洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

坂口健太郎のスウェットイズムに大注目!!

view5,243

メンズファッション

ちょっとテキトーに魅せる坂口健太郎の魅力

ややテキトーなコーデでは?と思わせるも、よくよく見てみると技アリだらけの仕上がりになっているファッションをするのが坂口健太郎の魅力。今回はそんな坂口健太郎のスウェットイズムについて徹底解剖していきます。彼から盗めるものはすべて盗んでしまいましょう。

シルエットとデザインを意識したスウェットを選ぶべし!

坂口がスウェット選びで意識していることは、ネックが広いデザインのときはレイヤードが必須であるということ。また、彼自身もネックが広いスウェットを好んでいるようで、モデルの仕事をはじめてからは脱着しやすいアイテムを選ぶようにしているとのこと。

また、シンプルなデザインこそシルエット素材を譲ってはいけないというルールが彼のなかにあるようです。まずは着心地の良さを念頭に置いて、素材感やシルエットを大事にしながら服を購入するそう。デザインとシルエットは彼の中では特に重要みたいですね。

パーカとカーディガンタイプのスウェットも欠かせない!

スウェットといえば、真っ先にパーカをイメージする人も少なくないと思います。彼はそんなパーカは肉厚なものを選び、ロングランすることが多いようです。彼にとってはパーカはライトアウター感覚のようで、特にお気に入りはオーギュストのパーカなんだとか。

また見逃せないのがカーディガンタイプになっているスウェットの存在。Zipアップといえばどしてもパーカのイメージが強いですが、鮮度を狙うならカーディガンタイプのスウェットがおすすめ。結構男らしい雰囲気にまとまるので一般的なカーディガンよりも重宝するかも。

坂口流スウェット着まわし術をマスターしよう

お題となるのはラッドミュージシャンのスウェット。着まわしやすいカーキと長めのシルエットが印象的なこのスウェットを彼はどのように着まわしすることができるのか?

スタイル1はくすんだ色同士を合わせて足元を白で仕上げ、スタイル2は落ち着いたトーンの総柄パンツでほどよく味付け、スタイル3はメリハリをつけた少し細めの黒パンを合わせた。

スタイル4は超太パンで土管みたいなシルエットを楽しんだコーデに仕上がりました。やっぱり彼の着まわし術はいいリファレンスになりますね。

参照:Mens Non-no 10月号 スウェット&シャツ最強時代!! より

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

メンズファッション雑誌でおしゃれを学ぶカテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る