洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

今話題の4大デニム テーパード、スキニー、ペインター、クロップドを使いこなせ!

view7,036

4大デニムとは?

4大デニムとは?

今話題となっているデニムはずばり4アイテム。テーパード、スキニー、ペインター、クロップドの4種類なんですが、それぞれ変わった特徴を持っています。これらを上手に使いこなすことができれば、もはやあなたはデニムの達人。まずはそれぞれのデニムの特徴をチェックしよう。

4大デニムの特徴を掴め!

テーパードはひざ下から徐々に細くなっていくというシルエットをとことん意識したデニム。足もとを控えめにすることで上品なコーデが完成します。スキニーは脚のラインにぴったりフィットするので、長く細く見える効果がアリ。Iラインでまとめることでクールな仕上がりになります。

ペインターはいわゆる画家などが愛用しているパンツで、ゆったりとしたシルエットを表現できます。ロング丈のトップスと合わせれば、ゆるい雰囲気を演出できるでしょう。クロップドは7~9分丈のパンツで、多様なシルエットを演出できます。できるだけポップな色使いを心がけたいところですね。

4大デニムのコーデはどうしたらいい?

テーパードだったらカーデを肩掛けにして夏風スタイルにするのがベストですし、スキニーはTシャツを袖まくりしてアクセントを出して、さらに腰にトップスを巻くというスタイルがおすすめ。

ペインターは基本的に素足にローファーというスタイルがハマると思います。クロップドは流行中のバイカラーを使って、足元はソックスとの兼ね合いで上手なコーデを心がけるといいかもしれません。

これで失敗しない!4大デニムの選び方

テーパードは太すぎず細すぎない絶妙なバランスと極端に細くならないものを選ぶのがベスト。好みのトップスとの相性を考えて選べば文句なしです。スキニーはストレッチが入ったもの、できるだけ色の濃いものを選ぶと失敗しません。

ペインターは縦長のスケールポケットの印象だったり、色落ちの度合いなどを参考にこちらもトップを参考に購入するのがベスト。できるだけカジュアル志向を心がけると失敗しないかもしれません。

クロップドはセンタープレス入りのものを購入することで脚長効果をプラスできますし、ロールアップされたものなら流行とマッチ。丈としては7分丈が定番なのでもっとも無難と言えます。いずれにしてもあなたがどういったスタイルを好むかでそれぞれを選んだほうがいいと思います。どれも即戦力となるパンツなので、それぞれ持っていて損はないですね。

参照:ChokiChoki6月号 デニム徹底攻略 より

Pocket

LINEでお得なモテ服情報をGET!

お得なモテ服のプレゼント情報を月1ペースでお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ