洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

現役風俗嬢の方に聞いた「風俗の種類や仕事内容」

view2,630

メンズファッション

風俗嬢って気になりますよね?

男性なら一度は気になる「風俗」。すでに風俗を経験している男子なら風俗嬢の方々の実態を知りたいものですよね?そこで今回は現役風俗嬢の方に風俗事情を詳しく聞いたので詳しくご紹介したいと思います。

風俗には大きく分けて2種類ある!

現役で働いている方の話によると風俗は大きく分けて2種類あり、店舗型と無店舗型があるとのこと。店舗とは「お客様に接客する場所」を表しています。店舗型と無店舗型では料金システム、お給料なども違います。都道府県によっては店舗型の営業を禁止しているところもあるようです。

店舗型の特徴

店舗型は主にソープランドやヘルス、ピンサロなどが当てはまります。ソープは本番行為といわれるものが存在します。日本には売春禁止法がありますが、ソープというのは料金システムを見てみると、「入泉料」と書いてあります。そう、お風呂屋さんなんです。建前として、「大人の男女がたまたま個室でお風呂に入ったら何が起きても不思議ではない」ということなんです。なので、風俗業の中でも格段にお給料がいいのはソープです。
次にヘルス。ヘルスには本番行為はありません。お店側もきちんと禁止事項として提示してあります。ここではフェラチオや素股などのサービスをします。ピンサロはもっとソフトでフェラチオと手コキなどのサービスになります。ただ、現役風俗嬢の方の話によるとピンサロは個室ではなく、シャワーもないところが多いので衛生面が心配とのこと。あまりお勧めはできないと言っていました。

無店舗型の特徴

無店舗型はデリヘルのことを指しています。利用者の自宅やホテルなどで接客をします。女の子達はお客様が入るまで待機所で待機します。事務所と待機所を兼ねているところもありますが、現役風俗嬢の方のリアルな話では、都心などでは漫画喫茶などが待機所になっているところもあるそうです。いずれにしても、支払いはお店がしてくれるとのこと。/p>

風俗嬢が語る「風俗の仕事」

現役風俗嬢の方によると、風俗の仕事は「肉体労働」だと言っていました。それくらいハードのようで中には腹筋が割れてしまう女子もいるそうです。それはエッチなサービスで頑張った結果なんだとか。そして風俗はいいことばかりではないようで、給料がいいので金銭感覚が狂うのもあっという間だそうです。お金に困ってはじめたとしても、風俗でお金を貯めることは出来ないようですね。

あなたがイメージしていた風俗嬢と比べてどうでしたか?

現役で働いている方々の話はすべてリアル。これを聞くとどれだけハードなのかがわかりますね。ちょっと我々男性がイメージしていた風俗とは違って見えませんでしかたか?やはりどんな仕事も苦労がつきものということですね。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

モテるための恋愛講座と彼女の作リ方カテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る