪うことでもありますね

独占欲とともに至福の時も訪れる

付き合うということには、もちろん幸せ感が伴いますよね。それが無かったら付き合いとは言えません。つまりお互いに相手のことを独占すること。彼女の自由な時間を束縛して独占すること。それが出来ることによって、はじめて「自分の彼女」と言えることでしょう。不自由であるけれども、幸せな時でもありますよね。

具体的な例としてはケンカが起こること

仲が良くても付き合っていない時は、恋愛におけるようなケンカは起こりません。多少の揉め事はあったとしても、付き合っていなければ、「そういうふうにしないでよ!」などと、感情的に彼女から怒られることもないですよね。だから、「そういうのイヤ」とか「もっと違う言い方してよ!」とか言われる時は、もう付き合っていますね。

ケンカが終わったあとの独特な仲直り

二人が付き合っていれば、ケンカが終わった時にもオモシロイ特徴が出て来ますよね。不思議で端から見たら恥ずかしくなるような、まったりとした甘い空間。ケンカは常に起こりますから、その後の独特な幸せなムード。この繰り返しがたぶん付き合うということなのでしょう。

ケンカして仲直りしない、でも別れない

いますよね。いや、ありますよね、ずっとケンカしているのに何で別れられないんだろう、という状態。お互いに独占していますから、皮肉なことに、付き合うというのは、そういうこと、とも言えますね。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

モテるための恋愛講座と彼女の作リ方カテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る