洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

東京スタンダードから学ぶ大人のスタイルコーデ術

view2,146

これぞ、東京スタンダードだ!!

wmn0060-039

コーデは芸能人から学べいいと思っているあなた。それは大きな間違い。ファッションセンスに長けた人は世の中にたくさん存在しますが、東京スタンダードと呼ばれている人たちこそ、お手本にすべき存在だと思います。そこで今回は東京スタンダードと呼ばれる人々のコーデ術を徹底解説します。

フォトグラファー・新田桂一のコーデ

フォトグラファーである新田桂一さんのコーデはアメリカのストリートを意識したおしゃれな仕上がりになっています。ハットにグラサン、赤のプリントTシャツに黒のショーツ、足元はnew balanceのスニーカーとスケーターだったらお手本にしたいコーデになっています。

特にポイントなのはTシャツで、HARDCOREバンド・ブラックフラッグのバンドT。新田さんはいつもバンドTを取り入れることに情熱を注いでいるようで、主にロックやメタルのバンドTこそスタンダードと語っています。エクストリームなスタイルにしたいなら新田さんを見習いましょう。

Deluxe デザイナー・HUEのコーデ

Deluxe デザイナー・HUEのコーデは、シンプルながらも技が光る大人のスタイルに仕上がっています。グラサン、サマーニットにシャツをインして、グラデ効果を楽しみながら、ボトムスは白のショーツで夏らしさを演出しています。靴はローファーで固めて大人なエッセンスを加えているのもGood。

HUEさんが語るには、「オーセンティックなものに自分らしいアイテムをミックスすることが多いです。ただ、ラギッドすぎるのはNG。どこかで力を抜きたいんですよね。」とのこと。ストリート色をさりげなくミックスしたい人にとってはお手本になるコーデだと思います。

その他東京スタンダードに相応しい人物

1LDKプレスの三好良さんのコーデは、ブラックのシャツにデニムといったとてもシンプルなスタイル。ベーシックながらもとてもおしゃれな雰囲気になるのはアイテム選びのセンスがあるからですね。

フォトグラファーの鈴木親さんのコーデは、スラックス+ドレスシューズにシャツを合わせ、さらにミリタリージャケットで締めています。どこまでも遊び心が感じられるコーデになっています。

東京スタンダードを理解して、自分なりにコーデを考えていくのが一番かもしれません。色々と試行錯誤してみましょう。

参照:Men’s Non-no 9月号 ファッション5大都市の熱き魂を見よ! ワールドスナップ選抜!! より

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

メンズファッション雑誌でおしゃれを学ぶカテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る