洗濯済み商品も30日間交換可能!1万円以上のご購入で全国送料無料
メンズファッションプラス通信

雨に濡れた革靴をしっかりとお手入れする方法とは?

view1,818

雨の日用の革靴を用意しておこう

雨に濡れた革靴

革靴を大切に履いていくためには、晴れの日用と雨の日用の革靴をわけておくといいですね。雨の日用の革靴とは、雨の日にも履いて大丈夫な革靴という意味です。たとえば、ウォータープルーフ加工が施された革靴や靴底がゴムなどの水が染み込まない素材で作られた革靴を用意すればいいのです。

濡れた革靴はまず徹底的に乾かそう

濡れた革靴を手入れするなら、まずは形をきちんと整えてしっかりと乾かしましょう。手順としては、グッショリと濡れてしまった革靴なら、新聞紙を丸めて靴の爪先まで突っ込んで乾かします。靴の履きジワが伸びるように新聞紙を入れて、靴が濡れたことで変形してしまうのを防ぎましょう。ただし、新聞紙をたくさん突っ込みすぎると靴の形が崩れることがあるので気をつけてください。

そして、風通しのよい場所で爪先を壁に立てかけるようにして靴を斜めにしたまま乾かすのです。この時の注意として、絶対に直射日光が当たるような日向に置かないようにしましょう。日向に置くと革がひび割れてしまうことがあるので注意が必要です。

後は栄養クリームを塗ってシューキーパーを使って保管する

濡れた革靴が乾いてきたら、栄養クリームをちょっと大目に塗りましょう。革は生き物ですから、濡れてダメージを受けた後は栄養を与えてあげることが大切です。だから、何回かにわけて栄養クリームを塗り込むのがいいですね。

また、靴底には栄養クリームを塗らないという人もいますが、もし靴底も革でできているなら、やはり生きていますから栄養クリームが必要となります。特に、雨の時には靴底が最もダメージを受けやすいのです。だから、靴底もよく乾かして栄養クリームをしっかり与えてあげましょう。それが終わったら、シューキーパーを入れて何日か置いた後に下駄箱にしまってください。

カッコいい革靴を履くなら手入れのほうもしっかりとしよう

カッコよくてモテ系の革靴は、メンズファッション+でも買うことができます。たとえば、PUプレーンレザーシューズやフェイクレザーサイドジップブーツなどがそれにあたります。

また、夏用のクロスPUレザーサンダルもカッコよくて履きやすいメンズサンダルですね。ただし、こうしたレザー素材の靴やサンダルを買うなら、そのお手入れのほうもしっかりしたほうがきっと長持ちするでしょう。

つまり、いつもカッコいい革靴を履いていたいなら、日頃のお手入れがとても大切だということですね。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ服に関する最新情報をお届けします


カテゴリ

季節別コーディネートカテゴリの人気記事


アーカイブ

≫もっと見る