洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

全国6大都市のファッショニスタのスナップからガチTシャツスタイルを探し出せ!

view1,862

全国6大都市のスナップからヒントを探す

全国6大都市のファッショニスタのスナップからガチTシャツスタイルを探し出せ!

都市部にはいつだっておしゃれファッショニスタたちが集結するもの。特に夏はシンプルなコーデになりやすいので、おしゃれファッショニスタたちのTシャツスタイルをお手本にするのはとても有効。そこで今回はおしゃれファッショニスタたちのガチTシャツスタイルを解剖します。

東京のTシャツスタイルを徹底解剖

おしゃれファッショニスタがもっとも集まる東京は、夏のTシャツスタイルのリファレンスだらけ。LOUNGE LIZARDのショップスタッフ・高岡さんのコーデは、マスタードカラーのプリントTシャツにデニムというシンプルなコーデながらきれいなシルエットで魅せる仕上がりに。

バーニッシュ・ショップマネージャーの三浦さんのコーデは、世界的ロックバンドであるザ・ローリングストーンズのアイコンTにクリーンなボトムをチョイス。そのほかのファッショニスタたちも夏を感じさせる涼しげなコーデが目立っていた。

大阪のTシャツスタイルはカラーを意識

大阪のファッショニスタたちのコーデは、どれもカラーを意識した仕上がりになっているのが印象的でした。ブティックエルミタージュの玉岡さんは白のスカルプリントTに黒のモトクロスパンツというモノトーンスタイル。ディーゼルの田中さんはブラックのプリントTにカーキのスキニーで締めた。

そのほかのファッショニスタたちは、どれもワンポイントでカラーを強調する仕上がりをしていて、トレンドカラーを積極的に活用していたのが特徴でした。特に目立ったカラーはエメラルドグリーン、ブルー、マスタード、ホワイト、ブラックでした。

その他都市のコーデを紐解いてみる

名古屋ではモードなスタイルにしているファッショニスタが多く見られ、ボトムスはデニムが多く、カーキを取り入れる男子が多かったですね。トップスは個性溢れるTシャツを着ている人が多く、見ていて楽しめる仕上がりに。

福岡はカラフルに仕上げるといった印象で、個性が光るコーデが多かったと思います。札幌は全体的にシンプルにまとめている印象で、余計なカラーを抑えて2色で構成している男子が多かったです。

仙台はトレンドカラーであるネイビーを活用している男子が多く、全体的にシンプルなコーデになっていました。

参照:Jocker 9月号 別冊付録 真夏のTシャツStyle Snap Book2013 より

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

メンズファッション雑誌でおしゃれを学ぶカテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る